最新記事

軍事

「タカ派」国家に転じたフランスの思惑

チュニジアとエジプトの革命は傍観していたサルコジが、一転してリビアとコートジボワールへの軍事行動に率先して乗り出したのはなぜか

2011年4月14日(木)16時58分
ミルドレッド・シャーフィルズ

世界の警察? コートジボワールのバグボ元大統領の支持勢力を攻撃するフランス軍(4月11日) Luc Gnago-Reuters

 この数カ月の間にアラブ諸国で変革の波が広がるなか、欧州でもある変化が起きている。フランスが軍事的に強硬な姿勢を強めているのだ。

 フランスと言えば、03年に米政界のタカ派に嘲笑されながらもイラク戦争に反対した国。なのに今では多国籍軍や国連平和維持活動(PKO)部隊と共に、リビアとコートジボワールに対する軍事行動を率先して進めている。

 コートジボワールでは先週、11月の大統領選で敗北した後も大統領職に居座っていたローラン・バグボが、フランス軍によるヘリ攻撃の最中に拘束された。4月12日にはアラン・ジュペ仏外相が、リビアの反政府軍を守るためにNATO(北大西洋条約機構)はさらなる空爆を行うべきだと訴えた。

 今年初めに比べると大変な変わりようだ。チュニジアとエジプトで革命が起きた頃には、フランスは傍観者を決め込んでいた。

「フランスは弱々しい負け犬だという見方は、誇張されているし間違っている」と、米誌ワールド・ポリティクス・レビューのジュダ・グランスタイン編集長は言う。「サルコジは、フランスが果たす世界のリーダー的役割に限界があるなどというアメリカの見方には同調しない」

コートジボワール空爆は資源が目当て?

 サルコジは07年に大統領に就任して以来、世界におけるフランスの存在感を保つために力を注いできた。フランスの国防戦略を見直すよう命じ、09年にはシャルル・ドゴール元大統領が66年に脱退したNATOの軍司令部に復帰することを決めた。

 サルコジはフランスが指導力を発揮できるチャンスを見つけると、積極的に手を出してきた。オバマ米大統領がリビアへの軍事介入をためらった時も、まさに絶好のチャンスだった。

 グランスタインによると、イラク戦争をめぐって仏米関係がぎくしゃくするなか、NATO軍司令部に復帰することでサルコジはアメリカとの友好関係を改めることができた。リビアやコートジボワールへの軍事介入を果たすことができたのも、軍司令部復帰によって軍事的な影響力が強まったからだ。

 国連との協力の下、フランスがコートジボワールで行った空爆がバグボの拘束につながったことについては、「ある時点で誰かがやらなければならなかった」とグルスタインは語る。「サルコジには政治的な影響力をかぎつける鼻がある。彼は世界にリーダーの存在が欠けていた時にそれを埋めてみせた」

 バグボ拘束によって、行き詰っていたコートジボワールの騒乱は終局を迎えた。しかしパリを拠点に活動するバグボの支持者で広報担当者のアラン・トゥーサンは、フランスがやったことは本質的にはクーデターだと批判する。西アフリカ諸国の資源を手に入れるためにバグボを追放し、アラサン・ワタラ元首相を大統領職に就けたというのだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

再送-バイデン氏、会談で「的を射た質問」 米軍トッ

ワールド

アングル:米ロが中距離兵器を再配備、中国巻き込み軍

ワールド

アングル:中国、ビザなし渡航で観光客増加 コロナ前

ワールド

ハリス氏、民主党の勝利確約 大統領選 大口献金者と
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 5
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 6
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 7
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 8
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 6
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 7
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 8
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 9
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中