最新記事

法からのぞく日本社会

もしも作曲家がAIをゴーストライターに使ったら、著作権はどうなる?

2017年12月26日(火)12時06分
長嶺超輝(ライター)

Menno van Dijk-iStock.

<人工知能(AI)を使って作曲したら、その音楽は誰のものになるのか。そしてAI作曲はどんなリスクとチャンスを生むのか>

ネットやTV、新聞などで「人工知能(AI)」という言葉がやたらと飛び交っている。将棋や囲碁の世界では、既に人間が勝てなくなっており、むしろAIが新たな定石を切り拓こうとしているそうだ。

また、「星新一風の自動執筆小説が、文学賞の一次審査を通過した」「ゴッホやレンブラントの作風を自動的に学習して、新たなゴッホ風やレンブラント風の『新作』を描いた」などといったニュースも続々と入ってきている。人間にしかできない固有の営みだと考えられていた創作活動でも、AIが淡々とこなし、いずれ人間を凌駕しかねない......との話題に事欠かない。

その一例に、「オルフェウス(Orpheus)」という自動作曲システムがある。AIを使った作曲システムで、人間が聴いて心地いい音楽の、楽譜と音源を、わずか45秒ほどでこしらえてしまう。

現時点では主旋律などの制作で人間のサポートが必要だが、近い将来、人間の手を借りずに、一瞬で何万曲もの音楽をAIが作ってしまうに違いない。

AIの作品に著作権は認められない?

では、ある作曲家が、AIが自動的に作った素晴らしい音楽を「自作宣言」して、しれっと販売した場合、法律的にはどうなるのだろうか。

著作権の問題はどうだろうか。この"クズ作曲家"は、いわばAIを「ゴーストライター」扱いしているのである。だが、著作権法2条1項1号は、著作物について「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう」と定義している。

著作権法の解説書などには、「人の思想や感情を......」との補足説明がなされていることも多いが、少なくとも著作権の条文では「人」だと限定されていない。

では、人ではないAIに「思想」や「感情」の存在を認めることができるだろうか? これはさすがに厳しそうだ。ロボットなどが感情などを持って会話しているように見えることもあるが、それはそう見えるように人間が設計したのである。

人間の脳も微弱な電気信号で動いているらしい。それなら電子回路と変わらないじゃないか......と、言われてしまえば身もフタもないのだが、思想や感情は、それぞれの人間にもともと備わっていて、それぞれの人間で微妙に異なる個性や本能にも基づくと考えられる。AIが芸術作品のビッグデータを解析して、別の二次的作品を出力するとき、果たしてそこに、そのAIに固有の「思想」や「感情」は存在するだろうか。

徹底的に突き詰めたなら、哲学的な問題になってしまいそうだが、法律の解釈はとりあえず一般常識で考える。現時点のAIは、自らの「思想」「感情」に基づいて作品を作っているわけではないと言っていい。

つまり、AIの作品に著作権は認められない。そして、存在しない著作権を侵害することもできない。よって、"クズ作曲家"の発表した音楽が、実はAIの作ったものだったと判明した場合、その音楽は「誰のものでもない」ということになる。

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かったこと

  • 2

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 3

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 4

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 5

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 6

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 7

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 8

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 9

    ポモドーロ・テクニック:世界が実践する時間管理術…

  • 10

    巨額負債から回復するも高くついたゴーン流経営 日…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 8

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 9

    金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 9

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 10

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月