最新記事

映画

水俣病を象徴する「あの写真」を撮った写真家の物語『MINAMATA─ミナマタ─』

An Unending Fight

2021年9月30日(木)21時33分
大橋希(本紙記者)

劇中のユージン ©︎LARRY HORRICKS ©︎2020 MINAMATA FILM, LLC

<「作られるべき映画だった」とジョニー・デップが語る『MINAMATA─ミナマタ─』。写真家ユージン・スミスと水俣病患者の闘いは今も続く>

「写真は撮る者の魂の一部も奪い去る。つまり写真家は無傷ではいられない。撮るからには本気で撮ってくれ」

映画『MINAMATA―ミナマタ―』で、妻となるアイリーン(美波)に「撮影を手伝う」と言われ、写真家ユージン・スミス(ジョニー・デップ)はこう返す。周囲との軋轢や葛藤の多かった人生の終盤、傷ついた体を押して水俣病の取材を続けた彼らしいせりふだ。

ユージンは、1930~50年代のフォトジャーナリズム全盛期を代表する1人。37年にニューズウィークの仕事からキャリアを始め、ライフ誌を中心に数々のフォトエッセー(あるテーマを組み写真で表現したもの)を発表した。

日本とのつながりも深い。第2次大戦中はアメリカの従軍記者としてサイパン、レイテ、硫黄島、沖縄を取材。沖縄戦では日本軍の砲弾で重傷を負い、その後遺症にずっと悩まされた。

60年代には日立製作所の依頼で日立市などに滞在し、宣伝用の写真集を制作している。このときユージンは日立の工場や労働者だけでなく、普通の市民の生活にもカメラを向けた。「日本の漁村をもう一度撮りたい」とも話していたそうで、それが後の水俣取材につながったとの見方もある。

患者たちの闘いに世界の目を向ける

映画『MINAMATA』は、1971年のニューヨークから始まる。主人公のユージンはキャリアの最盛期を過ぎ、酒に溺れて借金を抱え、子供たちからも愛想を尽かされていた。そんな彼に、日本企業のCM撮影で知り合ったアイリーンが持ち掛ける――熊本県水俣市では大企業チッソが海に垂れ流す有毒物質のせいで大勢の住民が病気になり、命を落としている。患者たちの闘いに世界の注目を集めるため取材をしてほしい。

211005P48_MNM_01.jpg

水俣撮影中のユージン(73年) PHOTO BY TAKESHI ISHIKAWA ©︎ISHIKAWA TAKESHI

ユージンと妻のアイリーン・美緒子・スミスは71年秋から3年間、水俣市に住んで患者や家族たちの姿を撮影した。その取材が結実し、水俣病の現実を世界に知らしめた写真集『MINAMATA』が今回の映画の原案だ。アメリカでは75年、日本では80年に出版され、ユージンの遺作となった。

デップはそうと言われなければ分からないほど自身を消し、ユージンになり切っている。アイリーン役の美波、患者救済運動の先頭に立つヤマザキ・ミツオ役の真田広之、チッソ社長役の國村隼などもそれぞれはまり役だ。

水俣での撮影はごく一部で、主なロケ地はセルビアとモンテネグロ。日本の海岸の風景とはどこか異なると感じるものの、大きな違和感はない。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:「脱成長」理論に脚光、気候変動加速でタブ

ワールド

アングル:タリバン政権発足から1年、自由失った女性

ワールド

米下院、「インフレ抑制法案」を可決 バイデン氏署名

ワールド

ウクライナ軍、ロシア制圧域の供給路攻撃可能 弾薬庫

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 2

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 3

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 4

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 5

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 6

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

  • 7

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 8

    【映像】車庫にいた巨大ムースを至近距離で撮影

  • 9

    【動画】露軍基地の大爆発と逃げる海水浴客

  • 10

    イーロン・マスク、自家用ジェットで車10分の距離を…

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 3

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世界的な著名精神科医が指摘するある『行動』とは

  • 4

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 5

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 6

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリ…

  • 10

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月