Special Issue 別冊・ムック紹介

『ニューズウィーク日本版』別冊・ムックのご案内

2018年8月31日発売

ニューズウィーク日本版特別編集  レゴのすべて

2018年8月31日発売 / 1,080円(税込)

子供も大人もレゴが大好き。
その証拠に2017年、レゴはコンサルティング会社ブランド・ファイナンスの調査で「世界で最も有力なブランド」の1位に選ばれた。
子供向けブロック玩具として1958年に誕生したレゴは、今やそれだけにとどまらず、アート作品となり、映画やテーマパークに姿を変え、スター・ウォーズやハリー・ポッターの世界を再現している。
2018年はレゴブロック誕生60周年。「昔よく遊んだ」けど大人になった今は......という人、それじゃもったいない。本誌ではレゴ・グループの協力のもと、本拠地デンマークでも取材を行った。世界中で愛されるレゴの世界へようこそ! 
●レゴブロックの読者プレゼントあり(締切:2018年10月31日消印有効)
発売記念 先着限定特典キャンペーン(カイのファイヤードラゴン)実施書店
函館 蔦屋書店/ブックファースト ルミネ大宮店/紀伊國屋書店 さいたま新都心店/紀伊國屋書店 新宿本店/ブックファースト 新宿店/ブックファースト ルミネ新宿店/三省堂書店 池袋本店/ジュンク堂書店 池袋本店/明正堂 アトレ上野店/丸善丸の内本店/有隣堂 ヨドバシAKIBA店/有隣堂 アトレ恵比寿店/SHIBUYA TSUTAYA/BOOKEXPRESS 品川サウス店/くまざわ書店 品川店/紀伊國屋書店 ららぽーと豊洲店/蔦屋家電 二子玉川/ブックファースト中野店/ブックファースト 吉祥寺店/くまざわ書店 桜ヶ丘店/ブックファースト ルミネ町田店/ブックファースト ルミネ北千住店/丸善 ラゾーナ川崎店/有隣堂 たまプラーザテラス店/有隣堂 横浜駅西口ジョイナス店/有隣堂 ルミネ横浜店/蔦屋 湘南T-SITE/BOOKEXPRESS 西船橋店/三省堂書店 そごう千葉店/TSUTAYA 成田空港第1ターミナル店/三省堂書店 名古屋本店/丸善 名古屋本店/梅田 蔦屋書店
先着特典の為、特典が無くなり次第終了です。

lego_p18-19.jpglego_p32-33.jpglego_p86-87.jpg

歴史:レゴ100年の歩み
製造工程:あのブロックができるまで
ミニフィグの世界に大人も夢中!
直角を曲線にする驚異のレゴアート
データ:すごさの中身は数字が語る
レゴ伝説を作った懐かしの名作セット
ファン作品:レゴアイデアで製品化!?
遊び=学び、レゴがつくる新たな教育の形
ブック:さあ、あなた好みの町をつくろう
レゴランドで何をして遊ぶ?
映画:レゴ・ムービー2がやってくる!
アーキテクチャー:ブロックの魔法で世界を組み立てる
工場見学:ようこそ、レゴの故郷ビルンへ
人気シリーズ:スター・ウォーズと歩んだ20年
ブロックの世界で人気者が待っている
日本のファン:本気の作品を生み出す楽しみ
読者プレゼント

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築支援を要請

  • 4

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 5

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 6

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 7

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 8

    【韓国政治データ】文在寅大統領の支持率推移(2019…

  • 9

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 10

    ドイツはプライバシー保護を徹底 京アニ犠牲者の実…

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 7

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 8

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 9

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 10

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 9

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 10

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!