最新記事

BOOKS

吃音の人と向き合うときに知っておきたいこと

2019年1月21日(月)19時22分
印南敦史(作家、書評家)

Newsweek Japan

<吃音には3種類ある。吃音が発症するのは言語の発達が劣っているからではない。吃音者が話しにくい相手にはいくつかの傾向がある......>

私が中学1年生だった年に、父が家を建てた。念願の部屋をもらえることになったのがうれしく、働く職人さんたちの姿を毎日のように眺めていたことを覚えている。

現代のように大手建設会社が仕切っていたわけではなく、自営の大工さんが職人たちを集めてきていた。だからみんな仲がよく、私もよく雑談の相手をしてもらったりしていた。

「やってごらん」と、カンナを引かせてもらえたりすると、なんだか大人扱いされたみたいな気がしてうれしかった。

そんな中にひとりだけ、寡黙な左官屋さんがいた。絵に描いたように頑固そうな職人で、周囲の人間ともあまり交わろうとしなかった。他の職人さんもまた、距離を置いているように見えた。

だが、それには理由があった。彼は吃音者だったのだ。「だから、あの人はあまり他の職人さんと交流を持たないのだ」と、私も母から聞いていた。

でも、なぜか私はその人が好きで、彼もまた、なぜだか私には心を開いてくれた。他の職人さんが帰ったあとも残って作業をする彼と、建てかけの家の木材に腰かけながらよく話をした。

記憶に残っているのは、言葉を交わすようになったばかりのある日のこと。そのとき初めて、彼がどもるところを見たのだ。

吃音のことを事前に聞いていて、しかも気を遣っていたつもりだったにもかかわらず、彼がどもった瞬間、ちょっとだけ笑ってしまった。もちろん悪意はなかったのだが、「大変なことをしてしまった」と後悔した。

でも彼は怒りもせず、恥ずかしそうに、小さく笑いながらつぶやいたのだ。

「へへっ......ど、どもっちゃうんだよ......」

理由をうまく説明できないのだが、そのとき、彼のことをいっそう好きになった。そう打ち明けてくれたことが、なんだかうれしかったのだ。

『吃音の世界』(菊池良和著、光文社新書)を読んでいたら、40数年前の、そんな記憶が蘇ってきた。著者は、吃音症を専門とする医学博士である。


 私自身、吃音があり、今も症状があります。吃音が始まったのは幼少期で、そのことで、人に笑われたり、注意されたり、怒られたりといったことを繰り返す中で、吃音があること自体、悪いことで恥ずかしいことだと思っていました。そして中学一年生のとき、「吃音の悩みから解放されるには、医師になるしかない」と心に決め、その道に進みました。(「まえがき」より)

著者によれば、吃音には、最初の語を繰り返す「連発」(ぼ、ぼ、ぼ、ぼくは)と、最初の言葉を引き延ばす「伸発」(ぼーーくは)と、言葉が強制的に発話阻害される「難発」(.........ぼくは)の3種類があるのだという。この説明を目にしたとき、自身の吃音に対する理解の低さを感じた。

確かに言われてみればそうなのだが、私のイメージする吃音といえば「連発」しかなかったからだ。つまり日常生活を続けていくうえで、「吃音は3種ある」などということを意識する機会はなかったということだ。

MAGAZINE

特集:とっておきの世界旅50選

2019-7・16号(7/ 9発売)

イタリアの秘めた名所から沈船ダイビング、ゾウ保護区まで、ひと味違う体験を楽しみたい人向けの旅行先50

※次号は7/17(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    女性、独身、子なしを責められた台湾総統、FBで反撃

  • 2

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の指摘は重大な挑戦」

  • 3

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立の行方

  • 4

    なぜ米国の一流経済学者が日本に二流のアドバイスを…

  • 5

    2019年上半期グーグル人気検索キーワード発表 韓国…

  • 6

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 7

    「貧困の壁を越えたイノベーション」湯浅誠がこども…

  • 8

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    日本の重要性を見失った韓国

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 7

    輸出規制への「期待」に垣間見る日韓関係の「現住所」

  • 8

    なぜ米国の一流経済学者が日本に二流のアドバイスを…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月