最新記事

ワールドカップ

ブラジル人はこの屈辱を忘れない

W杯準決勝でドイツに叩きのめされたサッカー王国の絶望

2014年7月10日(木)14時47分
アルベルト・リバ

ミネイロンの悲劇 涙を流すブラジルサポーター Ueslei Marcelino-Reuters

 ワールドカップ(W杯)準決勝における7-1というスコアは、現代サッカーの常識からいってあり得ない数字だ。しかも屈辱的な敗退を喫したのは、W杯史上最多となる5回の優勝経験をもつブラジル。そんなあり得ない事態が、7月8日(現地時間)の対ドイツ戦で現実になった。

 6分間に立て続けに4点を奪われ、前半を終えた時点で5-0という展開に、ブラジルメディアは怒り狂った。有力紙フォーリャ・デ・サンパウロの電子版はハーフタイムに、「ドイツが5点、ブラジルを大虐殺」と題した記事を掲載。「ブラジルの恥」という見出しを掲げた日刊紙もある。

 国民の失望は計り知れない。試合終了後には各地で略奪や小競り合いが発生し、サンパウロではバス20台が放火される騒ぎも起きた。

 ブラジル代表チームの選手たちには今後、想像を絶するような厳しい非難の嵐が浴びせられるだろう。自国開催のW杯の大舞台で完膚なきまでに打ちのめされたことで、サッカー王国のプライドはズタズタに傷つけられている。

 ブラジル代表チームは、同じく自国開催だった1950年のW杯での「マラカナンの悲劇」を乗り越えるという大きな使命を背負って、今大会を戦っていた。当時、リオデジャネイロのマラカナン・スタジアムで行われた決勝でブラジルはウルグアイに逆転負けを喫し、W杯優勝を逃したのだ。あのときの悲しみを、ブラジル国民は今も忘れていない。

 だが今回の歴史的大敗に比べれば、マラカナンの悲劇など取るに足らないものに思える。1試合で7失点したこと、それが準決勝だったこと、満員のサポーターで埋め尽くされたホームゲームだったこと──すべてが悪夢だった。

 この歴史的大敗にはすでに、スタジアム名を冠した「ミネイロンの悲劇」という不名誉な名前が付けられている。

 ブラジルの代表的なニュース週刊誌ベジャは、涙を流すサポーターの写真の脇に「矢継ぎ早にゴールを決められて」という説明文を付けた。今までは、ブラジルと対戦した相手チームを描写するときに使われる決まり文句だったのだが......。

ニュース速報

ワールド

アングル:ミャンマー製衣料品、コロナとクーデターで

ビジネス

アングル:米金融業界、富裕層増税ならニューヨーク離

ワールド

米最高裁判事の増員検討へ、バイデン氏が大統領令で委

ワールド

中国、アリババに27.5億ドルの罰金 独禁法違反で

MAGAZINE

特集:岐路のビットコイン

2021年4月13日号(4/ 6発売)

大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

人気ランキング

  • 1

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 2

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 いきなり考えても決してうまくいかない理由

  • 3

    「日本のお金で人殺しをさせないで!」ミャンマー国軍支援があぶり出した「平和国家」の血の匂い

  • 4

    ハリー&メーガンは? 黒い服にタイツ...フィリップ殿…

  • 5

    今年のアカデミー賞候補はハズレなし! 一方で過去…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    メーガン妃のまことしやかな被害者談に惑わされるな

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    「よい誤解」だから許される? 日本の「ハーフ観」…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 3

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 4

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 5

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 6

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス…

  • 7

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    親指の爪ほどの貝がインフラを破壊する 侵略的外来…

  • 8

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 9

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 10

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月