Special Issue 別冊・ムック紹介
『ニューズウィーク日本版』別冊・ムックのご案内
2021年11月15日発売

0歳からの教育2022

2021年11月15日発売 / 定価990円(本体900円)

3歳までにすべきこと、できること。科学で読み解く発達のメカニズム/心と体、能力の伸ばし方

Introduction
荒波に負けず健やかな赤ちゃんを育てるために
 
第1章 YourChild DEVELOPMENT
発達 個性豊かな成長を上手に支えて見守って
言語 高い声でゆっくり話す赤ちゃん言葉は大切
精神力 大人の苦労を見てチャレンジ精神を学ぶ
スキンシップ 愛情たっぷりに触ってなでて抱っこして
玩具 未来の可能性を広げる遊びとおもちゃ
●専門家イチオシのおもちゃ10選
 
第2章 YourChild EMOTIONS
性格 豊かな個性を尊重して長所を伸ばすには
性差 ジェンダーの型にとらわれないために
認識力 パパとママの顔は表情と感情の情報源
研究 赤ちゃんの泣き声はなぜ無視できないの?
 
第3章 YourChild HEALTH
睡眠 すやすや眠って脳と体と心は育つ
●夜泣きにさようなら
授乳 赤ちゃんにもママにも母乳は利点がいっぱい
人工乳 母乳育児を支える上手なミルクの使い方
食事 ヘルシーな食生活の第一歩は優しく賢く
料理 小さくたってクッキングできるよ
●こんなお手伝いなら任せて
安全 ヒヤッと事故を確実に防ぐには
健康 親が知っておきたい病気の予防法と対処法
 

第4章 YourChild PARENTING
家族 祖父母だって大活躍、子育てはみんなで
●数字で読み解くアメリカの孫育て事情
●孫育てにどう参加する? どう参加してもらう?
サポート ママとパパを救う最強の味方とは
アドバイス 「完璧な子育て」の呪縛を振りほどいて
電子機器 子供とスクリーンの正しい付き合い方は?
 
第5章 YourChild LEARNING
外国語 英語力を育てるために今できること
言葉 バイリンガルキッズは切り替え上手
能力 理系脳を伸ばすための5つのアドバイス
運動 未来の名アスリートは遊びから生まれる
音楽 リズムとサウンドはおしゃべり力まで磨く
●情緒を育むためのおすすめ絵本

MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 2

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 3

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 4

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 5

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 6

    南海トラフ巨大地震で日本を失わないために

  • 7

    台湾に100機近い気球を飛ばしてくる中国が意味不明

  • 8

    アウディーイウカ制圧「ロシアは大きな犠牲を支払っ…

  • 9

    中国株の暴落が止まらない 外国人投資家はほぼ撤退

  • 10

    2024年を生き抜いたプレーヤーが、Web3.0の未来を握る

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    「ノージャパン」はどこへ......韓国ソウルの街角に…

  • 7

    日経平均「ほぼ史上最高」を喜べない2つの理由

  • 8

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中