最新記事

米大統領選

トランプ大学のあきれた詐欺商法が明らかに

2016年6月2日(木)17時25分
テイラー・ウォフォード

Jonathan Ernst-REUTERS

<トランプ大学は金融の素人を手玉にとって高額の授業料を巻き上げる詐欺ビジネスだった――米共和党の大統領候補に確定したドナルド・トランプがかつて運営していた学位を与えることのできない「大学」について、元スタッフ2人がそう証言していることが明らかになった>

裁判所命令で売り込みマニュアルが公開に

 共和党の大統領候補に決まったドナルド・トランプが設立し、現在は閉鎖中のトランプ大学は、詐欺罪などに問われ元受講生らが複数の訴訟を起こしている。カリフォルニア州の米連邦地裁に提訴された集団訴訟で、ゴンザロ・クリエル判事は元スタッフ2人をはじめ関係者や受講生らの宣誓供述書を公開。併せてセミナー運営側の内部文書の公開も命じた。トランプ大学の「営業シナリオ」は、相手の信用につけ込んで攻撃的な売り込みをかけるトランプ式セールス術を詳述したマニュアルだ。

【参考記事】「トランプ大学」詐欺訴訟でトランプに不利な判断

 その手口はこうだ。まず無料で90分のセミナーを受けさせ、有料セミナーに巧妙に誘い込む。有料コースは受講料1495ドルの「不動産で稼ぐワークショップ」から、数回の合宿や3日間の実践指導を含む3万4995ドルの「トランプ・ゴールド・エリート」まで各種あり、受講生から搾り取れるだけ搾り取る仕組みになっている。

 ニューヨーク州の司法長官が4000万ドル以上の受講料をだましとった疑いでトランプを起訴した裁判でも、多数の内部文書が公開されている。これまでに公開された文書から、トランプがセールス担当にたたき込んだ強引商法ワースト5を拾ってみた。

【参考記事】「トランプ大統領」の悪夢を有権者は本気で恐れろ

1 受講料はクレジットカードで支払わせ、利用限度額に達している場合は新規のカードをつくらせる

 クレジットカードがないか、利用限度額に達している受講生には、次のように説明する。

「上級コースを受講するには授業料が必要になります。現金で払う人はほとんどいません。私たちはOPM(Other People's Money 他人のカネ)を使う方法を教えています。クレジットカードなら月々わずかな支払いで、経費も抑えて、不動産プロジェクトに乗りだせます。不動産での成功で2、3カ月後には銀行に返済できるというわけです。こうしたレバレッジを利用できないとしても、あきらめてはいけません。今後不動産プロジェクトに投資するためのシード資金か貯金はありませんか」

2 メディアとの接触を禁止。トランプはビジネスの場でもメディア嫌いだったらしい

●トランプ大学の関係者、フリーの契約者は、記者の質問にいっさい答えてはならない。広報担当に連絡をとらせること。

●トランプ大学の素晴らしさを確信していても、ノーコメントを貫くべし。

ニュース速報

ビジネス

米テスラ、第2四半期の引き渡し台数が9万台超 市場

ビジネス

米財務省、航空5社と政府融資条件で合意 アメリカン

ビジネス

米、黒人と白人の失業差が過去5年で最大に

ビジネス

アメリカン航空、21年夏季の国際線運航能力を25%

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 3

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まっていた

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 6

    コロナ禍なのにではなく、コロナ禍だからBlack Lives…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    新型コロナが細胞に生やす不気味な触手の正体は

  • 9

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 10

    アメリカはコロナ感染の「第2波」に入ったのか?

  • 1

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 2

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現…

  • 5

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 6

    米南部の感染爆発は変異株の仕業?

  • 7

    米中スパコン戦争が過熱する中、「富岳」の世界一が…

  • 8

    韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    南北統一をめぐる韓国人の微妙な本音「統一は必要で…

  • 1

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 2

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 3

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持表明、鍵握る麻生副総理

  • 4

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 5

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 6

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    傲慢な中国は世界の嫌われ者

  • 9

    木に吊るされた黒人男性の遺体、4件目──苦しい自殺説

  • 10

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月