コラム

new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)...厚労省の新型ウイルス情報の英語がひどかった

2020年02月23日(日)10時00分

厚生労働省ウェブサイトのトップページ

<厚労省のウェブサイトを見ると、新型コロナウイルスに関する重要な情報は不自然な英語が多く、また日本語の分からない人には見つけにくいという問題があった(その後、批判されて改善されたが)。問題は質の低い機械翻訳にあり、その根本は今も変わっていない>

先日、東京のとあるホテルのエレベーターに乗ると、日本語と英語と中国語で書かれた「咳エチケット」のポスターが貼ってありました。新型コロナウイルスの蔓延が懸念される中では当たり前のように思われますが、そのポスターを見て私は驚きました。ポスターの英語があまりにもおかしかったからです。

●With doing nothing, a cough and a sneeze are done.
When doing a cough and a sneeze, about 2 m of spray flie
s.
There is a possibility that a pathogen is included in spray, a
nd there is a possibility that I infect other people with the d
isease.

ポスターの上部には厚生労働省のURLが書かれてあったので、早速チェックしてみました。

厚労省のサイトの右上にある「English site」をクリックすると英語のページに移りますが、上のツイートをした2月16日の時点では、そこにコロナウイルス関連の情報は見当たりませんでした。そこで次に、日本語サイトのコロナウイルス関連のページを開き、ページの左上にある「言語切替」で英語を選択しました。

すると出てきたのが、下記のメッセージです。

●The following pages are translated by a machine translation system.
Note that the machine translation system doesn't guarantee 100% correctness.
Some proper nouns might not be translated correctly.
Some PDF might not be able to translate.

つまり、これから表示される英語のページは機械翻訳によるものというお知らせのメッセージなのですが、このメッセージの英語そのものがとても不自然(特に、Some PDF might not be able to translate. は Some PDFs may not be translatable. のほうがよいです)だったので、その後に表示される英語はあまり信頼できる翻訳ではないように思われます。

ホテルのエレベーターに貼ってあった咳エチケットの情報の変な英語も、この機械翻訳によるものです(参考)。ホテルの人は厚労省のサイトにあるものなら大丈夫だと判断したのかもしれませんが、決して「大丈夫」ではありませんでした。

私はコロナウイルスに関する他の情報もチェックしましたが、ごく少数のPDFと情報ページ1つを除く全てが同様に機械翻訳による理解しがたい英語で書かれていました。韓国語と中国語のオプションもありましたが、それも同程度の出来ではないかと疑われます。

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 北九州市立大学英米学科グローバルビジネスプログラム教授。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『英語の品格』(共著)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著)など著書多数。最新刊は『マンガでわかる外国人との働き方』(共著)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

独VW、加オンタリオ州にバッテリーセル工場の建設検

ワールド

米司法省、テスラに運転支援システム関連の資料提出要

ワールド

米債務上限協議で具体案見込まれず、大統領・下院議長

ビジネス

アダニ中核企業の公募増資完了、不正疑惑でも投資家か

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 3

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうやって見る?

  • 4

    「服と関係ない」「不快」 裸のモデルの胸に手術跡..…

  • 5

    12歳子役の「最低主演女優賞」候補入りに批判殺到 …

  • 6

    メーガンの「おふざけ」とは大違い? ダイアナが見せ…

  • 7

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大…

  • 8

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 9

    卵1パック974円──アメリカで超高級食材になってしま…

  • 10

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 5

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の…

  • 9

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大…

  • 10

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 9

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中