最新記事

動物

食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の標的に

2017年4月5日(水)15時56分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

自撮りザルのナルト Public domain

<ネットを賑わせた「自撮りザル」を覚えているだろうか。満面の笑みを浮かべるこのサルたちが今、食べ尽くされようとしている>

「自撮りザル」は、インドネシア中部のスラウェシ島北部に生息するクロザル。2011年にスラウェシ島を訪れた写真家のカメラを使い、ナルトと呼ばれるクロザルがシャッターを切った自撮り写真は世界中に配信された。

その後、この写真の著作権を巡って裁判沙汰になるなど、輪をかけて知名度を上げたクロザルが、食材にされ絶滅の危機に瀕している。複数メディアが報じた。

スラウェシ島にはサルを積極的に食べる習慣があるという。霊長類の保護団体「セラマタカン・ヤキ」のメンバー、ユニタ・シウィは、そもそもクロザルの生息地が縮小していることを指摘したうえで、「さらにここの人たちはサルを食べている」と、AFP通信に語った。

当局や動物保護の活動家は、スラウェシ島の住民に対し、絶滅危惧種のサルの捕食を止めるよう説得を重ねている。

犬肉のように美味しい

地元で貴重なタンパク源として重宝されるクロザル。ある住民は、AFP通信に対し「野生のイノシシや犬に似ている、スパイシーな味が好き」と話している。

地元の市場には、クロザル以外にもコウモリやイヌなどが並ぶ。最近は日本人や欧米人にとって馴染みのない動物の肉を「珍味」として食するツアーが組まれ、この取り引きが行われる闇市場は活況を呈している。

当局は取り締まりを実施しているが、「珍味」市場のベンダーは抵抗し、両者の衝突が続く。「珍味」を求める密猟者はクロザルを求めて狩猟エリアを拡大させている。

報道によると、国際自然保護連合(IUCN)は、クロザルを絶滅危惧種に指定し、保護を喚起している。また、クロザルは地元の珍味としてだけでなく、人間の居住地や農地の拡大に比例して生息地を追いやられているという事実も見過ごせない。

【参考記事】<写真特集>アフリカ野生動物の密猟と食肉売買の現実

【参考記事】グルメ食材が「絶滅」する日

ニュース速報

ワールド

米ケンタッキー州下院補選、民主党候補が大差で勝利

ビジネス

韓国の仮想通貨業界、当局の方針転換を歓迎

ワールド

中国海軍の艦隊がインド洋航行、モルディブでは非常事

ビジネス

正午のドルは107円後半、買い戻しが続く

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 2

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の標的に

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    裁量労働制のどこがウソなのか?

  • 5

    銃乱射の被害者を訪問したトランプ、ご機嫌で大顰蹙…

  • 6

    「世界の終わりだ」 KFCのチキンが消えてパニックに…

  • 7

    犬も鬱で死ぬ 捨てられたショックで心は修復不可能に

  • 8

    「ビットコイン、通貨として失敗に終わった」=英国…

  • 9

    犬の「うんちを食べる行為」の謎がついに解けた!?

  • 10

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北者」

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

  • 6

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 7

    広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

  • 8

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 9

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 10

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 6

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

  • 10

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月