最新記事

AI時代の英語学習

AIに「誤解」の余地を与えるな:機械翻訳で高品質な英文を作成する9つのヒント

2020年2月28日(金)12時05分
ニューズウィーク日本版編集部

Maica-iStock.

<グーグル翻訳など機械翻訳(自動翻訳)の便利さは魅力だけど、AIのミスに気付かなかったら怖い......。そう考えて二の足を踏む人も多いのでは? 和文英訳で質の高い英文を作成したいとき、翻訳の精度を高めるカギは「前」と「後」のひと手間。本誌「AI時代の英語学習」特集より>

1. 「プレエディット」を念入りに

おかしな英訳を回避するための最大のコツは、AIに「誤解」する余地を与えないこと。そのためには原文の日本語をAI仕様に調整する必要がある。「プレエディット」と呼ばれるこのプロセスによって、翻訳の精度は飛躍的に向上する。
20200303issue_cover200.jpg
機械翻訳の品質改善に詳しいヒューマンサイエンスの德田愛によれば、適切なプレエディットを行った場合は行わない場合と比べて、人間の翻訳と遜色ない、あるいは問題なく読める水準の英文が表示される割合が20%ほど高まったという。

2. 曖昧さを残さない

最も基本的なプレエディットは、主語や目的語など日本語で省略されがちな要素を書き足すこと。また、曖昧な係り受けにも注意が必要だ(「私は3年間の出向中に彼が転職したのを知った」は2通りに解釈できる)。

ほかにも代名詞の指すものを明確にする、性別や単数か複数かを明記する、二重否定(可能性がないわけではない)や部分否定(全ての項目が達成されたわけではない)、解釈の分かれる表現(製品Aは製品Bのようにバグがない)を避けるといった工夫も効果的だ。

3. 文を短く、簡潔に

「1つの文で伝える内容は1つだけ」の原則を厳守し、短く簡潔な原文を用意すること。マニュアル関連なら1文を20文字以内、メールや報告書でも40~50字以内に制限すると正しい英文が産出されやすいと、德田は指摘する。

また、原文を調整する際は、副詞節は1文中に1回、並列節は2回まで、といったルールを課すといいという。

4. 慣用表現にご用心

何げなく使っている慣用表現が思わぬ誤解を生むことも。例えば日本語では「難しい」「検討が必要」といった遠回しな表現で「できない」ことを伝えるが、これらに対応する「difficult」「need to be considered」には「大変だが何とかなる」というニュアンスが含まれる場合がある。

定型の挨拶表現も要注意だ。「高橋様におかれましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます」をグーグル翻訳にかけると、「Takahashi is grateful to you for your continued success.(高橋さんはあなたの継続的な成功に感謝している)」となってしまう。

英文メールでは冒頭や末尾の挨拶が不要の場合も多いので、日本語の常識を脇に置き、伝えるべきメッセージを明確にしよう。

【参考記事】new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)...厚労省の新型ウイルス情報の英語がひどかった

関連ワード

ニュース速報

ワールド

緊急事態判断、「強いメッセージ」必要と専門家が指摘

ビジネス

ホンダの今期、営業益横ばい見込む 販売回復も原材料

ビジネス

第1四半期末の中国投信販売残高、アントが首位=業界

ビジネス

暗号資産、マスク氏ツイートで乱高下 ビットコイン週

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 2

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 3

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われることのない重罪

  • 4

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 5

    コカ・コーラ、マッキンゼー、ソニー...... ミャンマー…

  • 6

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 7

    インドの空港倉庫に国際支援物資置き去り 「どこに…

  • 8

    米物価上昇が意味すること

  • 9

    「話すことが苦手だった」メンタリストDaiGoの人生を…

  • 10

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 4

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月