Special Issue 別冊・ムック紹介

『ニューズウィーク日本版』別冊・ムックのご案内

2018年8月31日発売

ニューズウィーク日本版特別編集  レゴのすべて

2018年8月31日発売 / 1,080円(税込)

子供も大人もレゴが大好き。
その証拠に2017年、レゴはコンサルティング会社ブランド・ファイナンスの調査で「世界で最も有力なブランド」の1位に選ばれた。
子供向けブロック玩具として1958年に誕生したレゴは、今やそれだけにとどまらず、アート作品となり、映画やテーマパークに姿を変え、スター・ウォーズやハリー・ポッターの世界を再現している。
2018年はレゴブロック誕生60周年。「昔よく遊んだ」けど大人になった今は......という人、それじゃもったいない。本誌ではレゴ・グループの協力のもと、本拠地デンマークでも取材を行った。世界中で愛されるレゴの世界へようこそ! 
●レゴブロックの読者プレゼントあり(締切:2018年10月31日消印有効)
発売記念 先着限定特典キャンペーン(カイのファイヤードラゴン)実施書店
函館 蔦屋書店/ブックファースト ルミネ大宮店/紀伊國屋書店 さいたま新都心店/紀伊國屋書店 新宿本店/ブックファースト 新宿店/ブックファースト ルミネ新宿店/三省堂書店 池袋本店/ジュンク堂書店 池袋本店/明正堂 アトレ上野店/丸善丸の内本店/有隣堂 ヨドバシAKIBA店/有隣堂 アトレ恵比寿店/SHIBUYA TSUTAYA/BOOKEXPRESS 品川サウス店/くまざわ書店 品川店/紀伊國屋書店 ららぽーと豊洲店/蔦屋家電 二子玉川/ブックファースト中野店/ブックファースト 吉祥寺店/くまざわ書店 桜ヶ丘店/ブックファースト ルミネ町田店/ブックファースト ルミネ北千住店/丸善 ラゾーナ川崎店/有隣堂 たまプラーザテラス店/有隣堂 横浜駅西口ジョイナス店/有隣堂 ルミネ横浜店/蔦屋 湘南T-SITE/BOOKEXPRESS 西船橋店/三省堂書店 そごう千葉店/TSUTAYA 成田空港第1ターミナル店/三省堂書店 名古屋本店/丸善 名古屋本店/梅田 蔦屋書店
先着特典の為、特典が無くなり次第終了です。

lego_p18-19.jpglego_p32-33.jpglego_p86-87.jpg

歴史:レゴ100年の歩み
製造工程:あのブロックができるまで
ミニフィグの世界に大人も夢中!
直角を曲線にする驚異のレゴアート
データ:すごさの中身は数字が語る
レゴ伝説を作った懐かしの名作セット
ファン作品:レゴアイデアで製品化!?
遊び=学び、レゴがつくる新たな教育の形
ブック:さあ、あなた好みの町をつくろう
レゴランドで何をして遊ぶ?
映画:レゴ・ムービー2がやってくる!
アーキテクチャー:ブロックの魔法で世界を組み立てる
工場見学:ようこそ、レゴの故郷ビルンへ
人気シリーズ:スター・ウォーズと歩んだ20年
ブロックの世界で人気者が待っている
日本のファン:本気の作品を生み出す楽しみ
読者プレゼント

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 8

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 9

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 10

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立…

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!