最新記事

JURASSIC PARK

『ジュラシック・ワールド』最新作監督「恐竜の声で俳優たちを...」

2018年6月29日(金)12時18分
ニューズウィーク編集部

最新作を手掛けたバヨナは、恐怖心や深い人間心理の表現が得意 ©UNIVERSAL PICTURES


jurassicmookcover-200.jpg<7月13日から全国公開となる『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の監督は、スペイン出身のフアン・アントニオ・バヨナ。シリーズに新風を吹き込むバヨナにインタビューした。本誌SPECIAL EDITIONムック「『ジュラシック・パーク』シリーズ完全ガイド」より>

最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の監督は、『永遠のこどもたち』『怪物はささやく』などで恐怖心や深い人間心理を表現してきたスペイン出身のフアン・アントニオ・バヨナ。撮影現場の様子や、作品の見どころなどについて語ってくれた。

――シリーズの伝統を守ることと、あなた自身の作風を加えることのバランスをどう取った?

監督に決まってからいろいろとリサーチをして、恐竜に魅せられている子供たちにとってこのシリーズがいかに大事なのかを理解したよ。恐竜の皮膚感や色が重要だと気付いたから、インダストリアル・ライト&マジック(ILM)のスタッフと話し合いを重ねて前作の恐竜にもっと色彩を加えることにした。

――スティーブン・スピルバーグが『ジュラシック・パーク』の撮影現場で恐竜の声を流したというのは有名な話。あなたも同じことをしようと思った?

現場ではいつでも恐竜のうなり声を流せるように準備していた。俳優たちも驚かされることを楽しんでいたから、隙をうかがってはびっくりさせていた。

――前作に続きマイケル・ジアッキーノが音楽を担当した。

マイケルはこの作品に求められる音楽を完璧に理解している。彼とは音楽のこと、ジョン・ウィリアムズやヒッチコック作品の音楽を担当したバーナード・ハーマンのことなんかをいろいろ話し合ったよ。偶然にも2人で同じ曲のことを考えていたのは面白かった。『SF巨大生物の島』(61 年)の音楽のことを話したら、彼も同じことを思っていたと言うんだ。うれしかったね。

――オーウェン(クリス・プラット)やクレア(ブライス・ダラス・ハワード)など前作と同じ人物が登場する。

オーウェンとクレアは前作よりも人間的に成長している。彼らは別れてしまったが、クレアがオーウェンに恐竜を救出するため島に戻るよう説得し、シリーズならではの化学反応が起こるんだ。クリスとブライスは自分の役をよく理解しているし、相性もすごくいい。

――シリーズ第1、2 作に出ていたイアン・マルコム博士(ジェフ・ゴールドブラム)が再登場する。

新作に過去の作品の要素を取り入れるのは面白いが、この作品は3 部作の2 作目ということに留意する必要があった。3 作目の完成前に、過去作の影響を2作目に反映するのは複雑で危険な行為。だからこそ、イアン・マルコムが必要だった。物事が複雑な方向に進み過ぎたら、彼が正しい道を示してくれる。物語が込み入っても、マルコムが「理性の声」になってくれた。

――本作の一番の見どころは?

コリン・トレボロウ(前作監督で本作の製作総指揮・脚本)と話したのは、恐怖の要素をもっと加えたいということ。第1作でティラノサウルス(T-レックス)を初めて見たり、厨房でヴェロキラプトルと遭遇する場面の感覚を私は今も覚えている。みんなスリルは大好きだから、今回は恐怖のレベルを上げたかった。楽しく撮影できたし、劇場で観客の反応を見てもっと楽しみたいね!

◇ ◇ ◇

※世界中の映画ファン、恐竜ファンを魅了してきた『ジュラシック・パーク』の全米公開25周年を記念した、本誌SPECIAL EDITIONムック「『ジュラシック・パーク』シリーズ完全ガイド」は、シリーズ全作の知られざる逸話や最新作の見どころが満載。こちらからお買い求めになれます。

【参考記事】琥珀とダニと恐竜再生──『ジュラシック・パーク』が現実に?
【参考記事】ハイブリッドな恐竜もいる、怖くて愛すべき恐竜図鑑

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

NATOは欧州防衛に不可欠=マティス米国防長官

ワールド

ブラジル次期大統領、健康上の理由でG20首脳会議欠

ワールド

米上院、サウジ支援停止法案採決の可能性 イエメン内

ビジネス

焦点:GDPから透ける外需依存の脆弱さ、大型対策実

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    韓国は、「反日」ではなく「卑日」になったのか?

  • 7

    太陽熱を最長18年貯蔵できる、画期的な太陽熱燃料が…

  • 8

    官民あげて日本就職に取り組む韓国の最新事情 

  • 9

    「歴史の悪魔」を蘇らせるのはトランプ米大統領では…

  • 10

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあったのはドリアン2トン

  • 3

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓国大法院判決全文の熟読で分かったこと

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 6

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 7

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 8

    金融庁も激怒した、日本の投資信託のイケてなさ

  • 9

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 10

    【動画】ロシア軍機が米軍機をインターセプト

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    安倍首相はよく耐えた!

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月