最新記事

映画

生誕65周年、ゴジラの顔はこんなに変わってきた(写真15点)

2019年6月21日(金)16時45分

『ゴジラ』。怒りを背負った存在であり、まさに恐怖の対象である。どこから見ても睨んでいるような目が印象的。 © 1954 TOHO CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

penGodzilla_cover200.jpg<現在、ハリウッド版ゴジラの最新作『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が公開されているゴジラだが、1954年に誕生して以来、ゴジラは常にそのスタイルを変化させ続けてきた。時代により移り変わる、その面構えの秘密とは?>

1期:恐怖の怪獣から対決の時代、そしてファミリー路線へ。

最初の着ぐるみは粘土状のゴムを窯で焼いて制作し、口も可動しないものだったが、"勢い"というものは時に奇跡を起こす。製作期間がタイトだった『ゴジラ』は高い撮影技術も相まって、生物を凌駕するが、きわめて生物的な「怪獣」を世界で初めて映像化した。

penGodzilla190621-2.jpg

『ゴジラの逆襲』。上顎の歯が外に向かって反っており、歯並びも悪い。全体に細身で、野獣という印象が強い。 © 1955 TOHO CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

penGodzilla190621-3.jpg

『キングコング対ゴジラ』。7年ぶりのゴジラの面構えは、トカゲ的。映画の性格からか、「暴れん坊」の雰囲気だ。 © 1962 TOHO CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

『ゴジラの逆襲』で再び制作された着ぐるみはラテックス製で口も可動、アンギラスを倒すさまは圧巻。『キングコング対ゴジラ』のゴジラは下半身が太いがこれはキングコングのスタイルと対照的にするための処置。

penGodzilla190621-4.jpg

『モスラ対ゴジラ』。対決路線に対応し、「悪役」の立ち位置。前作よりの三白眼に磨きがかかり、スゴ味がある。 © 1964 TOHO CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

penGodzilla190621-5.jpg

『地球最大の決戦』。初期の作品は手踊り人形、ギニョールの出番が多い。意外にこういった人形が、表情豊かだ。 © 1964 TOHO CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

『モスラ対ゴジラ』でゴジラの顔を統一しようということになり、頭部の石膏型がつくられ、以降着ぐるみが制作された。『怪獣大戦争』『ゴジラの息子』『怪獣総進撃』では同じ石膏型を使用。だがその顔つきは制作時の事情で変わっており、60年代後半のゴジラはファミリー映画の担い手へと立ち位置を変えた。

penGodzilla190621-6.jpg

『怪獣大戦争』。顔がゴツゴツした印象になり、瞳中央に黄色の点がつけられたため、目線がはっきりしている。 © 1965 TOHO CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

penGodzilla190621-7.jpg

『ゴジラの息子』。ミニラとの対比で大きくつくられており、頭部が盛り上がる。柔和なイメージとなる。 © 1967 TOHO CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

penGodzilla190621-8.jpg

『怪獣総進撃』。怪獣王、ヒーローとしての属性が付加され、額も急勾配にされて精悍な表情のゴジラになった。 © 1968 TOHO CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

ニュース速報

ワールド

聖火リレー、規模縮小も一つの考え方=武藤・五輪組織

ビジネス

旅行・レストラン・ホテルなど主要産業への資金支援強

ビジネス

トヨタ、不要不急の国内外出張中止 国内工場3月9日

ビジネス

資産10億ドル以上の富豪、中国で米の3倍ぺースで増

MAGAZINE

特集:AI時代の英語学習

2020-3・ 3号(2/26発売)

自動翻訳はどこまで実用的か? AI翻訳・通訳を使いこなす英語力とは

人気ランキング

  • 1

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 2

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 3

    クルーズ船のフィリピン人80人に陽性反応 約400人は帰国後隔離へ

  • 4

    アメリカから帰国した私が日本の大手航空会社の新型…

  • 5

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 6

    「送料無料」でも楽天はアマゾンに勝てない あえて…

  • 7

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 8

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 9

    国民の命は二の次か? 武漢パンデミックを後追いす…

  • 10

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 4

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 5

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 6

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 7

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 8

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 9

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)…

  • 10

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 8

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月