最新記事

レゴのすべて

レゴのミニフィギュアは、こんなふうに作られている

Many Faces of the Minifigure

2018年11月9日(金)19時55分
ニューズウィーク日本版編集部

ミニフィギュアの頭部のパーツはレゴ・グループのハンガリーの工場で製造されている COURTESY LEGO GROUP ©2018

<1978年に素朴な警察官のフィギュアが登場して40年。レゴのミニフィグ人気はとどまるところを知らない。250人のデザイナーから成る同社のデザイン部門は、どうやって多彩なミニフィグを生み出しているのだろう>

LEGOmook_cover240.jpg

※この記事は、レゴブロック誕生60年を記念した特別編集ムック「レゴのすべて」より。ムックでは、その歴史から製造現場の舞台裏、人気シリーズの紹介まで、本拠地デンマークでも取材を行ってレゴの魅力に迫った。

※現在、プレゼントが当たる「#レゴのすべて」SNSキャンペーンを実施中(11月30日23:59まで)。抽選で100名様に、レアな「レゴ ニンジャゴー カイのファイヤードラゴン【30422】」をプレゼントします。キャンペーンの詳細はこちら。

レゴ・グループは創業以来、人々をとりこにする精巧なブロックの世界をつくり続けてきた。しかし70年代、同社のデザイナーたちがあることに気付いた。レゴの世界には重要な要素が欠けていた。その要素とは人間である。言ってみれば、舞台だけ出来上がっていて、そこで演じる役者がいない状態だった。

それが変わったのは1978年。デザイナーのイェンス・ニゴール・クヌーセンが最初のミニフィギュア(ミニフィグ)を作ったのだ。このときデビューしたミニフィギュアの1つが、にっこり笑う警察官だった。制服はステッカーで貼り付けてあった。

LEGOmookSR181109-2.jpg

40年前に初めて発売された警察官のミニフィギュアを今回リバイバルさせたもの。素朴な表情は変わっていない COURTESY LEGO GROUP ©2018

2018年は、ミニフィギュアが誕生して40周年。レゴ・グループはそれを記念し、パーティーをテーマにしたシリーズの一環として、40年前の警察官のミニフィギュアをリバイバルさせた(今回は制服がボディーにペイントされている)。
 
70年代のミニフィギュアの表情はほほ笑みだけだったが、今のミニフィギュアは、しかめ面をしていたり、ゆがんだ笑みを浮かべていたり、愛嬌たっぷりにウインクしていたりする。黒くて丸い目玉が2つと、にっこり笑う口が描かれただけの警察官は、最近のミニフィギュアに比べるとずいぶん素朴な印象だ。40年でレゴのミニフィギュアがいかに大きく進化したかがよく分かる。
 
「昔よりもミニフィギュアに力を入れている。さまざまな職種のミニフィギュアを作り、細部にこだわり、個性も豊かにした......ごっこ遊びの体験を充実させるためだ」と、レゴ・グループのデザイン担当副社長を務めるマシュー・ジェームズ・アシュトンは言う。

LEGOmookSR181109-3.jpg

COURTESY LEGO GROUP ©2018

レゴのミニフィギュアは、コレクターグッズとしても人気が高い。その人気は、レアなアクションフィギュアをも上回る。デザインチームはミニフィギュアを作るとき、ファンの期待に応えるために想像力を駆使する。「デザイン部門には250人のデザイナーがいて、誰もがあふれんばかりのアイデアを持っている。将来作るミニフィギュアのアイデアに事欠く心配はない」と、アシュトンは言う。

LEGOmookSR181109-4.jpg

チームのメンバーとミニフィギュイアのデザインを検討するアシュトン(左) COURTESY LEGO GROUP ©2018

ニュース速報

ビジネス

米建設支出、8月は予想上回る1.4%増 コロナ禍で

ワールド

ナワリヌイ氏事件は「平和への脅威」、安保理欧州理事

ビジネス

ユーロ高長期化で景気回復阻害、インフレも下押し=欧

ワールド

アストラゼネカのコロナワクチン候補、欧州で治験デー

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    進化の結果?獲物を丸呑みせず腹を切り裂いて食べるヘビ

  • 3

    かなりレア、暗闇で息を呑むほど圧倒的な視認性を誇る角形ダイバーズウォッチ

  • 4

    「驕る習近平は久しからず」中国コワモテ外交の末路

  • 5

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 6

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 7

    米国と台湾が共同インフラ計画で連携 中国の一帯一…

  • 8

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 9

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 10

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 5

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 6

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 7

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    進化の結果?獲物を丸呑みせず腹を切り裂いて食べる…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月