Special Issue 別冊・ムック紹介
『ニューズウィーク日本版』別冊・ムックのご案内
2019年3月31日発売

0歳からの教育 学ぶ力の伸ばし方 学習編

2019年3月31日発売 / 定価880円(本体800円)

最新研究で読み解く体と心の発達 個性と興味、能力を上手に磨く

Introduction
赤ちゃんとの学びの旅は始まったばかり…
 
第1章 YourChild DEVELOPMENT
発達 成長の種をまいて豊かな愛情で育てる
■自分のペースでゆっくり成長
認知能力 赤ちゃん脳が秘めた無限の可能性
■1歳児だってロジカルに思考する
■6カ月から確率を理解?
言葉 おしゃべりの準備は生まれたときから
■言葉を紡ぐ神秘のプロセス
■話す力を伸ばすコツ教えます
読書 親子で楽しむ絵本が知能の発達を促す
IT機器 テクノロジーとの上手な付き合い方は
■スクリーンタイムを管理する5つの攻略法
動作 赤ちゃんは大人を見て学ぶ天才だ
 
第2章 YourChild EMOTIONS
思考 子供たちの見る世界はなぜバラ色なのか
社会生活 鋭い観察眼で人間関係をえり好み
メンタル 困難に立ち向かう健全な自尊心を育む
■失敗体験で鍛える立ち直り力
道徳 思いやりの心はこんなに大事!
家族 互いを育て合うきょうだいは名教師

第3章 YourChild HEALTH
授乳 母乳は赤ちゃんにもママにも最高の選択
■母乳とミルク…どう選べばいい?
睡眠 脳と体と心を育てる独特な眠りの秘密
病気 また風邪?と気に病まないで
味覚 ヘルシーな食事が大好きになるために
■健康な食習慣のため親ができること
ワクチン 予防接種の軽視が感染症大流行を招く
動物 わが子もペットも大切な家族だから
症状 食物アレルギーは「食べて防ぐ」へ
 
第4章 YourChild PARENTING
エッセー 迷えるママ、パパは肩の力を抜いていい
父親 イクメン脳を磨いて仕事もできる男に
社会 子育てのジレンマは親のせいじゃない
男女 父は息子に、母は娘に「投資」する
産後ケア 出産後のママを1人にしないで
心理学 ヘリコプターな親が子供を壊す
対策 抑え切れないストレスを感じたら
 
第5章 YourChild LEARNING
算数 理数系の能力を伸ばす日常生活の工夫は
外国語学習 幼児英語のコツは歌と遊びと楽しい時間
スポーツ うちの子を一流のアスリートにしたい!
音楽 子供がピアノ教室で挫折しないために
本 自分で読書ができても読み聞かせは続けて
■本嫌い? 男の子が読書に親しむ6つの戦略
■就寝前の親子におすすめの8冊

MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の差別扇動

  • 3

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で犯した5つの失策

  • 4

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 5

    「世界一の親イスラエル国」なのに、イスラエルがウ…

  • 6

    炎で夜空が赤く染まる映像...ウクライナ無人機がロシ…

  • 7

    侵攻2年の記念にふさわしい勇気、一人で10人のロシア…

  • 8

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 9

    トランプ、「党団結」は程遠く 予備選連勝も本選に…

  • 10

    衛星写真:南シナ海のスカボロー礁に「浮遊障壁」、…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中