最新記事

オピニオン

米名門大学はアジア系を差別している

2016年6月22日(水)15時14分
エリザベス・スラッテリー

Shannon Stapleton-REUTERS

<130のアジア系アメリカ人団体が、アイビーリーグが「逆人種差別」をしていると訴えている。大学が「理想的な人種バランス」を保つため、優秀な出願者が多数不合格になっているというのだ。多くのデータが主張を裏付けており、今後、訴訟も増えてくるだろう> 写真はエール大学

 米連邦最高裁判所は間もなく「アビゲイル・フィッシャー対テキサス大学オースティン校」の人種差別訴訟に判決を下す。同大学に出願したフィッシャーが不合格になったのは、マイノリティーを優遇する入試方針のせいだ、として訴えた裁判だ。

 どのような判決になるにせよ、大学入試が「差別的だ」と訴えるケースはこれからもっと増えてくるだろう。

 5月には、アジア系アメリカ人教育連合をはじめとする130のアジア系アメリカ人団体が、米教育省と司法省に対して、エール大学、ブラウン大学、ダートマス・カレッジ(いずれも「アイビーリーグ」に属する東海岸の名門校)を調査するよう申し立てた。大学側が「人種に基づくクオータ制」を使って、合格水準に達しているアジア系アメリカ人の出願者を締め出しているとの主張だ。

【参考記事】「増えすぎ」アジア人を排除するハーバード

 申し立てたグループは、優秀なアジア系アメリカ人の出願者の数が増えているにもかかわらず、エールとブラウンでは1995年から、ダートマスでは2004年から、アジア系の入学者数の伸びが止まっていることを示す教育省のデータを引用している。

満点を取っても入れない

 同グループはこう強調する。ほぼ満点のSAT(大学進学適性試験)スコア、高校でトップ1%に入るGPA(成績平均値)、そして活発な課外活動という通常であれば名門校に合格できるだけの成績を収めたアジア系アメリカ人が次々と不合格になっている。同様の成績でも、他の人種の出願者は合格になっている、と。

 彼らの訴状によれば、アジア系アメリカ人は平均で「白人の生徒より140点、ヒスパニックより270点、黒人より450点高いSATスコアを取らない限り、合格の確率が同程度にならない」ことが統計からわかっているという。

【参考記事】中国人学生対象の「不正」請負業者、米大学で暗躍

 エール、ブラウン、ダートマスなどのアイビーリーグ各校は「彼らの信じる理想の人種バランスを保つために、人種のクオータ制を設けている」と、グループは主張する。1882年に成立した中国人排斥法や、第2次大戦時の日系人強制収容所を思い起こさせるやり方だ。

 3大学とも出願者の評価には「全人的な」アプローチを採用しているため、選考過程において人種や民族が大きな要因になることもあり得るという。これは他の多くの大学も同じだ。

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    四川省出身のチャイナラッパーが世界に大躍進

  • 5

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

  • 7

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    許せない! オランウータン母子襲われ子は栄養失調…

  • 10

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 9

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月