最新記事

テクノロジー

グーグル新スマホ「ピクセル」の強みはAIアシスタント

2016年10月6日(木)16時08分
マーク・パートン

GOOGLE HOME

<消費者のためのAI革命を先導するグーグルのスマートフォン「ピクセル」とスマートスピーカー「グーグル・ナウ」> (写真は、ピクセルと一緒に発表されたナウ)

 グーグルはサンフランシスコで4日、発表イベントを開催し、スマートフォン「ピクセル」をはじめ、ハードウエアの新製品や新サービスを一挙に公開した。先月アップルが行ったiPhone7の発表と比べられるのは当然の成り行きだが、アップルとの比較はグーグルにとって望むところだ。グーグルのピクセルはスマホ史上最高のカメラを内蔵するなど、iPhoneに対抗するものだからだ。

 だが、重要なのはスマホ本体よりもそれを動かすソフトのほうだ。ピクセルにはグーグルの次世代AI秘書「グーグル・アシスタント」が搭載されている。併せて発表されたスマートスピーカー「グーグル・ナウ」にも搭載されたアシスタントは、アップルの「SiRi」、マイクロソフトの「コルタナ」、そして何よりもアマゾンのスピーカー「エコー」に搭載された「アレクサ」に真っ向から勝負を挑む消費者向けAIだ。

【参考記事】Pixelに見る新しいGoogleの哲学:「垂直統合への移行」と「厳しすぎるプライバシー保護よりAIの利便性」

 グーグルはこの日、ストリーミング端末「クロームキャスト」の4Kバージョン、スマートルーターシステム、新型のVRヘッドセットも発表したが、最大の目玉はピクセルとグーグル・ホームだった。グーグル・ホームは小型の空気清浄機のような外観。エコーと同様、音声で指示すると音楽を流し、質問に答え、家電と接続すれば、オン/オフ制御もやってくれる。

 アシスタントの機能はピクセルの売りの1つであり、グーグル・ホームの唯一のセールスポイントだ。もしもあなたがクロームキャストで映画を見て、「グーグル・プレイ」で音楽を聞き、「グーグル・カレンダー」でスケジュール管理をしているなら、アシスタントは大いに役立つ。アシスタントに一声掛ければ、それらすべてを使えるからだ。自宅にグーグルの子会社ネスト製の賢いサーモスタットを取り付けているなら、エアコンの操作もアシスタントがやってくれる。フィリップス製のヒューなど賢い照明システムを使っているなら、部屋の明かりのオン/オフもアシスタントにお任せだ。

自分だけのグーグルを構築

 アマゾンのエコーに内蔵されたアレクサも同様のタスクをこなせるし、アレクサのプロトコルは公開されていて、何百ものアプリが開発されている。一方、エコーより40ドル安い129ドルのグーグル・ホームには、グーグルのデータすべてにアクセスできる強みがある。iPhoneのSiRiのような役割を果たすアシスタントを内蔵したピクセルもそうだ。「目標は、ユーザー1人1人のためにカスタマイズされたグーグルを構築することだ」と、グーグルのスンダー・ピチャイCEOは発表イベントで宣言した。

【参考記事】人材流出が止まらぬグーグル自動運転車プロジェクト、何が起きてるのか?

ニュース速報

ワールド

G7サミット、北アイルランド巡る英・EU対立が再び

ワールド

米議会、トランプ政権下の司法省「悪質」行為を調査へ

ワールド

バイデン大統領、米ロ首脳会談後に単独で会見へ

ビジネス

東芝、監査委員会2人の候補除外「株主の理解難しいと

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔していること

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 6

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 7

    イギリスがデルタ株の感染再燃で正常化先送りなのに…

  • 8

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 9

    「宿題なし・定期テストなし」でも生徒が勝手に勉強す…

  • 10

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 6

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 10

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 4

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月