最新記事

BOOKS

吃音の人と向き合うときに知っておきたいこと

2019年1月21日(月)19時22分
印南敦史(作家、書評家)

そして読み進めるほど、知らなかったことの多さに驚かされもした。さまざまな事例が紹介されているのだが、「なるほど」と納得できることがとても多かったのである。

例えばいい例が、吃音の発症の原因について書かれた第2章で紹介されている研究結果だ。

紹介されているのは、2013年にオーストラリアで発表された「4歳になるまでの、吃音の自然発症率:前向き研究」(前向き研究:研究を立案、開始してから新たに生じる事象について調査する研究)という疫学研究の結果だ。1911人の子どもを生後8カ月から4歳まで追跡し、生育環境と吃音発症の関係について調べた前向き研究。この研究でわかったことは、大きく分けて次の3点だったのだそうだ。


1 子どもの性格・気質・感情面は、吃音発症に関係ない。
2 母親の精神状態は、子どもの吃音発症に関係ない。
3 吃音のある子は、他の子と比べて、言語発達が良い。(84ページより)

注目すべきは、この論文において吃音が「急激な言語発達の"副産物"である」と結論づけられている点だ。つまり吃音は、言語の発達面で劣っているから始まるのではなく、逆に、進みすぎているために始まることが示唆されているのである。


 だから私は、診察時、「なぜ、吃音が始まったのか」を本人に説明する際、
「君の頭の回転が速すぎて、口がついてこられなかったからだよ」
と言っています。すると、誇らしげな表情を見せてくれるお子さんがいます。吃音があることで、マイナスに感じることを最小限にしたい――それが私の臨床姿勢になっています。(85ページより)

どもることで笑われたり、驚かれたり、怒られたりしていると、「吃音は悪いこと、恥ずかしいこと」と思うようになっても無理はない。だから、あのときの左官屋さんのように、言葉少なになってしまう人は決して少なくないのかもしれない。

しかし「頭の回転が速すぎるから」という説明には説得力があるし、それは吃音に悩む子を勇気づけてもくれるはずだ。

そういう意味でも、周囲の理解が必要とされるのだろう。しかもそれは、吃音者が子供であっても大人であっても同じだ。事実、吃音者の多くは孤独感に苛まれているのだという。


 二〇一三年、北海道のある病院に勤めていた吃音のある男性看護師が、自ら命を絶ちました。看護師国家試験に合格した後、病院で働き始めて四カ月後のことでした。
 自分に吃音があることは職場には伝えていたものの、職場の無理解によって追い詰められていく様子が彼の手帳には記されていました。
「大声を出されると萎縮してしまう」
「話そうとしているときにせかされると、言葉が出なくなる」
「どもるだけじゃない。言葉が足りない。適性がない」
「すべてを伝えなければいけないのに、自分にはできない」
 同年七月、病院からの連絡で母親が駆け付けると、男性は自宅で死亡していました。携帯電話には、家族に宛てた未送信のメールが残っていました。
「相談せずに申し訳ありません。誰も恨まないでください。もう疲れました」
 この痛ましい事件は地元の北海道新聞はもちろんのこと、朝日新聞をはじめ全国紙でも大きく報じられ、社会的に高い関心を集めました。(188~189ページより)

孤独感の質もさまざまだろうが、特に思春期以降で多いのは、「人にツッコミを入れることができない」という悩みなのだそうだ。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

欧州の航空旅客予測、前年比60%減に下方修正=IA

ワールド

モーリシャス座礁の長鋪汽船、賠償は「法に基づき誠意

ワールド

中国、米に第1段階の通商合意を履行する環境作り期待

ワールド

IEA、今年の石油需要予測を下方修正 航空燃料が低

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 2

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 5

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 6

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 7

    日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

  • 8

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 9

    中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

  • 10

    韓国・文在寅の支持率9カ月ぶりの低水準に ソウル住…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 5

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 8

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候…

  • 9

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 10

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月