最新記事

軍事

ドイツ製戦車を買うサウジの物騒な思惑

民主化デモの鎮圧より街を破壊するのにふさわしい世界最高の地上兵器「レオパルト2」を買う狙いは何か

2011年8月17日(水)16時22分
マイケル・モラン

人権団体は騒然 サウジへの戦車売却を計画する独メルケル政権に抗議する市民(ベルリン、7月6日) Bob Strong-Reuters

 1943年、ナチス・ドイツのエルビン・ロンメル将軍率いる戦車部隊は、ヒトラーが喉から手が出るほど欲したアラブの油田に到達する前に力尽きた。そして今、再びドイツのメルケル首相がこの地にドイツの戦車を送り込もうとしている。だが今回、それを操縦するのはサウジアラビア兵だ。

 先日、ドイツ政府は主力戦車レオパルト2を200台、サウジアラビアに売却することを承認。ドイツ国内はもとより、世界中から非難を浴びた。サウジアラビアは3月に隣国バーレーンの民主化運動を軍事力で抑え込んだばかり。人権擁護団体はこの68トンの巨大戦車を国内の民主化デモ鎮圧に使用するのではないかと懸念している。

 人権を弾圧する国に戦車を販売するモラルよりも、さらに懸念を呼んでいるのが、世界最高の地上兵器とも言われるドイツ製戦車が、イスラエルの存在を認めないアラブの国に売却されるという事実だ。

 25億ドル相当の購入品目と中東各国の慎重な反応をみれば、サウジアラビアの目的が国内の暴動鎮圧だけでないことはおのずと分かる。レオパルト2の火力はデモ隊を鎮圧するより街を破壊するのに向いている。

 サウジアラビアが想定しているのは、イランの脅威だ。イランの戦車部隊は大規模で戦闘経験豊富。サウジアラビアは90年代にアメリカから購入したエイブラムス戦車を5年前に26億ドル掛けて改良した。イランの戦車は性能的に劣るロシア製や中国製などを採用しているものの、戦車部隊の規模はサウジアラビアの2倍近い。

 サウジアラビアがドイツの戦車を国内の弾圧に使用するのではないかということばかり懸念していると見落としてしまうことがある。それはサウジアラビアがこの取引に込めたアメリカへのメッセージだ。

 9.11同時多発テロ以降、既に悪化していた両国の関係は、今年起きた「アラブの春」以降、さらに冷え込んだ。アメリカ政府が昨冬、エジプトのムバラク大統領を見限ったことに憤るサウジアラビア国民は、国内で同様の事態が起きれば自分たちもアメリカから見捨てられるだろうと考えている。

 昨年、サウジアラビアはロシアに150台の戦車を注文した。今回さらにドイツから戦車を購入することで、アメリカを牽制しているのは間違いない。

GlobalPost.com特約

[2011年7月27日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:スペインで住宅不足深刻、観光ブームも追い

ワールド

焦点:「奇跡」と希望:インド転倒事故で浮き彫りにな

ワールド

北朝鮮、NATO首脳会談での宣言を「最も強く非難」

ワールド

バイデン大統領夫人、パリ五輪開会式に出席へ=ホワイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 4
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 5
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 6
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 7
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」…
  • 8
    アップルが中国から手を引く理由...iPhone製造の中心…
  • 9
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
  • 10
    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 4
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 5
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 6
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 7
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 8
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 9
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 10
    ウクライナ「水上ドローン」が、ロシア黒海艦隊の「…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 5
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 6
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 7
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 8
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 9
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 10
    ウクライナ戦闘機、ロシア防空システムを「無効化」.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中