最新記事

銃規制

黒人射殺事件の連鎖を生む元凶は

2016年8月29日(月)16時00分
ダーリア・リスウィック(司法ジャーナリスト)、マーク・P・マッケナ(ノートルダム大学法科大学院教授)

Carlo Allegri-REUTERS

<アメリカで今年立て続けに発生した警官による黒人射殺事件とダラスの警官銃撃事件の根底にあるのは、銃の蔓延が生み出す恐怖とパニックだ>(写真はダラスの事件で射殺された警官の同僚)

 フィランド・カスティールは、ミネソタ州セントポールの私立学校で食堂の責任者を務めていた。32歳の黒人男性である彼は「フィル」という愛称で呼ばれ、みんなに愛されていた。

 フィルはもういない。今年7月、セントポール近郊で自動車を運転していたとき、警官に停止を求められ、その揚げ句に射殺されたのだ。警官が車を止めさせた理由は、テールライトが壊れていることだったという。

 黒人男性が警官に射殺される事件が相次いでいる。これらの事件と人種の関係については、多くの指摘がなされている。

 ミネソタ州のマーク・デイトン知事は事件後、きっぱりこう述べた。「車の運転手や同乗者が白人だったら、こんなことは起きただろうか。起きなかったに違いないと私は思う」。デイトンの言うとおりだ。バラク・オバマ大統領も先週、フィルのような事件は特異なケースでないと指摘した。「わが国の刑事司法制度に存在する人種間の不平等を浮き彫りにしている」

 フィルの死に人種が大きく影響したことは間違いない。しかし、この事件を考える上で見落としてはならない要素がもう1つある。それは銃の存在だ。

 車に同乗していたガールフレンドの説明によれば、フィルは警官に銃を所持していると自発的に申告した(市民は警官と対したとき、銃の所持を自己申告するよう推奨されている)。

【参考記事】ダラス警官銃撃事件が大統領選の流れを変える

警官を怯えさせる銃の影

 しかし、それが警官の判断に影響することはなかった。フィルが財布に手を伸ばすと、警官はとっさに「銃だ」と思い、車に向けて発砲し始めた(ただし、その警官の証言は明らかになっておらず、発砲に至るまでの経緯を映した動画も存在しない)。

 フィルの事件の前日には、ルイジアナ州バトンルージュでも黒人男性が警官に射殺された。地面に押さえ付けられた上で、胸を撃たれたのだ。その男性、アルトン・スターリング(37)も銃を所持していた。事件の直前に自衛のために購入したものだったようだ。

 銃を所持する人が増えれば、警官も民間人も、町で遭遇する誰もが銃を持っているという前提でものを考えるようになる。その恐怖の下では、人は冷静な思考や話し合いをせずに、とっさに行動しがちになる。

 一部の警察組織が銃規制の緩和に懸念を表明しているのには、もっともな理由がある。それが警官の仕事を一層難しくすると理解しているのだ。

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    四川省出身のチャイナラッパーが世界に大躍進

  • 5

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

  • 7

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    許せない! オランウータン母子襲われ子は栄養失調…

  • 10

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 9

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月