最新記事

韓国映画

韓国映画『ベイビー・ブローカー』で是枝裕和監督が答えたかった問い

Compassion for Discarded Children

2022年6月23日(木)10時20分
大橋 希(本誌記者)
『ベイビー・ブローカー』

(左から)カン・ドンウォン、イ・ジウン(IU)、ソン・ガンホは「赤ちゃんを売る」旅に出る © 2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED

<赤ちゃんポストへの評価、家族を撮り続けること、IUにオファーした理由、ソン・ガンホのアドバイス──そして、この作品で是枝監督が大切にしたかったこととは>

教会が運営する「赤ちゃんポスト」に子供を預けた未婚の母(イ・ジウン/歌手名IU)と、その赤ちゃんを養父母に売ろうとするブローカー(ソン・ガンホとカン・ドンウォン)、彼らを人身売買で現行犯逮捕するために追う刑事(ペ・ドゥナとイ・ジュヨン)。さまざまな立場の彼らの思いが絡み合い、「赤ちゃんを売る」旅は思わぬ展開へ──。

是枝裕和監督の最新作『ベイビー・ブローカー』はソン・ガンホとカン・ドンウォン、ペ・ドゥナへの当て書きで脚本を書いた韓国映画(日本公開は6月24日)。5月のカンヌ国際映画祭で最優秀男優賞、キリスト教関係団体から贈られるエキュメニカル審査員賞を受賞し、一足先に公開した韓国でも話題になっている。

「韓国でも日本でも、赤ちゃんポストに対する評価は分かれていて、その両方の目線をきちんと描かないといけないと思った」と話す是枝に本誌・大橋希が話を聞いた。

◇ ◇ ◇

──韓国で撮ったからこそ、という点はあるか。

赤ちゃんポストの存在自体、韓国でもそれほどポピュラーではないが、預けられる赤ちゃんの数は日本より圧倒的に多い。社会問題になった時期もあり、今回のようなストーリーは韓国の人たちに現実的なものとして受け取ってもらえると思う。

──「人身売買」という言葉から想像するような深刻な作品ではなかった。

赤ちゃんを横流しして売るというのはもちろん悪いこと。ペ・ドゥナ演じる刑事は「あいつらはとんでもない悪人で、母親も無責任」と思っていて、おそらく観客も最初はそうした目線を持つ人が多いだろう。だからカメラが(ブローカーたちの)車の中に入ったとき、そうした先入観とは違う彼らの姿を見せたかった。それがある種の軽さにつながったのかもしれない。

──製作にあたり、さまざまな当事者の声を聞いたと思う。その中で、大切にしなければならないと思ったことは。

日本でも韓国でも赤ちゃんポストへの評価は分かれていて、「命を守るために必要だ」という擁護と「捨てることを助長する」という批判はずっとある。その両方の目線をきちんと描かないといけないと思った。だから登場人物も、違う意見を持つ人たちがいることが大事かな、と考えた。

もう1つ、取材で出会った複数の子供たちが「自分は生まれてきてよかったのか」という根本的な疑問を拭えないまま大人になっていて、やはりそのことが一番重たかった。本人の責任では全くないですからね。社会の責任であって。

その子たちに自分の生を肯定してもらいたい、自分は彼らの疑問を受け止めて、きちんと答えるべきだという気持ちが強くあった。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米共和党予備選、トランプ氏が勝利 サウスカロライナ

ワールド

ウクライナ侵攻が3年目突入、甚大な犠牲と細る国際的

ワールド

月面着陸した米企業の無人宇宙船、横倒しの状態に 通

ワールド

アングル:今年は山火事増加も、米で懸念される深刻な
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 3

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな価値」を生む新ゴールドカードを、アメックスが発表

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 6

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 7

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 8

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 9

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 10

    胸元あらわなコルセットドレス...テイラー・スウィフ…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中