最新記事

【2016米大統領選】最新現地リポート

ヒラリー勝利のキーマンになるのは誰だ

2016年7月29日(金)18時40分
渡辺由佳里(エッセイスト)

 そしてルーズベルト大統領の言葉を引き合いに出し、実際に何かを達成できるのは、傍観者ではなく土俵に立つ人間だと語り、「その土俵に立っているのがヒラリー・クリントンだ。彼女は、私たちが気づかないときにも、ずっと我々のために土俵に立ってきた。もしあなたたちが民主主義に真剣ならば、彼女と政策がすべて一致しないからといって、投票せず家にいる余地などない。あなたたちも、彼女と一緒に土俵に入らなければならない。なぜなら、民主主義はスポーツ観戦ではないのだから」と、強く語りかけた。

 移民の国アメリカの価値観とそれを守ることの重要さについて語るオバマの言葉に、会場にいる多くの民主党員が心を打たれ、涙を流していた。

 支持率が急上昇しているオバマと好感度の高いミシェル夫人の2人は、ヒラリーの最強の応援団になるだろう。

 さらに意外なところからも支援の声が上がっている。サンダース支持者に強い影響力を持つ人たちだ。

【参考記事】トランプはなぜプーチンを称賛するのか

 2007年にイスラム教徒として初めて下院議員に当選したキース・エリソンは、サンダース支持者として知られ、党大会初日に登壇したサンダースを紹介する重責も果たした。サンダースの政策の多くが民主党の政策プラットフォームに取り入れられたのも、エリソンの手柄だ。サンダースがヒラリー支持を表明してからは、エリソンもヒラリー支持を表明している。

 ある政治番組で、今でもサンダース支持者からの野次やブーイングが消えないことについて質問されたエリソンは、笑顔で次のように答えた。「心配しなくても大丈夫。だから怒らないで欲しい。アメリカは抗議で建国したのだから。市民が情熱を抱いていることで声を上げるのは、決して間違っていない。党のリーダーはそこを考慮してやって欲しい」。つまり、個々の意見を封じ込めて表層的な団結をするよりも、自由に意見を表明させ、声を上げさせるほうが健全な民主党になるという考え方だ。

 エリソンの態度は、ヒラリー支持という点では消極的に見えるかもしれない。だが、韻を踏んだ詩のようなメッセージは強力だ。「Demonstration without legislation ends in frustration. (立法につながらないデモをしても、フラストレーションにしかならない)」。つまり、抗議デモをしているだけで満足していては何も解決しない。社会を改善するための法律を作れる政治家を当選させなければ、結局何も得られずにフラストレーションを募らせるだけで終わる、という意味だ。「ヒラリーに票を投じて当選させてから自分たちの要求を突きつけろ」と間接的にアピールしている。

 またニューヨーク・デイリーニュースの記者ショーン・キングも、熱烈なサンダース支持者で、厳しいヒラリー批判をすることで知られる。民主党全国委員会(党大会で辞任を表明)がヒラリー寄りの不正をしていると追求してきたキングは、サンダース支持者からも信頼されている。そのキングが、「次期大統領は、トランプとヒラリーのどちらかだ。現時点ではトランプがリードしている。我々はなんとしてもトランプを阻止しなければならない。そのために、僕はヒラリーに投票する」という内容の記事を掲載した。

 ヒラリーを「悪徳政治家」と決めつけるサンダース支持者の心には、オバマの言葉も響かないかもしれない。そんな人たちには、トランプ勝利への危機感に焦点をあてた、キングのようなサンダース支持者のメッセージの方が効果的だろう。

ニューストピックス:【2016米大統領選】最新現地リポート

筆者・渡辺由佳里氏の連載コラム「ベストセラーからアメリカを読む」

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 2

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    香港対応に見る習近平政権のだらしなさ

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 7

    文在寅が「タマネギ男」の検察改革に固執する理由

  • 8

    文在寅「超側近」チョ・グクの疑惑がここまで韓国人…

  • 9

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

  • 10

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 6

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 7

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

  • 8

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」…

  • 9

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 10

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 1

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 2

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 9

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 10

    女性のお腹で次第に成長するしこりは、双子の片割れ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月