最新記事

台湾

2つのアイドル謝罪、「社会の縮図」と「欺圧の現実」

日本のSMAPと台湾のツウィ(周子瑜)、両者の「謝罪会見」には類似点もあったが、16歳女性アイドルの謝罪は中華圏ならではの影響をもたらした

2016年1月29日(金)19時53分
高口康太(ジャーナリスト、翻訳家)

彼女を救え! 韓国のアイドルグループ「TWICE」に属する台湾人、ツウィ(周子瑜)の写真を掲げる民進党・蔡英文の支持者 Damir Sagol-REUTERS

 今月、東アジアで2つの「アイドルによる謝罪」が注目を集めた。

 1つは日本を代表するアイドルグループ「SMAP」の謝罪だ。1月18日、テレビの生放送に出演したSMAPのメンバー5人は黒いスーツに身を包み、深々と頭を下げて謝罪した。日本中のメディアで報じられている通りなので詳細は省くが、何について謝っているのかについては一切言及することなく、ただひたすらに「(世間を)お騒がせした」こと、「たくさんの方々に心配をかけてしまい、そして不安にさせてしま」ったことをわびた。新しい情報らしきものといえば、「ジャニーさんに謝る機会」を得たという発言ぐらいだった。

 そしてもう1つの謝罪は1月15日、韓国の女性アイドルグループ「TWICE」に属する台湾人のツウィ(周子瑜)によるものだった。彼女が韓国のバラエティ番組に出演した際、小さな韓国の国旗と中華民国旗を手にしていたシーンがあったが、台湾の"親中派"歌手の黄安がそれを「台湾独立派」だと指弾。煽られた中国のネットユーザーが激しく批判し、謝罪に追い込まれた。

 この2つの謝罪には多くの類似点があり、一方で相違点もある。そして何より、台湾アイドルの「謝罪事件」は、中華圏ならではの影響を社会にもたらすことになった。

SMAP事件とツウィ事件の類似性

 実は、台湾の中では中華民国旗はむしろ「一つの中国」のシンボルであり、独立派は「台湾旗」など別の旗を用いるのが一般的だ。中国官制メディアCCTV(中国中央電視台)の著名アナウンサーである白岩松はこの事実に言及し、ネットユーザーはもっと勉強するべきと嘆いたほど。誤解に基づくバッシングだったが、ツウィは謝罪会見では弁明するどころか、何が問題だったのかを語ることすらなかった。

 ツウィは「会社と両岸(中国と台湾)のネットユーザーの感情を傷つけたこと」をひたすら謝罪し、「中国は1つ、海峡両岸は一体です。私は自分が中国人であることを誇りに思っています」との声明を読み上げただけだ。

 日本と台湾で繰り広げられたアイドルの謝罪には多くの類似点がある。何が「罪」だったのか一切明かされないこと、一切の抗弁は許されず「さらし者」にされたような印象を視聴者に抱かせたこと、会社に対しての謝罪が含まれていたこと......。

 SMAPとツウィ、2つの事件の類似についてBBCが記事「The dark side of Asia's pop music industry」(アジアのポップミュージック産業における暗黒面)で取り上げている。夢を与える存在とされ、若者たちの憧れの的であるアイドルたちだが、所属事務所にがんじがらめに縛られた存在であることが浮き彫りになったとの結論だ。

「子どもに対する暴力」が社会運動のトリガーに

 一方で、2つの事件には違いもある。SMAPがデビューから25年を迎えた国民的アイドルであるのに対し、ツウィは昨秋デビューしたばかりの新人という点だ。しかしながら事件の影響という点では、ツウィの事件はSMAPのそれを上回るインパクトを残している。なぜだろうか。

「一つの中国」を巡る政治的な問題だった、というだけではない。台湾総統選の投票日前日に謝罪動画が公開されたというタイミングが大きかった。台湾のテレビをザッピングしていたが、選挙以上の注目度だった。わずか1日で10回以上は謝罪動画を目にした記憶がある。

【参考記事】【台湾現地レポート】ミュージシャン出身委員も誕生させた民主主義の「成熟」

ニュース速報

ワールド

米共和党予備選、注目州のウィスコンシンとミネソタで

ワールド

トルコ裁判所、米国人牧師の釈放を拒否=弁護士

ビジネス

中国の成長目標、貿易戦争あっても確実に達成 債務抑

ワールド

マルタに難民救助船が寄港へ、EU5カ国が難民受け入

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 5

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 6

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 7

    「トランプが大豆産業を壊滅させた」──悲鳴を上げる…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 6

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 7

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 8

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 9

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月