最新記事
SDGsパートナー

アート×エシカル SL CreationsがAny O'clockで提案する「課題解決の美味しい方法」

2023年11月9日(木)14時42分
ニューズウィーク日本版編集部SDGs室 ブランドストーリー
Any O’clock SDGsアワード

ものづくりの起点から食品ロスを考えた栄養価の高い商品作りへのこだわり。

<食べて、気づき、解決へ! 捨てられる食材を再活用した新たなおやつ体験>

世界を変えるには、ニュースになるような大規模なプロジェクトや製品だけでは不十分。日本企業のたとえ小さなSDGsであっても、それが広く伝われば、共感を生み、新たなアイデアにつながり、社会課題の解決に近づいていく──。この考えのもと、ニューズウィーク日本版はこの春、「SDGsアワード」を立ち上げました。その一環として、日本企業によるSDGsの取り組みを積極的に情報発信していきます。

◇ ◇ ◇


素材の良さを活かした食品宅配サービスを行う株式会社SL Creationsは、2022年4月に新たなおやつブランド「Any O'clock」の販売を開始した。このブランドの製品は、「米ぬか」や「おから」といった栄養が豊富であるにも関わらず捨てられている食材を使用することで、現代人の健康問題や食品廃棄への貢献を目指している。

見過ごされてきた健康食材に光をあてたおやつブランド「Any O'clock」

株式会社SL Creationsは、1970年の創業以来、添加物に頼りすぎることなく素材を活かしたオリジナルブランドの食品を生み出し、個人の顧客へ宅配するサービスを展開してきた。

そんなSL Creationsの新しいおやつブランドが「Any O'clock」だ。栄養が豊富であるにも関わらず廃棄されることの多い「米ぬか」や「おから」、形が悪く製品としては除かれてしまう食材など、「食品として価値があるのに捨てられてしまう食材」を使用した商品を展開している。現在のラインナップは、おからと米ぬかを原料に使用したクッキーや、添加物に配慮した酢昆布の2種類だ。

食材は本来、精製することなく「丸ごと(ホールフード)」食べるのが健康に良いとされている。実際に、白米を精製する家庭で廃棄される米ぬかなどの穀類の外皮には、ビタミンやミネラルが豊富に含まれており、丸ごと食べることで栄養失調のリスク軽減に繋がると言われているが、多くの人は食味が悪いという理由で精白米を好んで食べている。

「昨今の日本人は健康状態に多くの問題を抱え、食材を精製することで廃棄物を常に生み出しています。これらの問題を一挙に解決する商品として、食べる場所を問わず、子どもからシニア層まで、男女関係なくおいしいと思える『機能性のあるおやつ』の企画に至りました」と、販売企画統括本部 販売企画部 広報室 秋山里実氏は語る。

おからと米ぬかを使ったクッキーは、パッケージもおからの再生紙を使用し、食べ終わった後はポストカードとしてリユースできる仕様となっており、廃棄物を減らす工夫がなされている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇、利回り上昇や消費者信頼感の

ビジネス

米国株式市場=ナスダックが初の1万7000突破、エ

ビジネス

米住宅価格指数、3月は前年比6.7%上昇 前月比で

ビジネス

米CB消費者信頼感、5月は102.0 インフレ懸念
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
2024年6月 4日号(5/28発売)

強硬派・ライシ大統領の突然の死はイスラム神権政治と中東の戦争をこう変える

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    中国海軍「ドローン専用空母」が革命的すぎる...ゲームチェンジャーに?

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    メキシコに巨大な「緑の渦」が出現、その正体は?

  • 4

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 5

    汎用AIが特化型モデルを不要に=サム・アルトマン氏…

  • 6

    プーチンの天然ガス戦略が裏目で売り先が枯渇! 欧…

  • 7

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 8

    なぜ「クアッド」はグダグダになってしまったのか?

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    コンテナ船の衝突と橋の崩落から2カ月、米ボルティモ…

  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 7

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 8

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 9

    中国海軍「ドローン専用空母」が革命的すぎる...ゲー…

  • 10

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などできない理由

  • 4

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 5

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 6

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 8

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 9

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

  • 10

    どの顔が好き? 「パートナーに求める性格」が分かる…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中