最新記事

アメリカ社会

パッキャオを吊し上げたメディアの暴走

フィリピンの国会議員で世界的ボクサーのパッキャオは本当に「同性愛者は処刑されるべき」と言ったのか

2012年5月17日(木)16時23分
パトリック・ウィン

セレブ ロサンゼルスに住まいを持ち常に注目されるパッキャオ Danny Moloshok-Reuters

 ボクシング界の世界的大スターでフィリピンの国会議員でもあるマニー・パッキャオが、同性愛者は処刑されるべきだと考えていると、USAトゥデー紙やLAウィークリー紙やオンラインメディアのデイリー・コスといった定評あるアメリカのメディアの多くが報じている。

 その話の出元は? 「全米保守イグザミナー紙」が掲載したインタビュー記事の中で、パッキャオ自身がそう語っているという。LAウィークリー紙は、問題のインタビュー記事を引用しながら、パッキャオがイベントのために訪れる予定だったロサンゼルスのショッピングモールを出入り禁止になるとか、「パッキャオを殴りつけることができるゲイ10人」というウェブ記事などを嬉々として紹介した。

 ただナイキがスポンサーに付くパッキャオが、すべての同性愛者に消えてほしいと考えている、という話をジャーナリストが鵜呑みにするのはいかがなものか。その理由はいくつかある。

 最も大事なのは、「全米保守イグザミナー紙」という新聞が存在しないということだ。

 パッキャオのインタビューはイグザミナー・コムというサイトに掲載された。このサイトは「自発的で独立した寄稿者」が猫の飼育やクッキーのレシピ、政治などについてのポストを掲載している。

 さらに世界有数のセレブであるパッキャオとのインタビューに成功した「フリー記者」の名前は、グランビル・アンボング。アンボングは、「マハリカン・タイムスやフィルボクシング・コムで信頼される主力ライター」だという。フィルボクシング・コムは実際に存在するが、マハリカン・タイムスは、「全米保守イグザミナー紙」と同様に存在していないようだ。

 さらに酷いのは、同性愛者に死を、と語ったとされるパッキャオの発言の引用も、でっちあげだということ。

 USAトゥデー紙によれば、パッキャオが同性愛者は「処刑されなければならない」という旧約聖書のレビ記の一節を引き合いに出したことになっている。だがこの一節に言及したのはパッキャオではなく、インタビュー記事を書いたアンボング自身だった。アンボングが補足記事にそう書いているのだ。

スポンサーへの圧力も

 パッキャオは、フィリピン人の多くと同じ敬虔なカトリック信者だと主張している。主張はかなり保守的で、昨年はコンドームは罪深いとも発言している。

 パッキャオが議員だけでなくフィリピン軍の陸軍中佐などの要職に就く立場であることを考えれば、その言動が逐一厳しくチェックされるのは当然だが、勇み足のジャーナリストや、ウラを取らずにデマを広げるネットメディアも糾弾されるべきだ。

 オンラインメディアのサロンによれば、でっち上げられたパッキャオの発言はあっと言う間に拡散され、ツイッターは炎上し、騒動は雪だるま式に大きくなった。「社会運動SNSのチェンジ・オルグはパッキャオのスポンサーのナイキに対し、同性愛差別のボクサーと縁を切るよう要求する嘆願書を掲載した。

 パッキャオは公に反論。その中で「あの発言は嘘だ。私は同性愛に反対してはいない。親族にも同性愛者がいる。そう生れた以上しょうがないことだ。私が非難するのは神の言葉に違反することだ。同性間の結婚は神の決まりに反することだという意見を述べただけだ」

GlobalPost.com特約

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:スペインで住宅不足深刻、観光ブームも追い

ワールド

焦点:「奇跡」と希望:インド転倒事故で浮き彫りにな

ワールド

北朝鮮、NATO首脳会談での宣言を「最も強く非難」

ワールド

バイデン大統領夫人、パリ五輪開会式に出席へ=ホワイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 4
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 5
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 6
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 7
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」…
  • 8
    アップルが中国から手を引く理由...iPhone製造の中心…
  • 9
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
  • 10
    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 4
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 5
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 6
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 7
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 8
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 9
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 10
    ウクライナ「水上ドローン」が、ロシア黒海艦隊の「…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 5
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 6
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 7
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 8
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 9
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 10
    ウクライナ戦闘機、ロシア防空システムを「無効化」.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中