コラム

「We apologize for the trouble and inconvenience」工事のお知らせなどで見つけた妙な英語

2019年10月17日(木)11時25分
「We apologize for the trouble and inconvenience」工事のお知らせなどで見つけた妙な英語

shih-wei-iStock.

<ホテルなどで、何らかの臨時的な伝達事項を英語で書かなければならない時がある。しかし残念ながら、そういったお知らせの文章には英語の間違いが多く見られる。どこが不自然なのか、どう変更すれば誤解を生まずに済むのか>

この連載の第1回では、日本のホテルにある案内文や説明文に見られる妙な英語の例をいくつか紹介しました(「We are so sorry for the inconvenience」日本のホテルで見つけた妙な英語)。

それらの文章には一度作ると終わりというものも多いですが、状況の変化に合わせて宿泊客に臨時のお知らせをする必要性も時にはあるでしょう。その時、外国人宿泊者向けにもお知らせの英語版を用意することが大切です。

私が今までに泊まった日本のホテルは、そういった臨時のお知らせを親切にも英語で表示してくれていました。しかし、その中には望ましくない英語表現も見られました。

間違った英語を長期にわたり掲示するのは弊害が大きいため、ずっと使う案内文・説明文であれば、誰かに事前にチェックしてもらうケースが少なくないと思います。逆に、臨時のお知らせなど一時的に使う文章の場合、そこまで手間をかけないところもあるのではないでしょうか。

そのため、こういったお知らせ文は日本人が英語でよく間違えるポイントを凝縮していると言ってもいいでしょう。その意味で、良い勉強の材料になると思います。

皆様にとって参考になれば嬉しく思います。

日本語には謝る言葉が多いが、英語では謝り過ぎると不自然になる

●NOTICE

Thank you for staying at (hotel name).

We would like to inform you that a new building is constructed in west side of our hotel as following schedule.

You may have some noise and vibration due to the construction.

We apologize for this inconvenient and greatly appreciate for your understanding.

※The schedule is subject to change without notice.

このお知らせには複数の英語の問題がありますので、一つずつ見ていきましょう。

まず、最初の文に「a new building is constructed」と書いてありますが、その言い方だと建設が終了したという意味になるので、この時の状況に合っていません。そのため、beingを入れてa new building is being constructedにしたほうがいいでしょう。これで現在進行形になるので、現在行われているビル建築の工事はこれからも続くという意味になります。なお、ツイッターで@the5y22sanさんが指摘してくれたように、a new building is under constructionと言えばもっと自然な英語になります。

同じ最初の文に「in west side」と書かれていますが、inだと「中に入っている」という意味なので、ここでは適切ではありません。さらに、特定の場所なのでtheが必要です。よって、ここではon the west sideにするのが望ましいでしょう。

続いて、「as following schedule」とありますが、この場合はasよりonのほうが適切で、さらにtheも必要なのでon the following scheduleとなります。前置詞やtheの使い方に注意しましょう。なお、ツイッターで@JojiMatsuoさんが提案してくれたように、as per the following scheduleにすればもっと自然な表現になります。

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 北九州市立大学英米学科グローバルビジネスプログラム教授。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『英語の品格』(共著)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著)など著書多数。最新刊は『マンガでわかる外国人との働き方』(共著)。

ニュース速報

ワールド

ワクチン確保競争激化 EUが輸出監視強化、英は契約

ワールド

中国、台湾独立は「戦争を意味する」 支持勢力の挑発

ビジネス

米新規失業保険申請84.7万件、前週から改善

ビジネス

米マクドナルド、第4四半期決算は予想下回る 欧州の

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 6

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 7

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 8

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 9

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 10

    26歳で死んだソン・ユジョン、売れないと悩んでいた

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!