Special Issue 別冊・ムック紹介

『ニューズウィーク日本版』別冊・ムックのご案内

2020年6月24日発売

ニューズウィーク日本版特別編集『COVID-19のすべて』

2020年6月24日発売 / 本体900円+税

新型コロナウイルスを知る

Novel Coronavirus
人類vs新型コロナウイルス
感染症 新型コロナウイルスが人類に問い掛けるもの
マップ 世界を脅かす新型コロナウイルス
図解 ゼロから分かるSARS-CoV-2
解説 データで知るパンデミック
Q&A 先生、教えてください! COVID-19とは何か
予防 新型コロナウイルスから身を守る10の方法
日本 クルーズ船が残した重い教訓
ケーススタディー 豪華客船が教える致死率の真実
医薬品 コロナに効く既存薬はどれだ
対談 日本のコロナ対策は過剰だったのか
 
 
Infectious Disease
人類vs感染症
公衆衛生 新型コロナの対策は感染症の歴史から学べ
新型インフル 「09年豚インフル」という教訓
基礎知識 見えないけれどいる 病原体の正体を知る
再流行 感染症に国境はない こんな病気が上陸する
グローバル化 恐ろしい感染症が世界中に潜んでいる
Post-Coronavirus World
新型コロナが変えた世界
国際社会 全人類の敵と戦うには新たな団結が必要だ
社会 元通りの生活には二度と戻らない
経済 ポストコロナ時代に世界経済はこう変わる
展望 世界的エコノミスト9人が未来を大予測
分析 コロナで加速する世界経済の再編
トレンド そしてマスクは主流のファッションに
中国 疫病で共産党支持が強固になる皮肉
視点 コロナ後にやって来る中国の時代
特別寄稿 この厄災の経験を「記憶する人」であれ
日本経済 新型肺炎で始まる脱中国
働き方 リモートワーク革命がやって来た
エッセー コロナに試されるNYの意識改革

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史からそれは明らか

  • 3

    日本人の親による「子供連れ去り」にEU激怒──厳しい対日決議はなぜ起きたか

  • 4

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 5

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 6

    死刑に賛成する弁護士もいる、終身刑ではいけない理…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 9

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 10

    フィリピン首都マニラ都市圏が再ロックダウン 新規…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 4

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 7

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 8

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 9

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 10

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 6

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 7

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 8

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 9

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!