最新記事

教育

中国式スパルタ育児は経済をダメにする

アメリカでは実践本が話題だが、当の中国では詰め込み教育による使えない大卒の量産が問題になっている

2011年3月4日(金)14時53分
メリンダ・リウ(北京支局長)

やり過ぎ? 家の中でも外でも「独裁教育」では、ビル・ゲイツは生まれない(北京の幼稚園) Jason Lee-Reuters

 エール大学のエイミー・チュア教授が、スパルタ的とも言える自らの「中国式育児」について書いた『戦う母トラへの賛歌』が発売されるや、その是非をめぐりアメリカでは議論が沸騰。中国にも議論は飛び火しているが、本場の「中国人の母」たちの反応は意外なものだ。

 北京に住む公務員の女性(39)には8歳の双子の息子がいる。「私はチュアみたいにはならない」と彼女は言う。「圧力はかけたくない。2人には自分で選んだ趣味を持ってほしいし、自分で能力を伸ばしていってほしい。子供の代わりに私が判断を下そうとは思わない」

 2人の息子は絵を描くことや囲碁が大好き。彼女も2人の「好き」という気持ちは本物だと思っている。本人たちがやりたいと言って始めたことだからだ。

 意外なのはそれだけではない。息子たちは私立のインターナショナルスクールに通い、比較的のんびりした雰囲気の中で英語と中国語の両方を学んでいる。それは彼女が旧来型の中国式教育法では不十分だと感じ、「中国式と欧米式の両方を取り入れようと努めている」からだ。

 何時間もピアノを練習させたり、たくさんの禁止事項を設けたり──チュアの言う厳しい中国式子育ては、確かに中国国内ではなじみ深いものだ。最近インターネット上で行われた調査によれば、中国のネットユーザーの過半数が「小さい頃から何かにつけて母親から『おまえはみんなより劣っている』と言われてきた」と答えている。

 昨年12月にOECD(経済協力開発機構)が発表した国際学習到達度調査(PISA)では、対象となった65カ国・地域のうち、上海が読解力、数学、科学の全3分野で1位となった。それに続いて韓国、香港、シンガポールも上位になり、ニューヨーク・タイムズ紙は儒教の大勝利だと書いた。「中国などのアジア諸国で教育がうまくいっているのは教育が最重要課題とされているからだ。ここから学ぶべき点は多い」

使い物にならない優等生

 だが「中国式」で成績のいい子が育つとしても、そうした優等生たちが本当に想像力に富んだ人材となり、活発な経済やより良い社会をもたらすことができるのか? 中国の現状に限って言えば、答えはノーだ。

 中国では今、学歴に見合った職を見つけられない大卒者の大量発生が大きな問題となっている。中国の高等教育は高給取りになる夢だけは一人前、でもまるで使い物にならない卒業生を量産している。中国に進出した多国籍企業の関係者に言わせれば、オフィスで働くということがまるで分かっていない新卒者も多い。

 中国では10〜20年前と比べて高等教育(特に教員)の質が落ちたと言われている。「昔のようにいい先生がいないのが残念」と、高校生の娘を持つ40代の女性は言う。彼女はさらに嘆く。「勉強への重圧がひどい。休日もなし。日曜に半日休めればいいところよ。宿題が多過ぎて子供たちが燃え尽きてしまいそう」。この悩みは中国人の母たちに共通するものだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏、演説で民主党あざける 暗殺未遂後には習

ワールド

イスラエル軍、イエメンのフーシ派拠点空爆 テルアビ

ビジネス

決算本格化へ、23日はテスラとアルファベット=今週

ワールド

アングル:気候変動と農地拡大、アマゾン地域に迫る「
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開
  • 3
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 8
    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…
  • 9
    世界で最も美しいAIが決定...初代「ミスAI」はモロッ…
  • 10
    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中