最新記事

ショウビズ

劇場ファーストこそ映画? カンヌ映画祭、今年は映画界とNetflixが激突!

2017年6月6日(火)18時17分
杉本あずみ

カンヌのレッドカーペットに並んだボン・ジュノ監督とアン・ソヒョン、ティルダ・スウィントンら出演者たち REUTERS/Jean-Paul Pelissier

<地中海に面した南仏カンヌで今年も華やかに映画祭が開催された。最高賞のパルム・ドールはリューベン・オストルンド監督の「ザ・スクエア」が受賞したが、一番話題を呼んだのは映画業界以外の企業がプロデュースした作品だった>

今年第70回を迎えた「カンヌ国際映画祭」が、5月28日に幕を閉じた。毎年、その映画祭らしからぬスタイリッシュなポスターで話題となるカンヌ国際映画祭。今年は、70という数字の中央に真っ赤なクラウディア・カルディナーレがクルリと回転ジャンプししているような躍動感あふれるビジュアルになっている。

FestivaldeCannesTwitter.jpg

この真っ赤なポスターのように、今年のカンヌ映画祭も真っ赤に燃えるかの如く様々なホットな話題が目白押しだった。なかでも、世界的に注目を浴びたのがコンペティション部門に招待された映画「オクジャ」についての論争だろう。日本でも名前が知られている韓国のボン・ジュノ監督4年ぶりの新作だ。

【参考記事】セウォル号、接待禁止に台風直撃 韓国社会の問題が噴出した釜山映画祭

作品は、韓国の山奥で家族のように一緒に育った少女ミジャと謎の巨大生物オクジャの友情を中心に、オクジャをニューヨークに連れ去り利用しようとするグローバル企業や生物学者、動物保護団体などの争いが展開されるという現代の寓話だ。

しかし、この作品が注目を集めたのは、その内容もさることながら、大手動画配信サービス会社Netflixが600億ウォンを投じて制作した点である。

今年のカンヌ国際映画祭では他にも、Netflix製作でもう1作「ザ・マイヤロヴィッツ・ストーリーズ」が、またAmazon製作の映画「ワンダーストラック」がコンペ入りしていた。

ところが、この「配信会社が制作した"映画"」という点に関して、映画祭の開幕前から物議を呼ぶこととなった。毎年行われる審査員たちによる記者会見で、今回の審査委員長であるペドロ・アルモドバルが「個人的に、映画館で公開されない映画にはどんな賞もあげたくない。映画とは大きなスクリーンで観るべきものだ」と声明を発表したのだ。

また、「オクジャ」は公式上映時に客席からブーイングが起こったり、機材トラブルによる上映の一時中断(スクリーンの幕が上がりきっていない状態で上映を開始してしまい中断。その後再上映となった)など、何かにつけて良くも悪くも目立つ作品となってしまった。


カンヌでの反応を伝える韓国のニュース YTN / YouTube

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女神は「予言」していた

  • 4

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 5

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 6

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 7

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 8

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 9

    老後資金二千万円問題 「悪いのは誰か」

  • 10

    【南シナ海】中国船による「当て逃げ」にフィリピン…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    日本の重要性を見失った韓国

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月