最新記事

中国社会

愛犬ブームの広がりに神経とがらす共産党

豊かになって犬を飼う人が増えているが当局は「プチブル的退廃」として規制を強化

2014年10月1日(水)16時51分
パトリック・ウィン

毛沢東もビックリ 都市部では生活の欧米化が進み、こんな光景も珍しくなくなった(上海) Aly Song-Reuters

「中国の街中をこそこそ歩き、地雷のようにふんを落とす犬たち。彼らは社会の平安と調和を乱す。中国共産党にとってペット犬は現代の脅威だ。都市部の中国人は欧米の愛玩犬に夢中になり、欧米の生活様式のがさつでばかげた物まねをしている」

 中国共産党の機関紙、人民日報に最近こんな論説が載った。中国の都市における「犬の蔓延」を嘆き、「地雷」を片付けない飼い主からは犬を取り上げるべきだと論じたものだ。

 もっともこの論説の執筆者も、ペットを飼う習慣が広がったのは中国が豊かになったからだと認めている。国連の推定では、2030年までに中国の中間層人口はアメリカの4倍になる見込みだ。車や薄型テレビが普及し、プードルなどのペット犬を飼う人も増えている。北京では飼い犬の登録が12年に100万件に達した。

 ペット批判の背景には、思想統制の強化がある。当局が目の敵にするのは「社会の調和を脅かす」主義主張だ。民主主義や個人の権利、インターネット利用の自由もブラックリストに含まれる。共産党の内部文書は、「中華民族の偉大なる復興」に対する重大な脅威として、この3つを挙げている。

 昨年夏、「9号文件」と呼ばれる党の内部文書が外部に流出した。文書は欧米思想の浸透が社会の平安を脅かし、個人の選択権や言論の自由が「浸透の突破口」になると警告している。

番犬や食用犬ならいい

 現代中国の建国の父、毛沢東が今の中国を見たら腰を抜かすだろう。毛は農民を称賛し、「小ブルジョア的個人主義」を罵倒した。今の共産党指導部は、大衆に再び毛沢東思想をたたき込もうと躍起になっているようだ。毛沢東の文化大革命時代には、犬を飼う人はエリート主義者として糾弾された。

 中国の法律では、個人の生活にもさまざまな規制がかけられる。ペットの飼育もそうだ。80年代まで北京では犬を飼うことは禁止されていた。90年代に条件付きで飼育が認められたが、犬の登録に多額の費用が掛かった。登録料が大幅に下げられたのは03年からだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:米ロが中距離兵器を再配備、中国巻き込み軍

ワールド

アングル:中国、ビザなし渡航で観光客増加 コロナ前

ワールド

ハリス氏、民主党の勝利確約 大統領選 大口献金者と

ワールド

世界的システム障害、復旧になお数日か 米政権も調査
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 5
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 6
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 7
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 8
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 6
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 7
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 8
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 9
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中