最新記事

台湾

2つのアイドル謝罪、「社会の縮図」と「欺圧の現実」

日本のSMAPと台湾のツウィ(周子瑜)、両者の「謝罪会見」には類似点もあったが、16歳女性アイドルの謝罪は中華圏ならではの影響をもたらした

2016年1月29日(金)19時53分
高口康太(ジャーナリスト、翻訳家)

彼女を救え! 韓国のアイドルグループ「TWICE」に属する台湾人、ツウィ(周子瑜)の写真を掲げる民進党・蔡英文の支持者 Damir Sagol-REUTERS

 今月、東アジアで2つの「アイドルによる謝罪」が注目を集めた。

 1つは日本を代表するアイドルグループ「SMAP」の謝罪だ。1月18日、テレビの生放送に出演したSMAPのメンバー5人は黒いスーツに身を包み、深々と頭を下げて謝罪した。日本中のメディアで報じられている通りなので詳細は省くが、何について謝っているのかについては一切言及することなく、ただひたすらに「(世間を)お騒がせした」こと、「たくさんの方々に心配をかけてしまい、そして不安にさせてしま」ったことをわびた。新しい情報らしきものといえば、「ジャニーさんに謝る機会」を得たという発言ぐらいだった。

 そしてもう1つの謝罪は1月15日、韓国の女性アイドルグループ「TWICE」に属する台湾人のツウィ(周子瑜)によるものだった。彼女が韓国のバラエティ番組に出演した際、小さな韓国の国旗と中華民国旗を手にしていたシーンがあったが、台湾の"親中派"歌手の黄安がそれを「台湾独立派」だと指弾。煽られた中国のネットユーザーが激しく批判し、謝罪に追い込まれた。

 この2つの謝罪には多くの類似点があり、一方で相違点もある。そして何より、台湾アイドルの「謝罪事件」は、中華圏ならではの影響を社会にもたらすことになった。

SMAP事件とツウィ事件の類似性

 実は、台湾の中では中華民国旗はむしろ「一つの中国」のシンボルであり、独立派は「台湾旗」など別の旗を用いるのが一般的だ。中国官制メディアCCTV(中国中央電視台)の著名アナウンサーである白岩松はこの事実に言及し、ネットユーザーはもっと勉強するべきと嘆いたほど。誤解に基づくバッシングだったが、ツウィは謝罪会見では弁明するどころか、何が問題だったのかを語ることすらなかった。

 ツウィは「会社と両岸(中国と台湾)のネットユーザーの感情を傷つけたこと」をひたすら謝罪し、「中国は1つ、海峡両岸は一体です。私は自分が中国人であることを誇りに思っています」との声明を読み上げただけだ。

 日本と台湾で繰り広げられたアイドルの謝罪には多くの類似点がある。何が「罪」だったのか一切明かされないこと、一切の抗弁は許されず「さらし者」にされたような印象を視聴者に抱かせたこと、会社に対しての謝罪が含まれていたこと......。

 SMAPとツウィ、2つの事件の類似についてBBCが記事「The dark side of Asia's pop music industry」(アジアのポップミュージック産業における暗黒面)で取り上げている。夢を与える存在とされ、若者たちの憧れの的であるアイドルたちだが、所属事務所にがんじがらめに縛られた存在であることが浮き彫りになったとの結論だ。

「子どもに対する暴力」が社会運動のトリガーに

 一方で、2つの事件には違いもある。SMAPがデビューから25年を迎えた国民的アイドルであるのに対し、ツウィは昨秋デビューしたばかりの新人という点だ。しかしながら事件の影響という点では、ツウィの事件はSMAPのそれを上回るインパクトを残している。なぜだろうか。

「一つの中国」を巡る政治的な問題だった、というだけではない。台湾総統選の投票日前日に謝罪動画が公開されたというタイミングが大きかった。台湾のテレビをザッピングしていたが、選挙以上の注目度だった。わずか1日で10回以上は謝罪動画を目にした記憶がある。

【参考記事】【台湾現地レポート】ミュージシャン出身委員も誕生させた民主主義の「成熟」

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 3

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 8

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 9

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 10

    崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリ…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月