Special Issue 別冊・ムック紹介

『ニューズウィーク日本版』別冊・ムックのご案内

2020年6月24日発売

ニューズウィーク日本版特別編集『COVID-19のすべて』

2020年6月24日発売 / 本体900円+税

新型コロナウイルスを知る

Novel Coronavirus
人類vs新型コロナウイルス
感染症 新型コロナウイルスが人類に問い掛けるもの
マップ 世界を脅かす新型コロナウイルス
図解 ゼロから分かるSARS-CoV-2
解説 データで知るパンデミック
Q&A 先生、教えてください! COVID-19とは何か
予防 新型コロナウイルスから身を守る10の方法
日本 クルーズ船が残した重い教訓
ケーススタディー 豪華客船が教える致死率の真実
医薬品 コロナに効く既存薬はどれだ
対談 日本のコロナ対策は過剰だったのか
 
 
Infectious Disease
人類vs感染症
公衆衛生 新型コロナの対策は感染症の歴史から学べ
新型インフル 「09年豚インフル」という教訓
基礎知識 見えないけれどいる 病原体の正体を知る
再流行 感染症に国境はない こんな病気が上陸する
グローバル化 恐ろしい感染症が世界中に潜んでいる
Post-Coronavirus World
新型コロナが変えた世界
国際社会 全人類の敵と戦うには新たな団結が必要だ
社会 元通りの生活には二度と戻らない
経済 ポストコロナ時代に世界経済はこう変わる
展望 世界的エコノミスト9人が未来を大予測
分析 コロナで加速する世界経済の再編
トレンド そしてマスクは主流のファッションに
中国 疫病で共産党支持が強固になる皮肉
視点 コロナ後にやって来る中国の時代
特別寄稿 この厄災の経験を「記憶する人」であれ
日本経済 新型肺炎で始まる脱中国
働き方 リモートワーク革命がやって来た
エッセー コロナに試されるNYの意識改革

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 2

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」が盗難

  • 3

    州兵たちの仕事は「愛国」を叫ぶ同胞たちから議事堂を守ること

  • 4

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 7

    米司法省、議会襲撃めぐり地方政府当局者を逮捕 大統…

  • 8

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 9

    菅首相、1分に1回以上口にする「ある口癖」 言葉が心に…

  • 10

    米国務長官「武漢研究所の複数の研究員がコロナとも…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 6

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 9

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 10

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 8

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 9

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

  • 10

    ジャック・マーは中国当局に「消された」のか? 中…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!