最新記事

教育

進化論を小学校で教えない愚

Nature's Little Scientists

『種の起源』の出版から150年。自然科学の基礎であるダーウィンの進化論を学校教育から排除するのはもうやめよう

2009年11月26日(木)17時20分
メアリー・カーマイケル

150年前の今週、チャールズ・ダーウィンは『種の起源』を出版したが、彼が長らく出版をためらっていたのは有名な話。人々の宗教的信念を傷つけるのを恐れて、新説の発表を20年間も躊躇していたのだ。

 もっともダーウィンは、大人の心を傷つけかねない科学を自分の子供たちから遠ざけようとはしなかった。代わりに、彼は子供たちを実験に積極的に参加させた。

 赤ん坊のころには、彼らの顔を人類学者のように熱心に観察し、著書『人間及び動物の表情』を執筆。成長してからは、人工授粉の研究のため、「蜂に小麦粉を振りかけて追いかけ回す」という課題を子供たちに与えた。子供の好奇心を伸ばしつつ、自身の研究にも役立つというわけだ。

 子を持つ親なら誰でも、「子供は優秀なアマチュア科学者だ」というダーウィンの考え方に同意するはずだ。「3〜6歳あたりの子供は『あれは何? どこから来たの?』といつも聞いている」と、スワースモア大学(ペンシルベニア州)の進化生物学者で2児の父親でもあるコリン・パーリントンは言う。

「子供には難し過ぎる」は本当か

 多くの親や教師は、世の中という実験室で子供を自由に遊ばせたダーウィンではなく、進化論の発表をためらったダーウィンのように振舞っている。彼らはなぜ、自然淘汰について科学的でストレートな答えを子供に教えたがらないのか。

「あれは何?」「鳥だよ」「どこから来たの?」

 この質問に対する正確かつ興味をそそる答えは、「何百万年も昔に環境の変化にうまく適応できた恐竜から進化してきたんだよ」だ。だが、多くの学校で子供たちに与えられるのは「空から来たんだよ」の一言だけ。

「進化論を高校で教われればいいのに、と多くの人が思っていると思う。中学校で教えると、怒った親が乗り込んでくるからね」と、パーリントンは言う。「小学校(で進化論を教えること)の一線を越えようとする人はほとんどいない」

 宗教的な理由で抵抗感があるわけではない親や教師でさえ、幼い子供に進化論を教えることにためらいを感じるケースは多い。基礎を学んでいる段階の子供に説明するには、進化論は複雑すぎるというのだ。

「教師は進化論を教えるのを非常に難しいと感じている」と、パーリントンは言う。「生物学の学位をもっていないと間違いを教えてしまうと恐れている」

 だが、科学はすべて複雑なもの。それをわかりやすく教えるのが教師の仕事だ。科学のほぼすべての根底に流れる生命科学の大原則を語らなければ、科学をわかりやすく教えるのは一段と難しくなる。

 進化論の複雑さそのもの以上に大きなネックは、進化論が単なる複雑な理論以上のものだという点にある。進化論は残忍なのだ。

「かわいらしい理論ではない」と、教育系シンクタンク「コンコード・コンソーシアム」の科学者ポール・ホルウィッツは言う。「進化のために無数の生命体が死ぬという理論だ」。読者の繊細な心理を心配していたダーウィンと同じく、多くの親たちも「環境に最も適応した者だけが生き残る」という考え方が子供にはそぐわないと懸念している。

 子供時代から進化論を教えるべきだと主張する人々に言わせれば、そうした反対理由にはまったく根拠がない。子供は学校や遊び場で友達と競い合い、自宅できょうだいと張り合うもの。世間から隔絶された環境で甘やかされて育った子供でもないかぎり、日常生活で競争やそれがもたらす利益をすでに経験している。

ニュース速報

ワールド

米上院外交委員会、 ポンペオ氏の国務長官指名を承認

ワールド

金正恩氏が中国大使館訪問、中国人死亡のバス事故受け

ワールド

北朝鮮のバス事故で中国人32人が死亡=中国外務省

ビジネス

ドル指数が4カ月ぶり高水準、米国債利回り上昇受け=

MAGAZINE

特集:テロ時代の海外旅行

2018-5・ 1号(4/24発売)

人気観光地でテロが起き、行き先選びに悩む時代── 「ゼロリスク」を求め過ぎる日本人のための海外旅行ガイド

人気ランキング

  • 1

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 2

    中国市場依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    ホルマリンを点滴された女性、死ぬ──遺体の防腐処理…

  • 5

    キャサリン妃第3子懐妊で、英王位継承順位はこう変わ…

  • 6

    インド8歳少女のレイプ殺人で、少女への性的暴行を死…

  • 7

    コンドームなんてもういらない!? 理想の男性用ピル…

  • 8

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 9

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 10

    韓国で後を絶たないパワハラ事件 SNSでさらに表面化

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 5

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 6

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 10

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 5

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 6

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 7

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 8

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 9

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 10

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月