最新記事

【2016米大統領選】最新現地リポート

ヒラリー勝利のキーマンになるのは誰だ

2016年7月29日(金)18時40分
渡辺由佳里(エッセイスト)

Mike Segar-REUTERS

<ヒラリーが正式に民主党候補となっても、まだ納得できないサンダース支持者は多い。そんな有権者を説得できるのは、元々サンダース支持だった人たちのメッセージだけかもしれない>(党大会で壇上に立ったオバマとヒラリー)

 バーニー・サンダースがヒラリー・クリントン支持を表明した後も、民主党大会の会場内外で抗議運動を続けるサンダース支持者は目につく。党大会でのスピーチの妨害も続き、オバマ政権でCIA長官と国防長官を務めたレオン・パネッタは、「No More War(戦争はもうまっぴらだ)」というチャントや野次の嵐の中でスピーチをする羽目になった。

 最近の世論調査ではトランプがヒラリーを上回っていて、民主党指導部や長年の党員の間では、党の亀裂がトランプ勝利に繋がることへの不安が高まっている。

 元々のサンダース支持者でも党大会でブーイングを受けるような荒れた雰囲気だが、党内の亀裂を乗り越えてヒラリー支持をアピールできる人物もようやく浮上してきている。

【参考記事】オールスター勢ぞろいの民主党大会、それでも亀裂は埋まらない

 まずはバイデン副大統領だ。

 党大会ではバイデンが登壇したとたん、会場の雰囲気ががらりと明るくなった。皮肉たっぷりのトランプ批判が拍手喝采を浴びたのは意外ではないが、野次をほとんど受けずにヒラリーの応援をやりとげたのは快挙だった。

 バイデンはよく「Middle-class Joe(庶民のジョー)」や「Uncle Joe(ジョー叔父さん)」と呼ばれ、政治家として長いキャリアを持ちながら庶民感覚を失っていないと言われる。歯に衣を着せないところや、ときに失言をすることも、有権者にとっては逆に「正直さ」を印象づけるもので、ヒラリーのイメージを変えるができそうな数少ない人物だ。

 もう一人はオバマ大統領だ。

 党大会3日目のスピーチでオバマは、「ヒラリーと私が8年前の予備選でライバルだったことを覚えているかもしれないが、私たちは1年半に渡って戦った。ちょっと言わせてもらうと、とてもタフな戦いだった。ヒラリーがタフだったから。私は疲れ果てた」と、ユーモアまじりに熾烈な戦いを振り返った。

 サンダース支持者の多くは、両陣営に憎しみを残した8年前の予備選について余り知らない(あるいは、当時は政治に興味がなかった)。だから、オバマがヒラリーに国務長官への就任を依頼し、ヒラリーだけでなく自分のスタッフも驚かせたという逸話は馴染みがないものだろう。怒りや失望を抱くサンダース支持者に対して、激しく戦ったライバルでもアメリカのために尽くす目標のためには和解できるし、いつかお互いに敬意を抱くようになれる――。そう伝えたいオバマの気持ちが伝わってきた。

 オバマはさらにこう語った。「ヒラリーはかなりの非難を受けてきた。右からはずっと揶揄されてきたし、一部は左からも。想像できる限りありとあらゆることの責任を問われ、想像できないことまで彼女のせいにされた」(ここで会場から笑い)。「でも40年も顕微鏡の下に晒されていたら、そういうことが起こるということをヒラリーは承知している」(会場拍手)。「この40年間には失敗も犯したことをヒラリーは自覚している。でも、失敗は誰でも犯すものだ。私やあなたがたのように」

ニュース速報

ワールド

新型肺炎の感染者1300人超、欧・豪州に拡大 中国

ワールド

アングル:外為法改正、海外投資家の異論続く 財務省

ワールド

焦点:温暖化阻止へ肉食メニュー排除 ダボス会議に問

ワールド

アングル:新型肺炎、航空業界への打撃は SARSと

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 2

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 3

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、アメリカから大批判「現実からズレすぎ」

  • 4

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 5

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」が…

  • 6

    「金正恩のタワマン、いずれぜんぶ崩壊」......建設…

  • 7

    「ブラック・プリンセス」メーガン妃は人種差別の被…

  • 8

    新型肺炎の真実を伝える調査報道記者は、中国にはも…

  • 9

    「ゴーンは無罪の可能性高い」元特捜部検事が語る

  • 10

    韓国人留学生だった私しか知らない中曽根元首相の素顔

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 3

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 4

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 5

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗…

  • 6

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 7

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 8

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 9

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 10

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 8

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月