最新記事

領土問題

中国の国防専門家「第3次世界大戦に備えろ」

南シナ海と東シナ海における領有権問題が戦争にエスカレートする可能性が高いと国防大の教授が予想

2014年9月18日(木)16時00分
ミシェル・フロルクルス

くすぶる火種 フィリピンと領有権を争う南沙諸島のセカンド・トーマス礁に現われた中国の海洋監視船 Erik De Castro-Reuters

 第3次世界大戦は起こり得る──中国国防大学の教授がそう予言し、中国はそれに備えるべきだと主張している。韓旭東(ハン・シュイトン)教授は共産党機関誌人民日報系のタブロイド紙「環球時報」に寄稿した論説で、多くの国々が「新たな形態の地球規模の戦争の時代」に突入しつつあると論じた。

 これまで紛争の対象にならなかった宇宙とサイバースペース及び海洋の領有権をめぐって、各国がしのぎを削る状況になっていると、韓は論じている。こうした紛争には「未曾有の数の国々が絡んでいる」という。

 いま揉めている海洋の領有権問題は最終的には世界大戦にエスカレートすると、韓は指摘する。「世界中の海域における領有権問題を見ると、北極海、太平洋、インド洋における覇権争いが最も熾烈だ。海洋権をめぐって第3次世界大戦が起きる可能性は大いにある」

 中国は目下、海洋の領有権問題で複数の国々と揉めている。特に南シナ海では、中国が領有権を主張する海域に対して、ベトナム、フィリピン、ブルネイ、台湾、マレーシアもぞれぞれ領有権を主張している。東シナ海では、中国は周辺に豊富な資源が眠る尖閣諸島(中国名・釣魚島)を固有の領土と主張。一方、日本はこの島々が自国の領海内にあるとしている。

 尖閣諸島などで軍事的プレゼンスを高め、政治的レトリックをもてあそぶなど、このところ中国は強硬姿勢を強める一方だ。そうした姿勢を見て、中国は海洋上の覇権拡大のためには軍事力の行使も辞さないだろうと、一部のオブザーバーは予測している。

「海洋での権益争いの激化に伴い、中国は領土権の防衛から領海権の防衛へと重点をシフトして、軍備拡大を進めるべき状況になっている」と、韓は訴える。さらに、アジア太平洋地域へと軸足を移しつつあるアメリカをはじめ、軍事大国が中国を「守勢に追いやる」可能性があるとして、それを防ぐために「強大な軍事力」が必要だとも述べている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:欧州で相次ぐ名画襲撃、美術品保険料上昇の

ビジネス

日産と仏ルノー、7日の発表見送り、交渉で合意に至ら

ワールド

G7と豪、ロシア産石油上限60ドルで合意 EUも参

ワールド

中国、北京や深センなどでコロナ規制緩和 

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見せた神対応」

  • 4

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 5

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 8

    息子たちは「もうやめて」と懇願...それでもブリトニ…

  • 9

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 10

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 5

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 10

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月