最新記事

【2016米大統領選】最新現地リポート

ハミルトンでようやく「ミレニアル世代」と繋がったヒラリー

2016年7月30日(土)11時00分
渡辺由佳里(エッセイスト)

Lucy Nicholson-REUTERS

<ヒラリーの指名受諾演説で、30代以下のミレニアル世代の心を掴んだのは、意外にも米建国時代の政治家ハミルトンの言葉の引用だった。同名ミュージカルの人気にあやかって、ヒラリーは若年層への浸透を図れるのか>

 民主党大会を締めくくるヒラリーの指名受諾演説は、党派を超えたすべてのアメリカ国民に「共によりよいアメリカを作り上げていこう」と呼びかけるもので、CNNの世論調査では、71%が「非常に好意的」、15%が「ほぼ好意的」と答え、ポジティブな評価を受けている。

 このスピーチでヒラリーは、改革を掲げる運動を起こして多くの若者を政治に目覚めさせたサンダースを讃えただけでなく、彼の公約のひとつだった「公立大学の無償化」のために手を組んで働くことを約束した。

 しかし、サンダース支持者が圧倒的に多い「ミレニアル世代(30代中盤以下)」の心を動かしたのはここではなく、なんと建国時代の政治家アレクサンダー・ハミルトンに関してだった。

【参考記事】ヒラリー勝利のキーマンになるのは誰だ

 以前当サイトのコラムでご紹介したが、アメリカ建国時代に活躍したハミルトンの伝記を元にしたブロードウェイのミュージカル『ハミルトン』は想像を超えるブームとなった。製作、脚本、作詞作曲、主人公のハミルトン役のすべてをこなしたリン・マヌエル・ミランダの両親はプエルトリコの出身で、主要なキャストはラテン系やアフリカ系アメリカ人、音楽はジャズやラップ。その型破りなミュージカルは、チケットが高すぎて購入できなくなる程で、「ミレニアル世代」にもカルト的な人気を集めている。

 ヒラリーは、スピーチの終盤でミュージカルの『ハミルトン』から次のような引用をした。

「生きているうちに栄光を見とどけることはできないかもしれないが、この闘いに喜んで加わろうではないか。自分自身では決して見ることのできない庭園に種を植えることを、われわれのレガシーにしようではないか」

 そして、こう締めくくった。

「だからこそ、私たちは存在しているのです。この会場にだけでなく、地球上に。建国の祖(アメリカの建国に尽くした政治家)たちは、それを私たちに示してくれます。彼らと、その後に続く多くの人たちが。彼らは、国への愛と、次世代のためによりよいものを作り上げるという無私無欲の情熱で結ばれているのです。これがアメリカの物語です。新しい章を、今夜から一緒に始めようではありませんか。

 そうです。世界は私たちの行動を見ています。そうです。アメリカの運命は私たちが選ぶのです。ですから、一緒に手を繋ぐことで強くあろうではありませんか、アメリカ国民のみなさん。勇気と自信を持って未来を見ようではありませんか。愛する子どもたちのために、愛する国のために、より良い明日を一緒に築き上げていこうではありませんか。そうすれば、アメリカは、これまでに増して偉大な国になります」

 予想外だったのは、ツイッターなどのソーシャルメディアで、#Hamiltonと#ImWithHerがトレンドになったことだ。しかも、騒いでいるのは「ミレニアル世代」の若者たちだ。「ヒラリーが #Hamiltonから引用したぞ」という興奮したツイートだけでなく「よし決めた。ようやく説得されたぞ」といったものもあった。また、「ヒラリー:医療改革、教育、子ども、女性、貧困者、911同時テロ、オサマ・ビンラディン。 私たち:それがどうっての〜。ヒラリー:#Hamilton !私たち:#ImWithHer」といった自分たちの単純な心理を揶揄したものもあった。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    日本の重要性を見失った韓国

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 9

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 10

    慰安婦問題が突き付ける、「歴史を装った記憶」の危…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 10

    「韓国の反論は誤解だらけ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月