最新記事

総選挙

【台湾現地レポート】ミュージシャン出身委員も誕生させた民主主義の「成熟」

史上最低の投票率にもかかわらず、蔡英文を初の女性総統に当選させ、野党圧勝を実現させたものは何だったのか

2016年1月18日(月)15時12分
高口康太(ジャーナリスト、翻訳家)

台湾は燃えていたか 野党圧勝の裏には、ワンイシューの熱狂ではなく、個別の争点を論じる成熟があった(15日の民進党集会での支持者、高口健也撮影)

「チャンズオ(昶佐)、チャンズオ、チャンズオ!」「ドンスワン(当選)、ドンスワン、ドンスワン!」

 台湾・台北市の一角でコール&レスポンスの声が響きわたった。2016年1月16日午後7時、私はフレディ・リム(林昶佐、リー・チャンズオ)の選挙事務所を訪れていた。台湾のメタルバンド「ソニック」のボーカリストから政治家へと転身した「素人政治家」の選挙事務所は「台湾で一番ボロい」(本人談)。小さなコンビニ程度の広さしかないが、その前に数百人もの人々がつめかけていた。

 この日は総統選、立法委員選の投票日だ。午後4時に投票が締め切られた後、ただちに開票が始まった。開票から3時間、すでに野党・民進党の圧勝が決まり、台湾初の女性総統誕生が報じられていた。

 だがフレディの選挙区・台北第6区ではなお激戦が続いていた。彼が所属する、結党1年の新興政党「時代力量」は民進党と選挙協力を組んでおり、追い風を受ける立場にある。ただし相手は連続4回当選のベテラン、与党・国民党の林郁方委員。資金力と組織力では負けている。開票から3時間、フレディは優勢だったが、その差は数百票という僅差だ。

 固唾を飲んで選挙速報を見つめる人々に話を聞いた。

「フレディはひまわり学生運動にかかわっていたんですが、私の職場はちょうど立法院の側だったんです。運動の熱気に感じるところがあって支持することを決めました」
「既存の政治家は腐っています。既得権益ばっかり。なにかを変えなければならない。そんな時、フレディの歌を聴いて彼なら信用できると思いました」
「林郁方が何も仕事しなかったからね。別の人間を当選させなければならなかった」
「フレディはアムネスティ台湾の事務局長も務めていて、人権問題に関心を持っています。今回の公約でも死刑廃止を掲げていますが、そこに共感しました」

 集まっているのは20代から30代前半の若者が中心だが、高齢の支持者もちらほら見える。話を聞くと、前回選挙では民進党候補を支持していたが勝負にならずに完敗。だが今回は勝てるかもしれないと笑顔を見せた。

takaguchi160118-b.jpg

計画開始から13年で進捗度はわずか4%と、現立法委員の林郁方が一向に進めなかった地下鉄建設の加速を訴えるフレディ・リムの選挙ポスター(筆者撮影)

 時がたつにつれ、フレディと林郁方の票差はじりじりと開いていく。1000票、1500票、2000票......。日本と違うのは台湾のメディアは「当選確実」を報じないという点だ。候補者自らが開票状況を見て判断し、勝利を宣言する。慎重な性格なのか、なかなかその時は訪れない。

 午後9時すぎ、ついに選挙事務所前は歓声に包まれた。勝利宣言だ。支持者の前に姿を現したフレディは、「アジア初のロックミュージシャン出身の政治家が誕生しました」と宣言し、選挙区である中正区・萬華区の発展に尽力すると語っていた。

ニュース速報

ワールド

焦点:迷走する米政府の支援策、企業や消費者に資金届

ワールド

豪、新型コロナ新規感染者が減少傾向 当局は警戒緩め

ワールド

イラン、明確な結果を望めないならOPEC+開催に反

ワールド

ユーロ圏財務相、コロナ経済対策めぐる協議を9日まで

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    在日ドイツ大使館、日本の新型コロナ検査数の少なさを懸念

  • 3

    「コロナ後の世界」は来るか?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    新型コロナの物資配給に「社会的距離ゼロ」のバング…

  • 6

    夏には感染は終息する、と考えていいのか? 

  • 7

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 8

    コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョー…

  • 9

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 10

    イタリアを感染拡大の「震源地」にした懲りない個人…

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 4

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 7

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 8

    人前で「コロナ」と言ったりマスクをするだけで逮捕…

  • 9

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 10

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月