最新記事

イスラム教

パキスタン反米デモの意外な原動力

イスラム冒涜映画に対する抗議デモが拡大している背景には、反米とは無関係な要因も

2012年9月24日(月)16時50分
スザンナ・コスター

怒りの矛先 反米スローガンを叫びながら星条旗を燃やすデモ隊(9月20日、東部ラホール) Khuram Parvez-Reuters

 ムハンマドを揶揄する内容のアメリカ映画とフランス週刊誌の風刺画掲載に対する抗議デモが、イスラム諸国へ飛び火している。

 パキスタンでも反米感情が高まりを見せ、21日には各地で抗議デモが拡大。少なくとも15人以上が死亡、負傷者は数百人に達した。

 パキスタン政府はイスラム教の礼拝日にあたる金曜日の9月21日を、預言者ムハンマドをたたえる祝日にすると宣言したばかりだった。しかし結果的には、国民が血を流し治安を悪化させる事態となった。祝日で仕事も学校も休みになったことでデモ参加者が増え、暴徒化したとみる向きもある。

 イスラム教徒の欧米に対する怒りは本物だろう。しかし現地では、抗議デモの動機はそれだけではないとみる人もいる。年内に前倒しで実施される総選挙や、低迷する国内経済への不満も関係しているという。

「選挙を控えた年というのは、どの政党も有権者を引き付ける争点を探すものだ。今は、あらゆるものが政治に引っ張り出されている」と、パキスタンのニュースチャンネル「エクスプレスニュース」のタラット・フセインは言う。「その一方で、普段は活動を禁止されている宗教団体が、騒ぎに乗じて自分たちの存在をアピールしようとしている」

 確かにデモ参加者が手に持っているのは、政治団体や宗教団体の旗ばかり。活動を禁止されているイスラム教スンニ派の武装グループ、シパ・イ・サハバ・パキスタン(SSP)の旗を掲げている人がいたかと思えば、首都イスラマバードでは政治家に転身した元クリケット選手のイムラン・カーンが演説を行い、人々を熱狂させていた。

オバマの釈明メッセージが無意味な理由

 パキスタン政府は、常に穏健派よりも宗教右派を優遇してきたとみる向きもある。「宗教右派はデモの機会を得ることで自分たちの存在感を示すことができる。抗議デモを乗っ取って利用している」と、イスラマバードにあるパキスタン平和研究所のムハマド・アミール・ラナ所長は言う。

 フセインに言わせれば、国民の間に蔓延する政府への不満やいら立ちもデモ拡大の要因だ。「国内には失業者があふれている」と、彼は言う。「政府は何の成果も上げていない。仕事のない若者、日々の生活に苦しむ人々は、デモを自分たちの不満を表す機会と捉えている」

 アメリカ政府は事態の鎮静化を図るため、パキスタンのテレビやソーシャルメディアを介した広告にヒラリー・クリントン国務長官やバラク・オバマ大統領を登場させ、ムハンマドを侮辱した映画の「内容とメッセージ」を批判するのに躍起になっている。しかし今のところ、大した効果は上がっていないようだ。反米デモが国内問題の「はけ口」になっているのなら当然だろう。

GlobalPost.com特約

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日鉄、ポンペオ氏をアドバイザーに トランプ前政権閣

ワールド

〔情報BOX〕米民主34議員、バイデン大統領に撤退

ワールド

世界的システム障害、航空便や医療など影響多岐に 脆

ワールド

日米の防空ミサイル増産協力、ボーイングの部品供給が
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 6
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 7
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 8
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中