最新記事

ドラマ

イカゲーム、物語をより奥深くする「韓国文化」という「隠し味」を解説

5 LOST KOREAN ELEMENTS

2021年12月14日(火)12時29分
スー・キム

3. 仲間意識

第6話「カンブ」で、「ビー玉遊び」のゲームの最中、001番のおじいさん(オ・ヨンス)は456番のギフン(イ・ジョンジェ)に自分たちは「カンブ」だと言い、「カンブ」とは「何でも分け合う親友」だと説明する。

だが英語の字幕では、カンブは「相手のものと自分のものを区別せず」共有する、というせりふがない。おじいさんのその後の行動のカギとなる言葉だ。

おじいさんはもう1度そのせりふを繰り返してから、「受け取れ、君のものだ。私たちはカンブだろう?」と言う。第6話の要となるこのせりふ、韓国人の情(韓国語で「ジョン」)の深さも捉えている。

4. 学歴社会

サバイバルゲームが展開するにつれて視聴者は、その経歴のおかげで他の参加者より立場の有利な参加者がいることに気付く。例えば、ある外科医は自分の技能を生かしてゲームを有利に運ぼうとする。

一方、ミニョが浮き彫りにするのは、サバイバルゲームを生き抜こうとする別の階級の人々だ。彼女はギフンに自分とチームを組んでほしいと頼むとき、他人を出し抜くのは得意だと豪語し、「勉強したことなんかないけど、頭がいいのはマジ」で「詐欺だけで前科5犯」だと言い放つ。

韓国社会において学歴は、社会経済的な階段を上る唯一の方法として、昔から大切にされてきた。学歴崇拝の歴史は、朝鮮最後の統一王朝である李朝の時代(1392~1910年)までさかのぼる。当時、高貴な身分は家柄だけで決まるのではなく、支配階級になるためには何年も勉強して官吏登用試験(科挙)に合格しなければならなかった。こうした背景は韓国人には常識だが、外国人にはピンとこないだろう。

ミニョのせりふは、教育を受けることができるのは得てして、それだけの余裕のある人々に限られるという状況に光を当てる。韓国の大学受験競争は実に熾烈だ。しかし、たとえ狭き門を突破できたとしても、授業料が払えないケースもある。

階級間の緊張関係はギフンと幼なじみのチョ・サンウの関係にも描かれている。第8話「フロントマン」で、ギフンはサンウと激しく言い争った末に言う。「俺がここにいるのが情けないなら、双門洞(サンムンドン)の誇りである、SNUの天才チョ・サンウがなぜここにいる?」

英語の字幕でSNUとなっているのは韓国一の名門、ソウル大学のことだ。といっても、サンウは裕福な家柄の出ではない。ソウルの双門洞というつつましい「下町」の出身だ。監督のファンもサンウと同じように、双門洞で生まれ、母子家庭で育てられた。ファンもソウル大学の卒業生で、祖母はサンウの母親と同じく露天商をしていた。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、日米韓の安保協力強化を批判 「アジア版NA

ワールド

ウクライナ東部最後の要衝巡り戦闘激化、陥落の可能性

ワールド

米石油・ガス掘削リグ稼働数、5週間ぶりに減少=ベー

ワールド

中国が米国人の入国規制緩和へ、第3国経由の入国も可

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を…

  • 5

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 6

    スリランカ、ガソリンほぼ尽きる 給油所に人の波...…

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 9

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 10

    エリザベス女王、もう我慢の限界! 医師を無視して…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 9

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 10

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月