最新記事
映画

ホラー映画『エクソシスト』のリアルなリスク、悪魔祓いの虚構を描く危険性

Dangers of the Exorcist Film

2023年12月4日(月)11時56分
ヘレン・ホール(ノッティンガム・トレント大学法科大学院准教授、英国国教会司祭)
エクソシスト

本作でも少女が悪魔に取り憑かれる ©UNIVERSAL STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.

<名作『エクソシスト』から50年、2023年12月1日に映画『エクソシスト 信じる者』が公開された。最新作の続編ではさまざまな宗教による悪魔との共闘が描かれるが...>

映画『エクソシスト 信じる者』は、わざわざ劇場まで足を運んだファンの期待を(たぶん)裏切らない。

オカルト好きの少女2人が悪魔的な力の扉をうっかり開いてしまい、すぐ何者かに取り憑(つ)かれてしまう。何日か姿を消した後に発見された2人は異常な行動を示し、どうにも手が付けられない。

親はうろたえ、理解に苦しんだ挙げ句、きっと超自然的で邪悪なものに乗っ取られたのだと結論する。信じ難いが仕方がない。

親はスピリチュアルなエクソシスト(悪魔祓〔ばら〕いのプロ)にすがる。

その先は、例によって血が飛び散ったり首がねじれたりと、凄惨な場面がたっぷりとちりばめられる。いずれも、ちょうど50年前の1973年に公開された初代『エクソシスト』でおなじみの要素だ。

「信仰」という中心的なテーマも変わっていない。原作のウィリアム・ブラッティによる小説『エクソシスト』の主人公は、信仰の危機に陥った神父だった。

だが『信じる者』には21世紀的な雰囲気もある。悪魔と戦うエクソシスト・チームにはさまざまな信仰の持ち主がいて、みんなが共通の目的のために力を合わせる。メッセージは明らかだ。

信仰に生きる者はいがみ合いをやめて団結せよ、である。

ハイチの土着信仰やアフリカ系アメリカ人の伝統医療も、邪教・悪習ではなく真摯なものとして描かれている。実に好ましいことだ。キリスト教のさまざまな宗派に属する人物を共闘させたのもいい。

今でも黒人や先住民の信仰を悪魔的なものと見なしがちな世界にあって、本作は住民が違いを越えて団結することの大切さを強く訴えている。

231205P50_EST_02.jpg

取り憑いた悪魔をエクソシストは追い出せるか ©UNIVERSAL STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.

しかし、こうして物事を均質化するアプローチには問題もある。

この映画は、悪魔祓いの儀式はどんな文化にも存在し、やり方はどこでも似たようなものと想定しているようだが、それは違う。そこまで単純化するのは問題だし、危険をはらんでもいる。

もちろん、「悪魔祓い」という語を「人・場所・物体などをネガティブな霊的影響から解放する行為」と定義するなら、それは世界各地に伝わるさまざまな宗教的儀式の概括的な記述に便利な用語といえるかもしれない。

だが現実を見てほしい。

この広義の「悪魔祓い」は実に多様で異質な観念を一くくりにしている。実際には、その背景にある信仰も悪霊退治に用いる手段も大きく異なる。

実際に誰かに悪魔祓いの儀式を施す場合には、その対象となる人物の自主性と、その人物を保護する必要性とのバランスを慎重に考慮しなければならない。

およそ民主的で人権を尊重する法的枠組みにおいては、信仰の自由と文化の多様性を尊重しなければならない。

しかし一方で、自分で自分を十分に擁護できない人々には救いの手を差し伸べなければならない。

つまり子供や、大人でも精神疾患や何らかの障害を抱える人が対象の場合、どの段階で悪魔祓いの儀式を施すかの決断は非常に難しい。

世の中には、憑依(ひょうい)現象を誰にでも起こり得る不運な出来事と見なす文化がある一方、それを故意に悪事に手を染めた結果と見なし、あるいはその人物の気質(あるいは魂)に生来の欠陥があると決め付ける文化もある。

後者の場合は、憑依された人を危険視し、敵視し、時には攻撃したりもする。

そうした状況下では、おとなしく悪魔祓いの儀式を受け入れない限り、その人物が地域社会に復帰することは難しい。

邪悪な存在は人間の体を乗っ取り、その自由意思を封じていると考える信仰もある。その場合は、悪魔祓いの儀式に対するいかなる抵抗も本人ではなく霊の意思と理解される。

だから抵抗しても無駄だ。

逆に、憑依された人にも何らかの自由意思が残っていると考えられる場合、悪魔祓いへの参加を拒めば、自らの意思で悪を選択した証拠と見なされかねない。

無用の死を招く可能性も

悪霊除去の方法も多彩で、静かな祈りもあれば激しい暴行もある。

危険な、虐待に等しい手段が用いられることもあり、有害物の摂取を強要されるかもしれない。ちなみに悪魔祓いと称する儀式での死亡原因には塩分の過剰摂取や溺死、致死量レベルの物質の投与などが含まれる。

これらを考慮すると、悪魔祓いが多くの文化に共通する本質的に正しくて普遍的な行為だというメッセージを伝えることには問題がある。

もちろん、観客には事実と創作を区別する能力があるだろうし、誰もエクソシスト映画をドキュメンタリーと勘違いはしないだろう。

しかしポップカルチャーの持つ影響力の大きさは無視できない。

警察や行政が少数派集団の信仰や慣習を十分に理解しているとは限らず、そのせいで問題を起こすこともある。危険な状況と誤認して無用な介入をすることもあるだろう。

逆に、警察やソーシャルワーカーが危険行為を文化的多様性の範囲内と解釈して容認すれば、無力な子供や社会的弱者を助けられない。

こうした過ちが、悪魔祓いの儀式に関連した不幸な、そして防ぎ得たはずの死を招いてきた。

21世紀版『エクソシスト』が悪魔祓いを、文化と宗教の違いを超えた無害な現象として描くのは間違いだし、好ましくない。たとえホラー映画の文脈であっても。

The Conversation

Helen Hall, Senior Lecturer, Nottingham Law School, Nottingham Trent University, priest in the Church of England

This article is republished from The Conversation under a Creative Commons license. Read the original article.

THE EXORCIST: BELIEVER
エクソシスト 信じる者
監督/デビッド・ゴードン・グリーン
主演/レスリー・オドム・Jr.、アン・ダウド
日本公開は12月1日

20240305issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年3月5日号(2月27日発売)は「世界が愛した小澤征爾」特集。[保存版]巨匠・小澤征爾、88年の軌跡。[独占インタビュー]佐渡 裕/イツァーク・パールマン

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ウクライナ軍、東部の村から撤退 アブデーフカの西方

ワールド

パレスチナ首相が辞意、「ガザ踏まえた政治的取り決め

ビジネス

オアシス、NECの応募差し止めを申し立て 航空電子

ビジネス

アングル:米国債、早期利下げ観測後退で売り加速 足
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング」の標的に...「スラム街の女性みたい」コメントに批判殺到

  • 3

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...「まるでC-3PO」

  • 4

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    トイレ内に「隠し部屋」への秘密通路を発見...ドアの…

  • 7

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 8

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    飛行機内で乗客がテイラー・スウィフトの曲を「大合…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 7

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 8

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 9

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中