最新記事

中国

歴史を反省せずに50年、習近平の文化大革命が始まった

2016年5月19日(木)15時27分
楊海英(本誌コラムニスト)

文革時代の教科書に描かれた紅衛兵 PUBLIC DOMAIN

<権力集中、人権抑圧、裏切り者探しを推進する習近平の政治手法は、毛沢東の文革に似ている。身辺に紛れるフルシチョフのような修正主義者を狩ることを目的に始まり、日中戦争や国共内戦をしのぐ惨禍をもたらした過ちが再び繰り返されるのか>

 ちょうど50年前の66年に、中国共産党の中央政治局拡大会議は「中国共産党中央委員会通知」を全土に向けて公開した。この公文書は配布された5月16日にちなんで「五一六通知」と呼ばれる。毛沢東の権力闘争、文化大革命(文革)の発動が正式に宣言された歴史的文書だ。

 この通知に「われわれの身辺に眠る、フルシチョフのような人物を警戒しなければならない」との有名な一節がある。欧米と平和共存を図ったソ連のフルシチョフ政権は、社会主義の道から外れた修正主義の象徴。「党と政府、軍隊と文化領域に潜り込んだブルジョアの代表らを一掃しよう」と呼び掛け、文革の号砲は打ち上げられた。

【参考記事】毛沢東の衣鉢を受け継いだ習近平を待つ「未来」

 誰が「毛の身辺に眠るフルシチョフ」か、疑心暗鬼の政争が繰り広げられた。やがてそれは国家主席の劉少奇や鄧小平らを指していると明らかになり、彼らは失脚。10年余りにわたる動乱の果てに1億人が迫害され、犠牲者の総数は500万~1000万人に達したと政府でさえ渋々認めている。日中戦争や国共内戦をしのぐ惨禍が、「帝国主義と封建主義の圧政から人民を解放した偉大な中国共産党」と「全国人民が敬愛する偉大な領袖・毛沢東」によってもたらされた。

眠れるフルシチョフ再び

 その後、共産党はそれなりに毛の負の遺産を清算した。81年の第11期六中総会で「歴史決議」を採択し、公的に文革を否定した。以来、この決議は文革のような政治運動の再発を阻止する記念碑的な役割を果たしてきた。

 しかし中国の体制は文革に復帰しつつあるようだ。13年1月、総書記に就任して間もない習近平(シー・チンピン)は決議の見直しを正式に求めた。毛時代と文革期を全面的に否定してはならない、と演説で指示したのだ。

 今年4月には広東省東部の汕頭で文革批判を行う博物館が閉館に追い込まれた。この博物館は文革で被害を受けた元副市長の発案と寄付で04年に開館。「文革は毛の夫人、江青ら四人組の謀略で発動された」という、従来の官制史観に則して設置されたが、もはや存続は許されなかった。館内の展示はすべて「愛国主義」に沿って改編され、高齢の元副市長も軟禁された。

【参考記事】毛語録から新華僑まで 中国が張り巡らす謀略の糸

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 2

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 3

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かったこと

  • 4

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 5

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 6

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 7

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 8

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 9

    ポモドーロ・テクニック:世界が実践する時間管理術…

  • 10

    「囚人式」コンディショニングが、ビジネスパーソン…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 9

    金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月