最新記事

総選挙

【台湾現地レポート】ミュージシャン出身委員も誕生させた民主主義の「成熟」

史上最低の投票率にもかかわらず、蔡英文を初の女性総統に当選させ、野党圧勝を実現させたものは何だったのか

2016年1月18日(月)15時12分
高口康太(ジャーナリスト、翻訳家)

台湾は燃えていたか 野党圧勝の裏には、ワンイシューの熱狂ではなく、個別の争点を論じる成熟があった(15日の民進党集会での支持者、高口健也撮影)

「チャンズオ(昶佐)、チャンズオ、チャンズオ!」「ドンスワン(当選)、ドンスワン、ドンスワン!」

 台湾・台北市の一角でコール&レスポンスの声が響きわたった。2016年1月16日午後7時、私はフレディ・リム(林昶佐、リー・チャンズオ)の選挙事務所を訪れていた。台湾のメタルバンド「ソニック」のボーカリストから政治家へと転身した「素人政治家」の選挙事務所は「台湾で一番ボロい」(本人談)。小さなコンビニ程度の広さしかないが、その前に数百人もの人々がつめかけていた。

 この日は総統選、立法委員選の投票日だ。午後4時に投票が締め切られた後、ただちに開票が始まった。開票から3時間、すでに野党・民進党の圧勝が決まり、台湾初の女性総統誕生が報じられていた。

 だがフレディの選挙区・台北第6区ではなお激戦が続いていた。彼が所属する、結党1年の新興政党「時代力量」は民進党と選挙協力を組んでおり、追い風を受ける立場にある。ただし相手は連続4回当選のベテラン、与党・国民党の林郁方委員。資金力と組織力では負けている。開票から3時間、フレディは優勢だったが、その差は数百票という僅差だ。

 固唾を飲んで選挙速報を見つめる人々に話を聞いた。

「フレディはひまわり学生運動にかかわっていたんですが、私の職場はちょうど立法院の側だったんです。運動の熱気に感じるところがあって支持することを決めました」
「既存の政治家は腐っています。既得権益ばっかり。なにかを変えなければならない。そんな時、フレディの歌を聴いて彼なら信用できると思いました」
「林郁方が何も仕事しなかったからね。別の人間を当選させなければならなかった」
「フレディはアムネスティ台湾の事務局長も務めていて、人権問題に関心を持っています。今回の公約でも死刑廃止を掲げていますが、そこに共感しました」

 集まっているのは20代から30代前半の若者が中心だが、高齢の支持者もちらほら見える。話を聞くと、前回選挙では民進党候補を支持していたが勝負にならずに完敗。だが今回は勝てるかもしれないと笑顔を見せた。

takaguchi160118-b.jpg

計画開始から13年で進捗度はわずか4%と、現立法委員の林郁方が一向に進めなかった地下鉄建設の加速を訴えるフレディ・リムの選挙ポスター(筆者撮影)

 時がたつにつれ、フレディと林郁方の票差はじりじりと開いていく。1000票、1500票、2000票......。日本と違うのは台湾のメディアは「当選確実」を報じないという点だ。候補者自らが開票状況を見て判断し、勝利を宣言する。慎重な性格なのか、なかなかその時は訪れない。

 午後9時すぎ、ついに選挙事務所前は歓声に包まれた。勝利宣言だ。支持者の前に姿を現したフレディは、「アジア初のロックミュージシャン出身の政治家が誕生しました」と宣言し、選挙区である中正区・萬華区の発展に尽力すると語っていた。

ニュース速報

ワールド

必要な医療体制できていない、国民が不安に感じている

ビジネス

焦点:日産が中国戦略を見直し、EV拡充 現地仕様車

ワールド

米上院、イエレン氏の財務長官指名を承認 議会調整で

ビジネス

寄り付きの日経平均は反落、値がさ株軟調が重し

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑事責任は?

  • 4

    ワシントンの夜空に現れた「光の柱」の意味

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 7

    ブレグジットしたら意味不明なルールから解放された件

  • 8

    選挙が民主主義を殺す──世界3大民主主義国で起きてい…

  • 9

    英変異株で致死率は65%も跳ね上がった 新局面を迎え…

  • 10

    欧州世論調査「米中対立、アメリカ支持は約2割」

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 7

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 8

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 9

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 10

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月