最新記事

【2016米大統領選】最新現地リポート

ヒラリー勝利のキーマンになるのは誰だ

2016年7月29日(金)18時40分
渡辺由佳里(エッセイスト)

 そしてルーズベルト大統領の言葉を引き合いに出し、実際に何かを達成できるのは、傍観者ではなく土俵に立つ人間だと語り、「その土俵に立っているのがヒラリー・クリントンだ。彼女は、私たちが気づかないときにも、ずっと我々のために土俵に立ってきた。もしあなたたちが民主主義に真剣ならば、彼女と政策がすべて一致しないからといって、投票せず家にいる余地などない。あなたたちも、彼女と一緒に土俵に入らなければならない。なぜなら、民主主義はスポーツ観戦ではないのだから」と、強く語りかけた。

 移民の国アメリカの価値観とそれを守ることの重要さについて語るオバマの言葉に、会場にいる多くの民主党員が心を打たれ、涙を流していた。

 支持率が急上昇しているオバマと好感度の高いミシェル夫人の2人は、ヒラリーの最強の応援団になるだろう。

 さらに意外なところからも支援の声が上がっている。サンダース支持者に強い影響力を持つ人たちだ。

【参考記事】トランプはなぜプーチンを称賛するのか

 2007年にイスラム教徒として初めて下院議員に当選したキース・エリソンは、サンダース支持者として知られ、党大会初日に登壇したサンダースを紹介する重責も果たした。サンダースの政策の多くが民主党の政策プラットフォームに取り入れられたのも、エリソンの手柄だ。サンダースがヒラリー支持を表明してからは、エリソンもヒラリー支持を表明している。

 ある政治番組で、今でもサンダース支持者からの野次やブーイングが消えないことについて質問されたエリソンは、笑顔で次のように答えた。「心配しなくても大丈夫。だから怒らないで欲しい。アメリカは抗議で建国したのだから。市民が情熱を抱いていることで声を上げるのは、決して間違っていない。党のリーダーはそこを考慮してやって欲しい」。つまり、個々の意見を封じ込めて表層的な団結をするよりも、自由に意見を表明させ、声を上げさせるほうが健全な民主党になるという考え方だ。

 エリソンの態度は、ヒラリー支持という点では消極的に見えるかもしれない。だが、韻を踏んだ詩のようなメッセージは強力だ。「Demonstration without legislation ends in frustration. (立法につながらないデモをしても、フラストレーションにしかならない)」。つまり、抗議デモをしているだけで満足していては何も解決しない。社会を改善するための法律を作れる政治家を当選させなければ、結局何も得られずにフラストレーションを募らせるだけで終わる、という意味だ。「ヒラリーに票を投じて当選させてから自分たちの要求を突きつけろ」と間接的にアピールしている。

 またニューヨーク・デイリーニュースの記者ショーン・キングも、熱烈なサンダース支持者で、厳しいヒラリー批判をすることで知られる。民主党全国委員会(党大会で辞任を表明)がヒラリー寄りの不正をしていると追求してきたキングは、サンダース支持者からも信頼されている。そのキングが、「次期大統領は、トランプとヒラリーのどちらかだ。現時点ではトランプがリードしている。我々はなんとしてもトランプを阻止しなければならない。そのために、僕はヒラリーに投票する」という内容の記事を掲載した。

 ヒラリーを「悪徳政治家」と決めつけるサンダース支持者の心には、オバマの言葉も響かないかもしれない。そんな人たちには、トランプ勝利への危機感に焦点をあてた、キングのようなサンダース支持者のメッセージの方が効果的だろう。

ニューストピックス:【2016米大統領選】最新現地リポート

筆者・渡辺由佳里氏の連載コラム「ベストセラーからアメリカを読む」

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、サイバー攻撃巡る米警告を非難 「イメージ汚

ワールド

EU、中国の香港法制「深く懸念」 対中戦略厳格化で

ビジネス

米経済のV字回復見込めず、消費者らコロナ感染に用心

ビジネス

米個人消費、4月は前月比13.6%減 過去最大の落

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 2

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 3

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 6

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 7

    ブラジル、新型コロナ感染爆発 1日で過去最多2万641…

  • 8

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 9

    米、香港への優遇措置もはや継続できず 中国による…

  • 10

    中国がWHOに送り込んだプロパガンダ宣伝マン

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月