最新記事

ピープル

自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

2016年5月18日(水)17時55分
トゥファエル・アフメド

 バニティ・フェア誌によれば、イラン革命防衛隊はカーダシアンのスパイ説を「大真面目で検証している」。

 イランのニュースサイト「イランワイヤ」は、インスタグラムのケビン・シストロムCEOがスパイをさせる目的でカーダシアンを雇った、という革命防衛隊サイバー組織犯罪部隊の報道官ムスタファ・アリザデの国営テレビでの発言を伝えている。

「キム・カーダシアンは人気のあるファッションモデルなので、インスタグラムのCEOは彼女を使うことを考えついた。金銭も支払われているのは間違いない」と、アリザデは非難した。

狙われるファッション業界とインスタグラム

 イランワイヤによれば、革命防衛隊はモデルやカメラマンなど同国のファッション業界関係者のインスタグラムを取り締まってきた。「スパイダー2」と呼ばれる監視作戦により、「モデル業界、高級アパレル、写真ワークショップで活動する」170人のインスタグラムへのアクセスを遮断したという。そのうち29人は起訴されている。

【参考記事】改革はどこへ?覆面の「道徳ポリス」7000人が市民を監視するイラン

 16日には、インスタグラム上でも有名だったエルナズ・ゴルローなど、イランのトップモデル何人かが、ヒジャブ(髪の毛を隠すスカーフ)をかぶらずに撮った写真を公開していたかどで、今年初めに逮捕されていたことが報じられた。ゴルローはその後イランを出国し、今はドバイに住んでいると見られている。

 国営テレビの放送では、エルハム・アラブという別のモデルが「西洋の乱交を広めた」として起訴され、謝罪を強要されている場面も流された。アラブは髪をブロンドに染め、結婚式用のファッション写真を撮影していたという。

 当局の検察官と対峙し、法廷に座るアラブ。スカーフをかぶり、髪は黒い。彼女はそもそもファッション業界に入ったことが「間違いだった」と述べ、こう発言した。

「人間は誰しも美しさを求め、有名になることに関心を抱くのだと思います。しかし、そのために失うものがあることをまずは考えなくてはいけません。モデルにとっては、ヒジャブと名誉がそれにあたります」

 本誌はキム・カーダシアン・ウェストに取材を申し込んだが、コメントは得られなかった。

ニュース速報

ワールド

EU首脳、ロシアとの首脳会議で合意せず=独首相

ビジネス

家計の金融資産、3月末は1946兆円で過去最高 現

ワールド

米議会襲撃事件、下院に調査委設置 逮捕者500人に

ビジネス

雇用不足かインフレか、FRB当局者のリスク巡る見解

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認されている

  • 2

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:シドニー

  • 3

    目先の利権を優先してきたインフラはもう限界...日本人が知らない大問題

  • 4

    イスラエルが航空機搭載のレーザー兵器でブレイクス…

  • 5

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    中国高官がアメリカに亡命の噂、ウイルス起源の証拠…

  • 8

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

  • 9

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 10

    ファストフード店の近くに住んでも大丈夫...米研究、…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 5

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 6

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月