最新記事

ヘルス

外で遊ぶ時間が長い子どもは近視になりにくい? その理由は

2018年6月22日(金)14時30分
有元えり

太陽の下で遊ぶことが近視を防ぐ対策に? Choreograph-iStock

<最近の子どもはどうして近視に陥りやすいのか。答えは、外遊びの時間に関連することが、最新の学説から浮かび上がってきた>

近年、小学生の3人にひとりは視力が1.0以下だと言われている近視国家の日本。特に都市部では、低学年から眼鏡が必要になってくるケースが明らかに増えている。現代病とも言える子どもの近視を少しでも良くするために、「視力矯正」と名のつくものをあれこれと試す親も少なくない。しかし概して、いったん悪くなった視力を回復させるのは難しい。

もちろん、親の遺伝的要素も近視を進める要因にはなるだろう。しかし、我が子を近視にさせないために、親としてできることは何なのか。そもそも、最近の子どもはどうして小さいうちから近視に陥りやすいのか──。その答えは、外遊びの時間に関連することが、最新の学説から浮かび上がってきた。

外で長時間過ごさないと、「バイオレットライト」が不足する

「あなたのこども、そのままだと近視になります」(ディスカヴァー・トゥエンティワン刊)等の著書がある、慶應義塾大学医学部眼科学教室の坪田一男教授とその近視研究チームは、世界各国で報告されている「外で遊ぶ時間が長い子どもに近視が少ない」という研究データに着目。

太陽光の何が影響しているのか? という考察と同時に、強度近視を矯正する眼内レンズの治療からヒントを得て、「バイオレットライト(紫光)」が近視の進行と抑制に関与しているのではないかという仮説を立てた。その後、実験を重ね、5年間の研究の後、近視の進行と抑制に「バイオレットライト」が大きく影響していることを突き止めた

「バイオレットライト」とは、可視光の中で最も波長が短く紫外線に近い紫色の光である。紫外線は、皮膚や目の老化の要因になることが広く知られているが、紫外線により体内でビタミンDが生成され、免疫力向上や骨を丈夫にする、うつの発症を減らすなど、健康にとって必要な光であることが近年話題となっている。その紫外線に最も近い可視光の「バイオレットライト」が、どのように近視と関係しているのか?

近視は、子どもの成長過程で目が大きくなるときに、眼軸長(目の奥行きの長さ)が正常な位置で止まらずにさらに伸びてしまうことが原因であるが、坪田教授らの研究によれば、「バイオレットライト」は眼軸長が伸びるのを抑制する働きをすると報告している。近年の子どもたちは、外遊びの時間が少なくなり、「バイオレットライト」が不足している、というのである。

つまり、なるべく長時間を外で過ごして「バイオレットライト」を浴びることこそが、近視を防ぐ対策になるわけだ。ライフスタイルの変容により、ゲームなどインドア系の遊びが増えて、外遊びの機会を失っている現代っ子がことごとく近視になるのは、ある種必然だったのだ。

ニュース速報

ワールド

英EU離脱交渉「行き詰まる」、メイ首相が発言 ポン

ビジネス

焦点:米が日本の自動車輸出削減・現地生産拡大を非公

ワールド

米政府、中国軍の兵器管理部門を制裁対象に 対ロ制裁

ビジネス

インタビュー:米自動車関税や数量規制が最大の課題=

MAGAZINE

特集:リーマンショック10年 危機がまた来る

2018-9・25号(9/19発売)

貿易戦争、新興国の通貨急落、緩和バブル崩壊...... 世界経済を直撃した未曽有の危機が再び人類を襲う日

人気ランキング

  • 1

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 2

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で分かった「死」

  • 3

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 4

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 5

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 6

    整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミング…

  • 7

    どの抗生物質も効かない......「スーパーバグ」が世…

  • 8

    被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

  • 9

    『アンネの日記』から明かされた「下ネタ」でアンネ…

  • 10

    沈みゆく船を見切ったアリババ会長ジャック・マーが…

  • 1

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 2

    危険な熱帯低気圧、世界で9個同時発生:洋上に並ぶ姿をとらえた衛星写真

  • 3

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 4

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 5

    整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミング…

  • 6

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    『アンネの日記』から明かされた「下ネタ」でアンネ…

  • 9

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 10

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    絶対に手を出さないで――死に追い込むゲーム『モモ自殺チャレンジ』が無料サイトに登場し不安広まる

  • 3

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9億ドル

  • 4

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 5

    性拷問、昏睡死......北朝鮮・外国人拘束のあこぎな…

  • 6

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチ…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    良かれと思ったレイプ防止策、逆に女性への攻撃性を…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月