最新記事

ゲーム

韓国で唯一ポケモンGOがプレイできる町に観光ブーム

2016年7月15日(金)16時40分
シボーン・オグレイディ

Shannon Stapleton-REUTERS

 アメリカで爆発的な人気となっている「ポケモンGO」。日本に先駆けて7日にサービスを開始したアメリカでは、街中に出現するポケットモンスターを捕まえようとスマートフォンを見ながら歩き回る熱狂者が続出。これまでも意外なところでモンスターが出現し、話題になってきた。

 例えば首都ワシントンD.C.にあるホロコースト記念館、バージニア州にあるアーリントン国立墓地、ニューヨークにある9/11メモリアル・ミュージアム......。

【参考記事】クレムリンにもポケモン現る

 そこに仲間入りしそうなのが韓国の束草市。韓国ではまだサービスが開始されていないにも関わらず、束草では唯一、ポケモンGOのアプリが起動するというのだ。報道によると、韓国当局はその原因について、ゲームのシステムが誤って束草を北米エリアに分類したためだと説明した。

ホテルの予約が一週間で4倍に

 理由が何であれ、人口8万人という小さな海辺の町の観光産業が、この事態を喜ばないはずがない。韓国メディアによると、束草ではここ数日のホテルの予約数が、先週と比べて4倍に膨れ上がった。

 地元のレストランや商店は、ポケモンGOのユーザーに「特典」を用意するなど宣伝に躍起だ。ついには市長も応援に乗り出し、今後束草市は、市内の無料Wi-Fiを拡張し、ユーザーがゲームを中断しなくても済むようにスマホの充電基地も提供すると約束した。

【参考記事】米で大人気の「ポケモンGO」、ISISとの前線でプレイする猛者も登場

 一方で韓国政府は、ポケモンGOに必要な地図情報システムの利用を許可するか否かを決めかねている。政府高官は、外国企業に対して韓国の地図情報の利用を許可すれば、北朝鮮を刺激し両国間の緊張が更に高まる恐れがあると危惧するからだ。

「ソクチョ市にとって、韓国政府が利用を制限するゲームを大々的に奨励するのは難しい」と話したのは、ソクチョ市観光課のリー・セムンだ。「でも、ポケモンGOのおかげで、メディアが連日ソクチョの話題を取り上げ、ゲームの熱狂者が次々にソクチョを宣伝してくれている。市の観光を盛り上げるのにはまさに最強の助っ人だ」

From Foreign Policy Magazine

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 3

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 4

    【特別寄稿】TBSアナ久保田智子「私の広島、私達のヒ…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    学力格差より深刻な、低所得層の子どもの「自尊心格…

  • 7

    「イランは終わりだ!」バグダッドの米大使館付近へ…

  • 8

    文在寅、リベラルなのに「記者たたき」に冷淡な大統領

  • 9

    あの男が狙う「イラン戦争」──イラク戦争の黒幕ボル…

  • 10

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%」を分からない絶望的な日本

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 7

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

  • 8

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月