最新記事

【2016米大統領選】最新現地リポート

ヒラリー勝利のキーマンになるのは誰だ

2016年7月29日(金)18時40分
渡辺由佳里(エッセイスト)

Mike Segar-REUTERS

<ヒラリーが正式に民主党候補となっても、まだ納得できないサンダース支持者は多い。そんな有権者を説得できるのは、元々サンダース支持だった人たちのメッセージだけかもしれない>(党大会で壇上に立ったオバマとヒラリー)

 バーニー・サンダースがヒラリー・クリントン支持を表明した後も、民主党大会の会場内外で抗議運動を続けるサンダース支持者は目につく。党大会でのスピーチの妨害も続き、オバマ政権でCIA長官と国防長官を務めたレオン・パネッタは、「No More War(戦争はもうまっぴらだ)」というチャントや野次の嵐の中でスピーチをする羽目になった。

 最近の世論調査ではトランプがヒラリーを上回っていて、民主党指導部や長年の党員の間では、党の亀裂がトランプ勝利に繋がることへの不安が高まっている。

 元々のサンダース支持者でも党大会でブーイングを受けるような荒れた雰囲気だが、党内の亀裂を乗り越えてヒラリー支持をアピールできる人物もようやく浮上してきている。

【参考記事】オールスター勢ぞろいの民主党大会、それでも亀裂は埋まらない

 まずはバイデン副大統領だ。

 党大会ではバイデンが登壇したとたん、会場の雰囲気ががらりと明るくなった。皮肉たっぷりのトランプ批判が拍手喝采を浴びたのは意外ではないが、野次をほとんど受けずにヒラリーの応援をやりとげたのは快挙だった。

 バイデンはよく「Middle-class Joe(庶民のジョー)」や「Uncle Joe(ジョー叔父さん)」と呼ばれ、政治家として長いキャリアを持ちながら庶民感覚を失っていないと言われる。歯に衣を着せないところや、ときに失言をすることも、有権者にとっては逆に「正直さ」を印象づけるもので、ヒラリーのイメージを変えるができそうな数少ない人物だ。

 もう一人はオバマ大統領だ。

 党大会3日目のスピーチでオバマは、「ヒラリーと私が8年前の予備選でライバルだったことを覚えているかもしれないが、私たちは1年半に渡って戦った。ちょっと言わせてもらうと、とてもタフな戦いだった。ヒラリーがタフだったから。私は疲れ果てた」と、ユーモアまじりに熾烈な戦いを振り返った。

 サンダース支持者の多くは、両陣営に憎しみを残した8年前の予備選について余り知らない(あるいは、当時は政治に興味がなかった)。だから、オバマがヒラリーに国務長官への就任を依頼し、ヒラリーだけでなく自分のスタッフも驚かせたという逸話は馴染みがないものだろう。怒りや失望を抱くサンダース支持者に対して、激しく戦ったライバルでもアメリカのために尽くす目標のためには和解できるし、いつかお互いに敬意を抱くようになれる――。そう伝えたいオバマの気持ちが伝わってきた。

 オバマはさらにこう語った。「ヒラリーはかなりの非難を受けてきた。右からはずっと揶揄されてきたし、一部は左からも。想像できる限りありとあらゆることの責任を問われ、想像できないことまで彼女のせいにされた」(ここで会場から笑い)。「でも40年も顕微鏡の下に晒されていたら、そういうことが起こるということをヒラリーは承知している」(会場拍手)。「この40年間には失敗も犯したことをヒラリーは自覚している。でも、失敗は誰でも犯すものだ。私やあなたがたのように」

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 3

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

  • 4

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 5

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 6

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 7

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 8

    【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

  • 9

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 10

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 5

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 6

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 7

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 8

    香港長官「条例撤回」は事実上のクーデター

  • 9

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 10

    差別から逃れるように暮らしていた? 戦前の日系人…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 5

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月