最新記事

株の基礎知識

安定的に稼ぎ続けるトレーダーは、圧倒的に負け方が上手い

2020年2月20日(木)17時00分
株の学校ドットコム ※株の窓口より転載

gorodenkoff-iStock.

<全てのトレードで勝つことなど、誰にもできない。では、株で安定して稼げるようになるための「正しい負け方」とは?>

稼ぐための負け方を知っていますか?

雑誌や書籍などで「1年で〇億を稼いだ!」というフレーズを見かけると、一体どんな手法を使ったのか気になる人も多いでしょう。手法が相場に見事にハマれば、短期間のうちに"億り人"になることも夢ではありません。

しかしながら、ものすごい勝率で勝ち続けていたトレーダーが、たった1回の負けで全てを失い、静かに相場を後にする......という悲劇もよく起こっています。また、しばらく勝ちが続いた人ほど、小さな負けでも受け入れることができず、含み損を抱えたまま放置して"塩漬け"にしてしまいがちです。

一方で、10年以上にわたって毎年のように数千万円、数億円といった金額を安定して稼ぎ続けているプロトレーダーもいます。

その違いは何なのでしょうか? 一時的には勝てても、たった1回か2回の失敗で大きな損失を出し、退場させられてしまう人と、安定して稼ぎ続け、小さな資金から始めても億単位の利益を出せるようになる人との大きな違い──

それは「負け方」です。

安定的に稼ぎ続けるトレーダーは、圧倒的に負け方が上手いです。そして、ほとんどのトレーダーが勝てないのは「正しい負け方」を知らないからなのです。もし、いまトレードで利益を出せていないとすれば、その原因は、勝ち方ではなく負け方にあるかもしれません。

いかに「正しく」損するか

あなたは株の売買をするときに何を考えますか?

もちろん、儲けることを考えているでしょう。このトレードで10万円稼ぐ! とか、今月こそ100万円稼ぎたい! などなど、すべて儲けることばかりで、負けること、つまり、買った株が下がったり、空売りした株が上昇してしまった際のことを考えていないのではないでしょうか。

■プロでも全トレードで勝つことはできない

そもそも、「負けたくない」「損をしたくない」と思いばかりが募って、全てのトレードで勝とうとしていませんか?

しかし残念ながら、全てのトレードで勝つことは、プロのトレーダーでも不可能です。買いでエントリーした銘柄の株価が下がることは、実は結構よくあることです。当然、そのトレード結果はマイナスになります。つまり、負け。それが現実なのです。

全てのトレードで損をしたくないと思っていると、想定に反して下落したときも「たぶん一時的なもの。そのうち戻るだろうから、戻ったら売ろう」と考えてしまいがちです。そして、たまたまプラスマイナスゼロ付近か若干プラスまで戻って、うまく手仕舞いできることもあるでしょう。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米失業保険申請87万件、予想超える増加 コロナ禍回

ビジネス

英、雇用支援の規模縮小 財務相「全ての雇用救えず」

ワールド

ブラジル中銀、20年GDP見通しを5%減に上方改定

ワールド

トルコ中銀、政策金利10.25%に引き上げ リラ支

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮想「東シナ海戦争」の結末

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」の卑劣な手口

  • 4

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 5

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 6

    日本人はたぶん知らない、日本の定期券がちょっと残…

  • 7

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 8

    中国人に同化されゆく内モンゴルの問題は内政問題に…

  • 9

    『わかりやすさの罪』から抜け落ちている「わかりや…

  • 10

    Siriが「テロリストは警官」と返答、アップルに怒り…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 5

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 6

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 7

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 8

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 9

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 10

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 4

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

  • 10

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月