最新記事

香港

「中国は弱かった!」香港サッカーブームの政治的背景

格上の中国との引き分けで盛り上がったW杯予選、その陰には香港人たちの反中感情がある

2015年11月19日(木)17時42分
高口康太(ジャーナリスト、翻訳家)

訳ありサッカーブーム 中国の国歌演奏時には「香港は中国ではない(Hong Kong is not China)」や「ブーイング(Boo)」が掲げられた(11月17日) Bobby Yip-REUTERS

 今、香港でサッカーブームが起きている。

 11月17日、サッカーW杯アジア2次予選の香港代表対中国代表の一戦が行われた。香港代表のホームである香港・旺角大球場のチケットは、早々にソールドアウト。発売日前から行列を作っていた人から抗議の声が上がったほどだ。街中では各所でゲリラ的なパブリックビューイングが開催され、多くの人々がテレビに釘付けとなった。

 試合も人々の期待に応える熱い展開となった。実力的には上の中国代表が圧倒的にボールを保持し攻め立てるが、香港代表は堅いブロックを形成して必死に防戦。幾度も決定機を作られるが体を投げだしてゴールを守る。さらにカウンター攻撃をしかけ、中国代表のゴールを脅かすシーンもいくつかあった。

 中国の決定的なシュートがゴールポストに嫌われるシーンもあり、試合は0対0の引き分けで終わった。この結果、中国代表はグループ3位にとどまり、予選敗退がきわめて濃厚となった。9月に行われた中国のホームゲームでも中国と香港は0対0の引き分け。香港相手に喫した2つの引き分けが中国にとっての致命傷となった。

 グループ2位の香港も最終予選進出はきわめて厳しい状況だが、中国に勝たせなかったというだけで勝利したかのような喜びぶりだった。あるパブリックビューイング会場では試合後にクイーンの「We Are The Champions」が流され、盛り上がっていたという。

takaguchi151119-b.jpg

11月17日の中国との大事な一戦で、繁華街に設けられたパブリックビューイング会場(写真提供:香港在住者)

「Hong Kong is not China」の横断幕

 香港のサッカーブーム、この背景には何があるのか。発端は中国サッカー協会の失敗だった。アジア2次予選香港戦の告知ポスターで「どんな敵も軽視してはならない。このチームには黒い皮膚、黄色い皮膚、白い皮膚の選手が揃っている。このようなチームは警戒しなくてはならない」とのキャッチコピーをつけた。皮膚の色を取り上げるだけで問題ではあるが、それだけではない。英国植民地の歴史がある香港には中国系のみならず、さまざまな人種の市民がいる。この多様性こそが香港だという反発を招いた。

 脱中国化を唱える政治勢力、本土派がサッカーの応援に乗りだした。パブリックビューイングも多くは本土派が実施したものだという。また試合会場にも集まり、「We are Hong Kong」「Hong Kong is not China」の横断幕が掲げられた。試合後、中国代表のゴールキーパー、王大雷はSNSに香港サポーターの写真を上げ、「CNMD」(中国語でクソッタレの略語)とつぶやいている。

takaguchi151119-c.jpg

中国戦の行われた11月17日、試合会場付近で植民地旗を振る本土派(写真提供:香港在住者)

 中国との対戦はそれだけで盛り上がるとはいえ、政治的要因がさらに追い風となってサッカーブームを招いたと言えよう。対中国戦だけではなく、他の試合でも市民の関心は高い。熱気に後押しされるように、香港代表は7戦して4勝2敗1分と好結果を出している。

ニュース速報

ワールド

米、中国の南シナ海での軍事行動に反対=ボルトン大統

ビジネス

三菱UFJ、2億株・1000億円を上限に自己株を取

ビジネス

日経平均は大幅反落、一時700円超安 上海株高支え

ビジネス

ドル113円後半、円じり安 米中歩み寄りに期待

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    射精にはなぜ時間がかかるのか?

  • 3

    太陽熱を最長18年貯蔵できる、画期的な太陽熱燃料が開発される

  • 4

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓…

  • 5

    カリフォルニア史上最悪の山火事にトランプがまた失…

  • 6

    インド8歳少女のレイプ殺人で、少女への性的暴行を死…

  • 7

    メルケル時代が終わる理由は、難民・移民問題ではない

  • 8

    「キッシンジャー・習近平」会談の背後に次期米大統…

  • 9

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 10

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    射精にはなぜ時間がかかるのか?

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 5

    病院の集中治療室にいた4歳の少女を5人で集団レイプ

  • 6

    インド8歳少女のレイプ殺人で、少女への性的暴行を死…

  • 7

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあっ…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓…

  • 10

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 1

    射精にはなぜ時間がかかるのか?

  • 2

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 3

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    安倍首相はよく耐えた!

  • 9

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 10

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月