最新記事

米大統領選

トランプ、「やぶ医者」の番組で自らの健康を語る

2016年9月15日(木)14時42分
ミシェル・ゴーマン

Sony Pictures Television/REUTERS

<クリントンの体調不良で一気に争点化した健康問題。トランプは医師が司会の健康番組で去年の健康診断結果を今日明らかにするというが> (写真はドクター・オズ・ショウの収録。左がドクター・オズ)

 全米で人気の健康バラエティ番組『ドクター・オズ・ショウ』(ソニー・ピクチャーズ・テレビジョン)の収録で、米共和党大統領候補ドナルド・トランプの健康診断書が公開されたことが分かった。15日に放送される。米FOXニュースは火曜、マホメッド・オズ医師がトランプの去年の健康診断書を分析したうえで、結果についてトランプ本人と話し合うと明らかにした。

 ただしオズ自身は、トランプが答えたくないことについては質問しないと公言している。

【参考記事】トランプ大学のあきれた詐欺商法が明らかに

 トランプは先週受けた健康診断の結果について、オズの番組に出演して公表すると言っていた。オズは月曜に出演したFOXニュースのラジオ番組で、トランプと米民主党大統領候補ヒラリー・クリントンの両者に出演を依頼、トランプは快諾したと明らかにした。

医師としての信頼性に疑問

 米コロンビア大学の教授でもあるオズは、人気トーク番組『オプラ・ウィンフリー・ショウ』に医師として出演して人気を博し、自身の番組を持つまでになった。だが健康に関する彼の助言や指導は、多くの医療関係者や専門家から批判されている。2015年4月には、医師としてのオズの信頼性に疑問があるとして、全米の医師10人が連名で彼の解雇を求める文書をコロンビア大学の学長宛に送った。2014年にも、減量を謳った詐欺まがいのサプリメントを自身の番組で不当に宣伝したとして、米上院の証人喚問に呼ばれたことがある。

 一方のクリントンは日曜、ニューヨークで行われた同時多発テロの追悼式を急きょ退席、健康不安説が急浮上している。クリントンは米国務長官を務めていた2012年12月に自宅で倒れて脳しんとうを起こしたこともある。先月下旬に米ABCのトーク番組『ジミー・キンメル・ライブ!』に出演した際には「健康に不安はないか」と問われ、頑丈さをアピールするため大げさにピクルスの瓶を開けるパフォーマンスを見せていた。

【参考記事】 >ヒラリーを「歴史的」勝利に導いた叩かれ強さ
【参考記事】 >ヒラリー・クリントン、トランプに利用されかねない6つのスキャンダル

 今日のオズ放送では、既に明らかになっている「太り過ぎ」以上の情報がトランプの健康に関して出てくるかどうかが注目だ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏、「ハリス氏のほう負かしやすい」 バイデ

ワールド

バイデン大統領、米大統領選から撤退表明 「ハリス氏

ワールド

トランプ氏、演説で民主党あざける 暗殺未遂後には習

ワールド

イスラエル軍、イエメンのフーシ派拠点空爆 テルアビ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 2
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デップの姿が話題に...33歳年下「新恋人」との写真も
  • 3
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 4
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 5
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 8
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 9
    見落とされがちな「女の子のADHD」15の徴候とは?
  • 10
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中