最新記事

BOOKS

吃音の人と向き合うときに知っておきたいこと

2019年1月21日(月)19時22分
印南敦史(作家、書評家)

Newsweek Japan

<吃音には3種類ある。吃音が発症するのは言語の発達が劣っているからではない。吃音者が話しにくい相手にはいくつかの傾向がある......>

私が中学1年生だった年に、父が家を建てた。念願の部屋をもらえることになったのがうれしく、働く職人さんたちの姿を毎日のように眺めていたことを覚えている。

現代のように大手建設会社が仕切っていたわけではなく、自営の大工さんが職人たちを集めてきていた。だからみんな仲がよく、私もよく雑談の相手をしてもらったりしていた。

「やってごらん」と、カンナを引かせてもらえたりすると、なんだか大人扱いされたみたいな気がしてうれしかった。

そんな中にひとりだけ、寡黙な左官屋さんがいた。絵に描いたように頑固そうな職人で、周囲の人間ともあまり交わろうとしなかった。他の職人さんもまた、距離を置いているように見えた。

だが、それには理由があった。彼は吃音者だったのだ。「だから、あの人はあまり他の職人さんと交流を持たないのだ」と、私も母から聞いていた。

でも、なぜか私はその人が好きで、彼もまた、なぜだか私には心を開いてくれた。他の職人さんが帰ったあとも残って作業をする彼と、建てかけの家の木材に腰かけながらよく話をした。

記憶に残っているのは、言葉を交わすようになったばかりのある日のこと。そのとき初めて、彼がどもるところを見たのだ。

吃音のことを事前に聞いていて、しかも気を遣っていたつもりだったにもかかわらず、彼がどもった瞬間、ちょっとだけ笑ってしまった。もちろん悪意はなかったのだが、「大変なことをしてしまった」と後悔した。

でも彼は怒りもせず、恥ずかしそうに、小さく笑いながらつぶやいたのだ。

「へへっ......ど、どもっちゃうんだよ......」

理由をうまく説明できないのだが、そのとき、彼のことをいっそう好きになった。そう打ち明けてくれたことが、なんだかうれしかったのだ。

『吃音の世界』(菊池良和著、光文社新書)を読んでいたら、40数年前の、そんな記憶が蘇ってきた。著者は、吃音症を専門とする医学博士である。


 私自身、吃音があり、今も症状があります。吃音が始まったのは幼少期で、そのことで、人に笑われたり、注意されたり、怒られたりといったことを繰り返す中で、吃音があること自体、悪いことで恥ずかしいことだと思っていました。そして中学一年生のとき、「吃音の悩みから解放されるには、医師になるしかない」と心に決め、その道に進みました。(「まえがき」より)

著者によれば、吃音には、最初の語を繰り返す「連発」(ぼ、ぼ、ぼ、ぼくは)と、最初の言葉を引き延ばす「伸発」(ぼーーくは)と、言葉が強制的に発話阻害される「難発」(.........ぼくは)の3種類があるのだという。この説明を目にしたとき、自身の吃音に対する理解の低さを感じた。

確かに言われてみればそうなのだが、私のイメージする吃音といえば「連発」しかなかったからだ。つまり日常生活を続けていくうえで、「吃音は3種ある」などということを意識する機会はなかったということだ。

MAGAZINE

特集:嫌韓の心理学

2019-10・15号(10/ 8発売)

日本人はいつから韓国が嫌いになったのか? 心理学とメディア分析で「嫌韓」を分析

※次号は10/16(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を超える

  • 2

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 3

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 4

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

  • 5

    保守がネット右翼と合体し、いなくなってしまった理…

  • 6

    中国に謝罪したNBAに米議員が猛反発

  • 7

    台風19号、東日本直撃し各地で氾濫被害 千曲川は堤防…

  • 8

    韓国チョ・グク法相が辞任表明 親族の不正疑惑巡る批…

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本の漁師から同情の声も

  • 4

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 5

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 6

    ツイッター動画が人生を変えた......ホームレス・シ…

  • 7

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危…

  • 10

    なぜ韓国の若者は失業に苦しみ続けるのか

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月