最新記事

日本社会

私たちはすでに「起業家マインド」を育てている──フリマアプリと「一億総株主」時代

2022年8月10日(水)08時02分
山本昭宏(神戸市外国語大学総合文化コース准教授)

loveshiba_-iStock

<利用者を伸ばし続けるフリマアプリとYouTube。プラットフォーム上で、利用者は「起業家マインド」を鍛えているが、実はその歴史はすでに90年代には始まっていた。その背景にあったものとは?>

「一億総株主」という言葉を耳にしたことがあるだろうか。2022年5月30日、自民党の経済成長戦略本部は政府に対して提言を申し入れ、資産所得の向上と消費拡大にむけて、NISA(少額投資非課税制度)の抜本的な拡充を求めた。その貯蓄から投資への流れを政治が後押しする狙いを「一億総株主」と表現された。(※1)

これには前史がある。1990年代後半以降の日本政治は、個人が投資に乗り出しやすい環境づくりに腐心してきた。貯蓄から投資へという考え方は、すでに90年代後半から存在し、2000年代にはNISAなどの税制優遇制度が整えられた。この時期は、日本の長期不況と重なっている

起業家マインドの浸透とフリマアプリ

「一億総株主」という言葉にさほど違和感はない。そのような環境が様々な経路を通して作られたのが、この20年間だった。その一例として、フリマアプリがある。

私自身、数カ月前、フリマアプリを始めてダウンロードして以来、毎日利用している。他のサイトと金額を比較し始めると、どんどん時間が溶けていく。

先日は、届いた商品を手にして「なぜ自分はこれを欲しいと思ったのか」を思い出せないということもあった。フリマアプリでは、「欲しい」という気持ちをうまく方向付けるフォーマットが巧みに設計されており、芋づる式に商品が出てきて、探す喜びがある。

そのフリマアプリだが、近年では中高年の利用者が増えていることもあり、市場規模は拡大の一途を辿っている。メルカリ、楽天のラクマ、ソフトバンク系のペイペイフリマなどの広告を目にする機会も増えた。

2021年9月に「リサイクル通信」が発表した調査結果によると、2020年のリユース市場規模は2兆4169億円に及び、今後も拡大すると予想されている(※2)。

直近の報道によれば、メルカリは2021年7月から2022年6月までの期間で75億円の業績赤字を記録したが、売上高自体は38.6%増の1470億円で、過去最高を記録している。やはり市場規模は拡大傾向にある。

フリマアプリが他のネット・ショッピングと異なるのは、出品者(売り手)になりやすいという点に尽きる。以前から存在する「Amazonマーケットプレイス」や「ヤフオク!」よりも、手軽に出品者になれるというのは、利用したことがあれば誰もが感じるところだろう。

出品者の側からみれば、まだ使えるモノを捨てずに済むという、地球に優しいというエコロジーの感覚を得られるのもあるかもしれない。また、強気の値段設定で売れたら嬉しいし、市場の動向をみて「せどり」や「転売」を試みるなど、「小商い」の楽しさもある。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

ワールド

ロシア、ドル建て債利払いをルーブルで実施=財務省

ビジネス

S&P、英格付け見通し「ネガティブ」に 財政赤字縮

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 4

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 5

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシア脱出に長蛇の車列、16キロの大渋滞が衛星写真…

  • 8

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 9

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 10

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月