最新記事

米雇用

トランプとキヤリア社の雇用維持取引は詐欺だ

2016年12月9日(金)17時38分
アンジェラ・ハンクス(米国先端政策研究所副参事)、ケイト・バーン(同エコノミスト)

インディアナ州の空調メーカー、キヤリアを視察するトランプ Mike Segar-REUTERS

<メキシコに工場を移転しようとしていた空調メーカーが従業員850人を国内で雇用し続けることにしたのは、トランプが会社に補助金を握らせたから>

 米空調機器大手キヤリア社との「取引」に成功した、と豪語するトランプ次期米大統領の言葉を真に受けてはいけない。あれは取引ではない。たちの悪い賄賂であり、詐欺だ。

 トランプと現職のインディアナ州知事で次期副大統領のマイク・ペンスは、工場移転でインディアナ州の2000人の雇用をメキシコに移そうとしたキヤリアに対し、雇用の一部を守る代償に700万ドルの税制優遇措置を提供した。トランプは工場を国外移転すればただでは済まないと大企業に警告してきたが、実際は、解雇話が出るたび雇用主のポケットに札束を詰め込むつもりらしい。

【参考記事】企業経営に口出し、トランプ式経済政策は有効か

 取引の結果、850人の雇用が守られた。ただし一方でキヤリアは、数百人分の仕事をメキシコに移す。今回雇用が維持された従業員も、先の保証はない。

 トランプは、一部の従業員のために本当に解雇されるまでの僅かな時間稼ぎをしたかもしれない。だが、彼らの今後の雇用を保証する助けにはなっていない。それどころか、企業に悪用されかねない危険な前例を作ってしまった。国内の雇用を人件費の安い海外に移すと言えば、米政府は雇用の一部を残すことと引き換えに巨額の補助金を提供してくれる、というのだから。

雇用創出より企業にエサ

 もしそれがトランプ次期大統領のやり方なら、労働者は大いに憂慮すべきだ。トランプ流の経営介入の主眼は企業に「エサ」を与えることであり、労働者の権利の拡大や雇用創出ではないからだ。

【参考記事】トランプで世界経済はどうなるのか

 労働者に資する真の解決策を見出すには、中間所得層の雇用をせっせと海外に移す大企業に限られた財源を垂れ流すのではなく、労働者にもっと発言力を与えることだ。重要な決定の場には、労働者が立ち会う。例えばドイツ企業では、買収の決定には必ず労働者の代表が取締役会に立ち会わなければならない。対してアメリカでは、移転騒動に揺れたキヤリアの従業員の多くが加盟する全米鉄鋼労働組合(USW)は、交渉の場から完全に締め出された。

 しかも海外移転は完全に中止されたわけではなく、キヤリアと親会社であるユナイテッド・テクノロジーズの工場では、1000人近い従業員を3年以内に解雇する予定だ。

 企業の海外移転の影響を抑制するための方策は他にある。例えば、850人の雇用を守るために費やした700万ドルを全従業員の職業訓練に活用することもできた。どうせいずれは工場閉鎖に追い込まれるのだから。

【参考記事】世界経済に巨大トランプ・リスク

 海外移転に勤しむ企業に税制優遇措置を与えるより、労働者の再訓練を目的にしたプログラムを支援する方がよっぽど賢い公共投資だ。再訓練をすれば労働者は新しい仕事を見つけ、生産性を高め、キャリアの構築にもつながる。そうした人材に投資するタイプの投資は、労働者の長期的な経済的安定を確立するのにも役立つ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ザポロジエ原発にまた無人機攻撃、ロはウクライナ関与

ビジネス

欧州は生産性向上、中国は消費拡大が成長の課題=IM

ワールド

パレスチナ国連加盟、安保理で否決 米が拒否権行使

ワールド

トランプ氏「ウクライナ存続は米にとって重要」、姿勢
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の衝撃...米女優の過激衣装に「冗談でもあり得ない」と怒りの声

  • 3

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離れ」外貨準備のうち、金が約4%を占める

  • 4

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 5

    「イスラエルに300発撃って戦果はほぼゼロ」をイラン…

  • 6

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 7

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 8

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 9

    ヨルダン王女、イランの無人機5機を撃墜して人類への…

  • 10

    紅麴サプリ問題を「規制緩和」のせいにする大間違い.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 5

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 6

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 7

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 8

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中