最新記事

自己啓発

著名な写真家・起業家チェイス・ジャービスが指南する「創造を生む習慣」

2020年6月5日(金)16時40分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

Witthaya Prasongsin-iStock.

<写真業界で活躍し、世界有数の学習プラットフォーム「CreativeLive」の共同設立者でもあるチェイス・ジャービス。彼はこう言う。クリエイティブになれば幸せになれる。そのために大切なのは「いま始めること」>

チェイス・ジャービスは、全米で最も影響力のあるフォトグラファーのひとりとして知られている。これまでにアップルやナイキ、レッドブルといった錚々たる一流ブランドのキャンペーンを手がけ、過去にはエミー賞にノミネートされた経歴を持つ。

さらに、写真共有アプリ「Best Camera」を立ち上げたのに続いて、世界トップクラスのクリエイターや起業家が講師陣に名を連ねるオンライン学習プラットフォーム「CreativeLive」の共同設立者・CEOという起業家としての顔も併せ持つ。

ここで講義にあたるのは、ピュリツァー賞、グラミー賞、アカデミー賞の受賞者に加えて、ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーリストにランクインする作家、「ソートリーダー(Thought Leader)」と呼ばれる各分野の思想的リーダーたち、それに革新的な起業家たちだ。その数は700人以上。

2010年の立ち上げ以来、世界中の1000万を超える人々が「CreativeLive」の動画やポッドキャスト、記事などで学び、その累計学習時間は何十億分にもなるという。わずか数年で、クリエイティブ教育、起業家教育において世界有数のプラットフォームに成長した。

この成功を受けて、ジャービスの名はビジネスの世界でも広く知れ渡り、現在では「フォーチュン100企業」のアドバイザーも務めている。

そんな男が、本を書いた。写真でも教育でもなく、テーマは「創造性」。ジャービスがこれまでの人生で創造性について学んできたことの全てが詰まった1冊――『Creative Calling クリエイティブ・コーリング――創造力を呼び出す習慣』(多賀谷正子・訳、CCCメディアハウス)だ。

芸術だけでなく、ビジネスも家族の世話も創造である

あなたは自分の人生に夢中になれているか?――そう問われて、自信を持って「イエス」と答えられる人が、どれほどいるだろうか。

思いどおりの人生ではないとか、まだ自分の生き方を模索しているとか、人生には概ね満足しているが「夢中」と言えるほどではない、という人も多いだろう。

そんな人生の打開策となるもの、それは「クリエイティブ」かもしれない。クリエイティブになることを通して、もっと豊かで、奥深く、生きがいを感じられる、そんな望みどおりの人生を設計する方法を手にすることができる。

そう説くのが、ジャービスの『Creative Calling』だ。自分の内なる創造への欲求に従ったことで、失敗を乗り越えて人生を成功へ導いたジャービスが、創造性を生かす具体的な方法を伝授する。

なぜ、クリエイティブになると人生がよりよくなるのか。それは、創造的であれば、自分が心から求めているものが見つかり、自分の人生がどこに向かっているのか、どこへ向かうべきかがよく分かるようになるからだ、とジャービスは説明する。

ニュース速報

ワールド

香港民主派予備選、60万人超が投票 予想上回る

ワールド

国土強靭化、骨太方針2つ目の柱に位置付けたい=西村

ワールド

米、中国にいる自国民に恣意的な拘束のリスクを警告

ワールド

トランプ大統領、公の場で初のマスク姿 軍の病院訪問

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 7

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 10

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月