注目のキーワード

最新記事

韓国ドラマ

『イカゲーム』の悪夢が世界をここまで虜にする理由

ENJOYING THE GAME

2021年11月9日(火)18時45分
キム・ギョンヒョン(脚本家、カリフォルニア大学アーバイン校教授)

集まったのはいずれも経済的に困窮して危険なゲームに参加せざるを得なくなった人々。その姿は韓国の厳しい現実をも映し出す ALBUM/AFLO

<韓国では今、子供の遊びに興じるバラエティー番組が人気。残酷なディストピアを描いて世界中で大ヒット中の『イカゲーム』は、その定石をひっくり返したかのような作品だ。韓国らしいのに普遍的な話題作の魅力を探る>

(※ネタバレあり)

近年韓国を訪れた人は、バラエティー番組の人気の高さに気付いたことだろう。

司会者とゲストが一対一で語り合うアメリカのトークショーとは異なり、韓国のバラエティーでは複数の出演者が駐車場や公園、大型ショッピングセンターといった公共の場でカメラの前に立つ。

軽いトークを繰り広げたり小突き合ったりする導入部が終わると、出演者たちはジャージーに着替え、かくれんぼや陣取り合戦や縄跳び、じゃんけんといった子供の遊びに興じる。

負ければ罰ゲームが待っているが、ほとんどは食事を抜きにされたりテレビ局まで歩いて帰らされたりといったたわいのないもの。出演者が罰ゲームで屈辱を味わえば味わうほど、観客は盛り上がる。

この手の番組の代表格『ランニングマン』は、今や韓国だけでなくアジア全域で大人気。2010年の放送開始以来、中年のお笑い芸人が若いKポップ歌手や俳優とゲームで張り合う内容で、「韓流ブーム」の中核を担ってきた。
20211116issue_cover200.jpg
昨今のソーシャルメディアには、アジア各国の人々が番組をまねしてゲームを楽しむ投稿動画があふれている。

セレブのドジな一面が見られるのも、こうしたバラエティーの醍醐味だ。いい年をした有名人が子供の遊びを再現し、幼稚に振る舞う様子は笑いを誘う。

番組は共感をかき立て、懐かしい記憶を呼び覚ますように作られているから、視聴者はセンチメンタルな気持ちになる。失った童心に思いをはせ、つかの間、時計の針が戻ったかのような感覚を覚える。

いつしか純粋にゲームを楽しむことを忘れて勝ち負けばかりにこだわるようになった自分を、しみじみ振り返ったりもする。

そんなバラエティー番組の定石をひっくり返してみせたのが、ネットフリックスで大ヒット中の『イカゲーム』。バラエティーからお笑いの要素を剝ぎ取り、その世界を悪夢のディストピアに変えて新自由主義経済に物申すドラマの仕上がりは──ぞっとするほど恐ろしい。

magSR20211109enjoyningthegame-2.jpg

NETFLIX Netflixシリーズ『イカゲーム』独占配信中

競争社会が試す人間の品性

さて、ここから先はネタバレがあるので、未見の方はご注意を。

『イカゲーム』でゲームに参加するのはコメディアンや歌手ではなく、借金で首が回らなくなり、絶望の淵に立たされた456人の男女。

舞台は孤島の迷宮めいた施設で、中にはマウリッツ・コルネリス・エッシャーのだまし絵を思わせる階段が巡らされ、スピーカーから流れるヘンデルやリヒャルト・シュトラウスの陽気な音楽が不気味さを醸し出す。

そしてここでの罰ゲームは食事抜きではなく、死だ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ビオンテック、多様なコロナウイルス対応ワクチンの治

ビジネス

独CPI、6月は8.2%上昇に伸び鈍化 燃料税引き

ワールド

バイデン氏、欧州での米軍配備強化を表明 ロシアの脅

ビジネス

世界のリセッション回避に「懐疑的」=世銀チーフエコ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・義経の死に際し実際にやったこと

  • 3

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴、キスする姿も

  • 4

    【映像】ロシアの地対空ミサイル、Uターンして発射地…

  • 5

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 6

    インドに移住したJKが軽妙に綴る「カースト」と「肌…

  • 7

    食料品がこんなに高い!?インフレが止まらないNYの…

  • 8

    「中の人」の視点で終わった『東京2020オリンピック …

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    韓国アイドル、ファンにもみくちゃにされて腕を負傷する「問題シーン」

  • 3

    【動画】「まるで地獄から来たトラック」 中国「犬肉祭」に出荷された犬たちを救出

  • 4

    ジョニー・デップ裁判は「失敗」だった──最大の間違…

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    【映像】フライパン一つでワニを撃退する男性

  • 8

    沖縄の少女たちの経験は日本の若い女性に起きている…

  • 9

    【衝撃映像】小型犬がハクトウワシに連れ去られる瞬間

  • 10

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月