Special Issue 別冊・ムック紹介

『ニューズウィーク日本版』別冊・ムックのご案内

2018年8月31日発売

ニューズウィーク日本版特別編集  レゴのすべて

2018年8月31日発売 / 1,080円(税込)

子供も大人もレゴが大好き。
その証拠に2017年、レゴはコンサルティング会社ブランド・ファイナンスの調査で「世界で最も有力なブランド」の1位に選ばれた。
子供向けブロック玩具として1958年に誕生したレゴは、今やそれだけにとどまらず、アート作品となり、映画やテーマパークに姿を変え、スター・ウォーズやハリー・ポッターの世界を再現している。
2018年はレゴブロック誕生60周年。「昔よく遊んだ」けど大人になった今は......という人、それじゃもったいない。本誌ではレゴ・グループの協力のもと、本拠地デンマークでも取材を行った。世界中で愛されるレゴの世界へようこそ! 
●レゴブロックの読者プレゼントあり(締切:2018年10月31日消印有効)
発売記念 先着限定特典キャンペーン(カイのファイヤードラゴン)実施書店
函館 蔦屋書店/ブックファースト ルミネ大宮店/紀伊國屋書店 さいたま新都心店/紀伊國屋書店 新宿本店/ブックファースト 新宿店/ブックファースト ルミネ新宿店/三省堂書店 池袋本店/ジュンク堂書店 池袋本店/明正堂 アトレ上野店/丸善丸の内本店/有隣堂 ヨドバシAKIBA店/有隣堂 アトレ恵比寿店/SHIBUYA TSUTAYA/BOOKEXPRESS 品川サウス店/くまざわ書店 品川店/紀伊國屋書店 ららぽーと豊洲店/蔦屋家電 二子玉川/ブックファースト中野店/ブックファースト 吉祥寺店/くまざわ書店 桜ヶ丘店/ブックファースト ルミネ町田店/ブックファースト ルミネ北千住店/丸善 ラゾーナ川崎店/有隣堂 たまプラーザテラス店/有隣堂 横浜駅西口ジョイナス店/有隣堂 ルミネ横浜店/蔦屋 湘南T-SITE/BOOKEXPRESS 西船橋店/三省堂書店 そごう千葉店/TSUTAYA 成田空港第1ターミナル店/三省堂書店 名古屋本店/丸善 名古屋本店/梅田 蔦屋書店
先着特典の為、特典が無くなり次第終了です。

lego_p18-19.jpglego_p32-33.jpglego_p86-87.jpg

歴史:レゴ100年の歩み
製造工程:あのブロックができるまで
ミニフィグの世界に大人も夢中!
直角を曲線にする驚異のレゴアート
データ:すごさの中身は数字が語る
レゴ伝説を作った懐かしの名作セット
ファン作品:レゴアイデアで製品化!?
遊び=学び、レゴがつくる新たな教育の形
ブック:さあ、あなた好みの町をつくろう
レゴランドで何をして遊ぶ?
映画:レゴ・ムービー2がやってくる!
アーキテクチャー:ブロックの魔法で世界を組み立てる
工場見学:ようこそ、レゴの故郷ビルンへ
人気シリーズ:スター・ウォーズと歩んだ20年
ブロックの世界で人気者が待っている
日本のファン:本気の作品を生み出す楽しみ
読者プレゼント

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    四川省出身のチャイナラッパーが世界に大躍進

  • 5

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

  • 7

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    許せない! オランウータン母子襲われ子は栄養失調…

  • 10

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 9

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!