Special Issue 別冊・ムック紹介
『ニューズウィーク日本版』別冊・ムックのご案内
2022年3月22日発売

世界の最新医療2022

2022年3月22日発売 / 定価990円(本体900円)

病気の克服という挑戦はどこまで進んでいるのか

TOPICS
最新医療トピックス
治療困難系癌に「専門ドック」
頭頸部癌の生存率を上げる治療法
見えない悪性腫瘍を「光る」新薬で可視化する
腎不全の進行はこうして抑えよ
中高年女性に急増するストレス性心筋症
喘息患者のT細胞が脳腫瘍治療の光明に?
その予兆は横断性脊髄炎かもしれない
不整脈や吸引苦の恐れもある漏斗胸
進化する腹腔鏡手術「SILS」の実力は
視覚検査で認知症を早期に診断する
アルツハイマー病をワクチンで治療する日
 
RESEARCH & TECHNOLOGY
最先端の研究・医療技術
コラテジェンが開く医療の未来
あなたにマッチするスピード矯正治療は?
超短期治療が可能になるインプラントの最前線
「金ナノ粒子」が開く癌治療新時代
感染症が脳に与える未知のダメージ
自宅でも本格医療の時代へ
つらい腰痛は絶対安静よりも「適度に動く」でOK
PREVENTION & CARE
予防とリハビリの最前線
加齢性黄斑変性と正しく向き合う
産後ケアの重要性を社会が再認識せよ
ビタミンDが他とは「一味」違う理由
期待が高まるケタミンの抗鬱効果
2型糖尿病の食事療法に新説あり
コロナ禍で「眠れない人」が急増中
老いを止める「秘薬」を求めて
HIVとの闘いはまだ終わっていない
赤ちゃんを襲う「MIS-C」の恐怖とは
おなか周りの脂肪は薬で治療する時代
患者と医者をアプリで結んで健康診断
体づくりと健康に効果的な運動の量と頻度は?
バーチャル体験でリアルな痛みを軽減する
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「世界一の親イスラエル国」なのに、イスラエルがウクライナに塩対応の理由

  • 2

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 3

    炎で夜空が赤く染まる映像...ウクライナ無人機がロシア最大級の製鉄所を爆撃か

  • 4

    侵攻2年の記念にふさわしい勇気、一人で10人のロシア…

  • 5

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 6

    衛星写真:南シナ海のスカボロー礁に「浮遊障壁」、…

  • 7

    中国企業、IPO計画中止相次ぐ...今年すでに47社が上…

  • 8

    トランプ、「党団結」は程遠く 予備選連勝も本選に…

  • 9

    フィリピンにある「世界最古のチャイナタウン」で旧…

  • 10

    【欧州世論調査】ウクライナ戦争の予測「ロシア勝利…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 6

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中